俺の教室にハルヒはいない (4) (角川スニーカー文庫)

【俺の教室にハルヒはいない 4】 新井輝/こじこじ 角川スニーカー文庫

Amazon

「ユウは練馬さんの特別な人間じゃなくなるかもしれないんだよ?」
マナミさんの心配通りカスガは声優として活躍を始め、俺から遠ざかっていく。行き違いから凹む俺に清澄は、学級委員の麻布さんが俺に興味を持ってると告げる。それを聞いてすぐ麻布さんは電話で俺を夏休み中の学校へ呼び出す。「まさか告白?」とやって来た俺を待ち構えていたのは好意ではなく、殺意の刃だった…。ただの人間のための青春ストーリー、感動の完結!
やっぱりちょっと捲いたのかなあ。ユウという少年の心の欠損と集積される人間関係を昇華する物語としては、【涼宮ハルヒの憂鬱】という作品の内容に絡めてあの展開は見事な決着だったんですよね。【涼宮ハルヒの憂鬱】という作品の一つの解釈を得る事こそが、この物語の核心であることは間違いなく、それをあの場面できっちり描けたという時点で、この作品で書くべきことは書き切っていると言えるんだけれど、マナミとカスガとの関係についてはもう少しじっくり堪能したかったんですよね……と、ここまで話の内容を思い返しながらつらつらと書いてきて思ったんだけれど、ユウが自分の心の欠損に気がついて、それをうめつくすだけの人間関係が既に自分の周囲に集まっているのだと気がつくまでの過程での、マナミやカスガとのあれこれに対しては、実のところ不満は一切ないっぽいんですよねえ。じゃあ何が足りないのかというと、これは未練だなあ。結局、その後におけるユウとヒロインたちとの関係をもっと見たかった、というただの未練なんだよなあ。描くべきを描き切ったその後のあれこれを望むというのは、これは余分なんだろうか。でも、埋まったユウくんも、それでまともになったかというと若干ズレてる節があるんですよね、常識から。自分に対する定義付けが変わり、他者との関係の距離感に対して素直になった事で自分の感覚というか感性についても素直になっている節があるのだけれど、そこに抵触する一般常識については他人ごとというかそれがあるのは知っているけれど、知っているだけで実感と伴っていないような、あんまり関係ないと思っているような感じが見受けられたわけである。でないと、なかなかマナミさんへの告白やカスガの告白に対してああいう態度はとれないだろうし。
これについては、カスガや神楽坂センパイもまあ相当にズレているというか、自分ルールに準じている様子が伺えますし、マナミさんはマナミさんで自分の信念と自分に言い訳する建前をわりと上手に使い分けることの出来る器用さが……いや、或いはこれ器用さじゃなくて「不器用さ」なのかもしれないけれど―まあいずれにしても興味深い踏ん切りのある人なんで、むしろこの後の四人の関係というのが気になって仕方ないんですよね。マナミさんの正体について、結局カスガは気がつかないまま、というネタも維持されちゃってるわけですし。いや、普通気づかないなんてありえないだろう、と思いながらそれが通じてしまうカスガのキャラの面白さ。
うん、ともかく、彼らの実にややこしい関係。お互い友達である以上を望み、しかし一方で恋人となることを否定した関係が、このあとどうすっ転んでいくのかは、極上の餌をお預けにされてしまった気分なのであります。
まああれだ。友達ならセーフセーフ。

シリーズ感想