妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)

【妹さえいればいい。】 平坂読/カントク ガガガ文庫

Amazon

「アマゾンレビューは貴様の日記帳ではない!」
荒ぶる小説家・羽島伊月は、未だ見ぬ究極の妹を創造すべく日夜奮闘する現代のピグマリオンである。彼の周りには、作家やイラストレーターや編集者や税理士など個性的な人々が集まっている。愛も才能もヘビー級、残念系美少女のハイエンド・可児那由多。恋に悩み友情に悩み夢に悩む青春三冠王・白川京。闘志を秘めたイケメン王子、不破春斗。人生ナメてる系天才イラストレーター・ぷりけつ。頼れるけど頼りたくない鬼畜税金セーバー・大野アシュリー。闇を抱えた編集者・土岐健次郎――。
それぞれ迷いや悩みを抱えながらも、ゲームをやったり旅行に行ったりTRPGをやったり、たまには仕事をしたりと、賑やかで楽しい日常を繰り広げる伊月たち。そんな彼らを温かく見守る完璧超人の弟・千尋には、ある重大な秘密があって――。

各界から絶賛の声多数(本当)! 『僕は友達が少ない』の平坂読が放つ、日常ラブコメの到達点にしてライトノベル界の現実を赤裸々に晒す衝撃作。言葉の鋭刃が今、世界と担当編集の胃に穴を穿つ――!!!!
楽しきことは良きことかな。いや、実際には楽しいわけではないのかもしれない。息苦しさ、不安、妬ましさ……ネガティブな感情がたゆたっている様は、この賑やかな光景の向こう側にうっすらと透けて見えている。作家として生きて稼いで積み重ねていく生活が、こんなにもただただ楽しいばかりなんてことはないだろう。
でも、好きなのだ、という事だけはこれ以上なく伝わってくる。
物語を書くということが。作家であるということが、このライトノベルという業界の中にいることが。この仕事を通じて知り合った人たちと交流することが、とても好きなのだということは凄く伝わってきた。
だったらいいじゃない。好きなら、いいじゃない。こうして、好きでい続けられるのなら、いいじゃない。
それこそ、とても素晴らしいことで、とてもうらやましい。
しかし、願望と現実の境目がどのへんにあるかで、いささか見る目も違ってきますよ。微苦笑からジト目を経由して白目剥くまで如何様にも。

【はがない】シリーズ長く続いていたけれど、本作はちょいと巻き戻って【ラノベ部】を彷彿とされる掌編をわんさと詰め込んで、様々なシチュエーションで登場人物を動かしその魅力を盛り上げていくという形式で、こうして読むとやっぱり自分は好みとしてはこっちの方が好きなんだなあ。
でも、千尋くんの設定はあれなにがどうしてこうなってるんだろう。最初に身の危険でも感じてしまったんだろうか。実のところ、伊月が妹狂いというのは今のところ作品の味付けに過ぎず、核心には全くなっていないので、千尋くんの話も実際は対して重要なものとしては転がらないのかもしれないが。
伊月の、那由多に対するコンプレックスも不毛であって先行き皆無だしなあ。この辺一切転がさないまま終わってしまっても不思議なさそう。

平坂読作品感想