魔剣の軍師と虹の兵団<アルクス・レギオン>II (MF文庫J)

【魔剣の軍師と虹の兵団<アルクス・レギオン> 2】 壱日千次/おりょう MF文庫J

Amazon

ティタニアでの奇跡的な勝利により、一躍その名を轟かせた「魔剣の軍師」ジュリオ率いる新生トレント王国。勢力を拡大させる彼らだったが、敵の強国ロンバルディアがこのまま黙っているはずがなかった。ジュリオたちの前に立ちはだかるのは、名うての将軍たち―裏切りの“吸血鬼”エスメラルダ、ジュリオに歪んだ愛を向ける宦官将軍チマブーロら。さらには、神槍の使い手“悪鬼”ことダンテ将軍率いるロンバルディア最強の黒狼兵団までもが、トレント討伐に動き出す。迫りくる強敵との決戦に、魔剣の軍師はアウトな英傑たちと捏造ではない伝説の歩みを進めることができるのか!?戦記界が騒然!伝説になってはいけない英雄たちの残念伝説、第2弾!
いきなり物欲に負ける新女王と庶民派軍師w それを窘めてきた魔剣幼女を逆に堕落させて「権力最高!」と叫ばせるとか、初っ端から酷い(笑
いやもう、「これひどい!」が褒め言葉になる戦記モノって、凄いね、素晴らしいね。
改めて繰り返しますけれど、この英雄さんたちが酷いのってあくまでプライベートと内面部分だけであって、実際の戦記モノとしてのストーリー部分はかなりガチで進んでいくんですよね。戦略や実際の戦闘ではふざけた展開は一切ないのです。いや、実際勇猛果敢に戦っている外面の一方で、内面の方はそりゃもう残念すぎる思考を垂れ流しにしちゃったりしているのですが。でも、勘違いや誤解が運良く転がってトントン拍子にうまくいく、というタイプの作品では全然なかったりします。むしろ、奇策やトンデモな作戦を用いない恐ろしく質実剛健で堅実な戦略や作戦を元に進行していくタイプなんですなあ。
それなのに、キャラだけは本当に酷いから、そのギャップがえらい楽しいのだ。一巻でその目も当てられない性質を露呈してしまっているトリスタンやロスヴァイセ、なんか増す増すロリコンと目立ちたがりをこじらせてやしませんか、さらにひどくなってる! ジュリオの軍師としての資質って、軍略や政略よりもむしろこの残念すぎる将星たちの性癖を利用して自在に操る操縦法だよなあ。しかもこれ、考えてやってるわけじゃなくて、本能的に操縦してしまっているっぽいし。旧トレント王国の将軍でありながら裏切り者としてロンバルディアに仕えていたエスメラルダが、その本性というか性癖を明らかにしてしまった時なんぞも、ほぼノータイムで十年来の付き合いです、と言わんばかりの人参の与え方してましたもんねえ。これはもう、ボケに対して反射的にツッコミを入れてしまうレベルである。いやまあ、こいつがみんなの性癖を抑えるどころか余計暴走させるような操り方するから、みんな抑制するどころかどんどん酷いことになってってる気がするんですけれどね! エスメラルダあたりは、最初から手遅れな気もしますけど。いや、もう大体全員もう手遅れなんですけど。ロスヴァイセはそろそろ止めろ。放っておくと、大宇宙将軍神あたりまでレベルアップしそうだぞw 
周りがみんなこんなんなので、ラン女王も大概な様子になってきてますし、魔剣幼女ルーナにも悪影響が浸透しだしてきてますよ。そのうち、平気で夜の寝室をピンクに照らす仕事をこなすようになっちゃいますよ?w

どうやら、物語の核心には魔剣であるルーナが絡んでいるようで、実はラン女王よりもメインになるのか、彼女。ルーナ自身もジュリオに惹かれている様子はあるのですが、ジュリオ自身は既にランとラブラブですし、トリスタンのロリコンに対してツッコミ入れながらも、一切止めようとしていないあたり、わりとトリスタン応援している風な気も。応援しとかないと、ガチでロリコンに抹殺されかねないのですが。

戦記モノとしては、この巻の段階で対ロンバルディア戦については最大の難関を突破した感もあるのですが、展開としてはけっこう捲いているのかな。いずれにしても、魔剣に関する謎も深まってきたところで、次回もどんなイロモノが登場するのかも含めて、楽しみ楽しみ。

1巻感想