スチームヘヴン・フリークス 3 (ガガガ文庫)

【スチームヘヴン・フリークス 3】 伊崎喬助/凱 ガガガ文庫

Amazon

スチームヘヴン、消滅の危機!?

バスカーズ&トライデントに強力ライバル登場? ビザーバーグ市長の肝入りで実戦配備されることになったスチームアーマー・ミネルヴァ。その開発者は、ニコラスが親しくする町工場の少年の父親、エイブラムだった。商売敵ではあるが、開発者としてのエイブラムに敬意をはらうニコラスは、街の治安を守るクライムハンターとして彼らを歓迎する。一方、蒸気の街には新たな騒動を起こさんとする怪人の影があった。金属脳みその怪人ゴルディアスと、彼と行動を共にするブロンジィ&アルラウネ。彼らの陰謀のもとに、ビザーバーグに過去最大の危機が訪れる。――すなわち、クリーチャー化した電光弾の襲来。対応に乗り出すバスカーズ、トライデント、そしてミネルヴァを擁するエイブラム親子だったが、全てはゴルディアスの盤面の上。悲喜劇のタップを刻む彼らは、果たして盤上の“コマ”から逃れ得るのか……。狂騒のスチーム・ファンタジー第3弾。――焼け焦げた思い出を胸に、怪人は蒸気の街を征く。
あー、これは打ち切りかー。あとがきでもそれらしい文句が出ていたんですけれど、まずもって内容のほうが捲いている、というよりもこの場合は前倒ししている点が散見されて、あれあれ?と思ってたんですよね。勿体無い。実に勿体無い。
派手なアクションに賑やかなドタバタ劇とスチームパンクらしい見目麗しさと同時に、どこか情緒的で情感にうったえてくる叙情的な描写な内面描写、人間関係の醸成をしっかり描き、その先の展開に繋げていた作品だっただけに、この3巻で話に一区切り着けないといけないとなった時の無理がけっこう祟ってるんですよね。しっかり準備を整えて挑もうとしていたところなのに、それらをほっぽり出して締めに向かわなければならなくなった、というような。
これが最後ということで、物語にひと通りのケリをつけるためにはやはり主人公であるニコラスの話にしなければならなかったのは当然なのですが、本来ならばこれまで積み上げてきたものの集大成としての話になるはずが、他とのつながりが乏しいニコラスだけの単独の話になっちゃってるんですよね。
一巻でザジの過去を描き、二巻でザジにニコラスと自分の関係を意識させると同時に、シルフという友達ができることで世界を広げ、と順調に相棒であるザジとの物語が仕上がりだしていたのに、この3巻では肝心の熟成されるべきザジとニコラスの関係がニコラスの話優先で、もう描かれることのない後回しにされちゃってるわけです。お陰で、ザジの思いがニコラスを思いとどまらせる場面での情緒感、訴えてくる威力がかなり乏しいものになっちゃってるんですよね。ザジとシルフの密かな友達としての関係も本来ならあっちこっちに波及して影響を与えそうなものだったのに、そのへん匂わされるだけで機能しなかったし。敵役のブロンジィとアルラウネも外縁部でウロウロしているだけで物語の核心に踏み込んでこれなかったし。彼らもトライデントへの因縁やシルフとブロンジィとの個人的なあれこれなど、要素はたくさんあったのになあ。
そして何より、もう一人のヒロインであるウンディーネとニコラスである。この天敵同士の二人についても、何か掘り下げていく要素があったっぽいのは、ウンディーネがニコラスの過去の断片を知ることで共感というか何か感じ入るものがあった様子からも明らかで、これまでニコラスの存在に反発し敵愾心を抱いていたウンディーネが、心情的に踏み込んでくる展開は絶対にあったんですよね、これ。それが、相棒であるザジに刺激を与えることも、両者の友人であるシルフがそれに拍車をかける可能性も。
なんというか、あちらこちらにやりたかったことの残滓が垣間見えたような気がするだけに、そしてそれが描かれた時のビジョンが思い浮かんでくるだけに、可能性を置き去りにして幕引きに勤しまなければならない無常さにため息が漏れてしまいました。もったいない、この一言につきます。
まだ続けようと思えば全然続けられる締め方だっただけに、ほんと、続刊出してくれないかなあ。まず間違いなく面白い作品がこうして途中で断裂させられるのを見せられると、そう願わずにはいられません。無念すぎる。

1巻 2巻感想