俺、ツインテールになります。 9 (ガガガ文庫)

【俺、ツインテールになります。9】 水沢夢/春日歩 ガガガ文庫

Amazon

秋を迎え、陽月学園高等部で文化祭が開催。総二との仲が半公認となった慧理那に負けまいと、やる気を出す愛香たちだったが文化祭は意外な展開に!? 一方、テイルブルーのパワーアップを知り、葬式ムードのアルティメギル。そこで百合属性を持つ<死の二菱>隊長のティラノギルディは、兵士たちにツインテイルズ同士のキスを見せて士気を鼓舞しようと作戦を指揮する。だが、それを知ったトゥアールたちは、逆にその作戦を利用して総二をその気にさせようと企む。そんな折、再び姿を現した結翼唯乃は、テイルレッドではなく、その正体である総二とのデートを要求。ツインテールとポニーテールが戦いでなく話し合いをするチャンスだと、デートを了承する総二だったが……。迫る、アルティメギル最強を誇る一の部隊の影! 作戦遂行中にティラノギルディが目撃した驚愕の光景とは!? そして“究極のツインテール”の真実を知った総二の決断は――。
おいおい、いつからこの作品は種の進化の果てを描こうとするSF作品になったんだ? 最初から? 最初からだったのですか?
今更ながら、【俺、ツインテールになります。】というタイトルを仰ぎ見て、背筋を震わせております。ちょっともうこのバカバカしいと笑っていたタイトル、いまや引きつった笑いしか浮かんでこないんですけど。

今回は総じてテンション低め。というのも、いつもの騒乱の中心となる愛香と総二、二人共が不調気味なんですよね。愛香は、いつものトゥアール虐殺タイムの切れ味が鈍くて当のトゥアールに心配される始末。普段から息をするようにトゥアールを殺戮していたのが、急にあたりが柔くなっちゃったらそりゃあ読んでいるこっちも調子が狂うというものです。もうトゥアールが9割殺しされるのはごく自然な背景描写になってましたからね。もう誰もいちいち触れずに流される程度には。夏に蝉の声が聞こえるように。北国に雪が降るように。海辺に波が打ち寄せるように、愛香はバカな言動をしたトゥアールをキルするのは当たり前のことだったわけです。それが狂ってしまったのですから、もう気持ち悪いの気色悪いの。
さらに、総二の方もツインテール語りにもいつもの切れがなくて、なんか元気がない様子で。彼のツインテールへの愛が語られる綴りは、何だかんだと情熱が込められていてその熱量に当てられて、こっちも釣られるようにテンションがあがったものですが、どうにも彼のツインテールへのナニカがズレてる感が出てきてたんですよね。以前の、ごく自然に愛香のツインテールを撫で回してツインテール分を補給していた頃とは、なにか違う感覚が。それが何なのかわからず、単に急激なパワーアップに伴う肉体疲労からくる不調なのだろう、という説明を信じていたら、唯乃の爆弾発言である。
ツインテールを極めつくし、ツインテールという進化の果てへとたどり着いてしまった時、それは究極のツインテールへと至る。ツインテールとはすなわち何なのか。髪型の一つ、という認識は既に崩れ、それは概念へと昇華し、それ以上に生命の…否、被造物としての存在の到達点になってしまうのか。それはもう、ツインテールといえるのか。何を言っているかわからないと思うが、書いてる自分もわからない。だが大丈夫だ、もはやこのシリーズ、とっくの昔にツインテールについてはゲシュタルト崩壊してしまっている。まず、ゲシュタルト崩壊してからがこそが本作を読む上でのスタート地点なのだから。
いずれにしても、最初唯乃の言っていることの何が衝撃的なのかが理解できなかった時点で、相当読んでるこっちもおかしくなっていた模様である。え? そりゃあ、総二くらいになったら最終的にはツインテールになるもんなんじゃないの? と不自然にも思わなかった時点で、相当にアレである。
さすがに、おぱーいタッチで総二の現状の異常さを突きつけられたわけだけれど。さ、流石に幾ら総二でも女の子のオパーイを鷲掴みにしてこの反応は……おかしいよね? あれ? わりと最初からこのくらい異常だったような気も……、という疑念が唐突に湧き起こってきたが、とりあえず唯乃が語っている異常性はまったくの正論なので、ここは脇に置こう。しかし、唯乃さん、単なるヒーローマニアというだけでの女じゃなかった。彼女のいう正義の味方、というのは装飾じゃなく、真剣な生き様であり、今一人の女としての芯が通ったことで非常に魅力的なヒロインとなり、本当のヒーローとなろうとしている。
むしろ、この流れだと最終的なラスボスって総二だった、ということになってもおかしくないぞ。なぜか今になって総二の女性体であるソーラ・ミートゥカが、総二とまったく別の人のようにして存在感を主張しだしたのも気になるし。
いずれにしても、なぜ、本作のタイトルが【俺、ツインテールにします。】ではなかったのかの、答えをぶん殴るようにつきつけられた想いである。

それにしても、愛香たちヒロインが全員マトモとはかけ離れた異常者とヘンタイの集まりであるだけに、余計に結翼唯乃の真っ当なカッコイイヒロイン性が目立ってきたなあ。


シリーズ感想