たまらん! メチャクチャな青春ラブコメに巻き込まれたけど、生まれてきてよかった。 (MF文庫J)

【たまらん! メチャクチャな青春ラブコメに巻き込まれたけど、生まれてきてよかった。】 比嘉智康/本庄マサト MF文庫J

Amazon

高校に入って最初の春休み。余命一週間と宣告された“たまらん”こと玉木走太。幼馴染の親友三人から「生まれてきてよかったと思えることをしまくろう」と提案され、みんなでがむしゃらに遊びまくる。そして七日目、三人が連れてきたのはたまらんの憧れる学校一の美少女・月形嬉々。気を利かせて二人きりにされてしまい、思わず緊張するたまらん。夢のようなひとときは瞬く間に過ぎ、たまらんは嬉々と最期のキスをする―。だが誤診!!再びみんなと、何より嬉々と会える!と喜ぶたまらんを、しかし嬉々は超過激に冷たくあしらうのだった。えっ?なんで!?そして始まるたまらんの多角関係青春ラブコメ『たまらん!』お待たせ!!
この比嘉さんだけはもう、奇才天才の類だわなあ。
タイトルの「たまらん!」というのは主人公のアダ名なんですけれど、本作を読んでいると折々に触れて「こりゃあたまらん!」と頭を抱えるはめになるので、タイトルのインパクト、印象度、頭に焼き付けられることこの上なしです。ちょっと忘れられないタイトルになってしまった。たまらんたまらん。
内容の濃さについては、母子家庭である主人公のお母さんが巷でよくあるお姉さんに見える若作りの美人、なんてものではもちろんなくて、整体師をやっているボディービルダーおかんという時点で色々とぶん殴られたような酩酊感を味わえるんじゃなかろうか。
余命一週間と宣告された時、全力で最期の一週間を過ごしてくれた幼馴染たち。誤診とわかった時も、一緒に心から喜んでくれた最高の親友たち。志村誉、庵藤充、岩井靜香の三人は、玉木走太ことたまらんにとって、そりゃもうかけがえない存在なわけです。誤診の一件がなくても、彼らは最高の幼馴染だったのでしょうけれど、この一件でさらに絆が深まったと言えましょう。だから、たまらん君にとって幼馴染たちの願いは、もう何に変えても叶えてあげたい、何より自分がそうしてあげたい案件なわけですよ。それが、純粋な恋なんて素敵なものなら尚更に。秘めた片思いを成就させたい、なんて素晴らしい願いなら尚更に。
たまらん君には幼馴染たちへの恩がある、友情がある、親愛がある。ならばこそ、二つ返事で彼らの恋を応援するのになんの障害があろうか。
問題は……その片思いの相手が全く噛み合わないまま入り組んでしまった点にある。
さらに、誤診による最期の一週間の際に、今わの際という切羽詰まった状況を利用してしまい大きな借りが出来てしまった月形嬉々さんもまた、たまらん君の幼馴染の一人に片思いしていることが発覚して、彼女の為にその恋を叶える手伝いをすることになり、さらにさらに幼馴染の片思いを助ける為のアプローチから知りあうことになった購買部のバイト少女色鳥いろりとも、予期せぬ形で縁が出来、気がつけば雁字搦めの多角関係の渦中にハマってしまうことになったたまらん君。
あっちを立てればこちらが立たず、あちらを結べばこちらが結べず。誰かの恋を叶えれば、誰かの恋が叶わない。いやこれほんと、どうするの? マジでたまらんどえらい状況に追い詰められたたまらん君。自分の恋などにかまけている暇すらなく、ほいほいと追い込まれていく様は、もう笑うしかないという顛末。いや、多少自業自得というか、立ち止まって考えろ、と言いたくなるような軽やかなノリで請負まくってたからなあ、たまらん君。いやでも、その猪突っぷりこそ彼の愛すべきところでもある。金髪に髪を染めてみせた時の即決力は、並の人間じゃ出来ない思い切りですもんね。いや、わかってたけれど、たまらん君って絶対おかしい人ですよね、うん。しかし、メチャクチャ良い奴である。
そんな彼の幼馴染の三人組も、全員濃すぎるくらいキャラの濃い奇矯な人物でありながら、これ以上なくピュアな若者たち。すごくいい子たちなんですよね。裏表がなくて一途で純粋。だからこそ、全力で応援してあげたいんだけれど、当人たちが知らないところで人間関係がかち合っていたり、嬉々さんの秘められた真実がけっこう深刻で、彼女の恋も決して浮ついたものではなく、むしろヘヴィーなくらい必死なものだったり、たまらん君の知らない所で誤解が生じていたり、と多角関係、マジパないことになってます。なにこの、ほどけない固結びw
ぶっちゃけ、本当のこと、それぞれの気持ちを正直に打ち明ければ、みんな自分から身を引いてしまうだろう、と確信できるくらいいい子たちなんだけれど、これ誰かが身を引けば解決するような片思いの絡み方じゃないんですよね。誰もが納得し、誰もが喜ぶ解決法があるのだろうか。
予想の斜め上にぶっ飛んでいく思考方向のキャラクターたちが織りなす、しっちゃかめっちゃかな多角関係ラブコメディー。これは、一体どうなるか予想もつかないワクワク感。お、も、しろいぞー。

比嘉智康作品感想