黒鋼の魔紋修復士12 (ファミ通文庫)

【黒鋼の魔紋修復士 12】 嬉野秋彦/ミユキルリア ファミ通文庫

Amazon
 Kindle BOOK☆WALKER

教えてやろう。“ディヤウス”として生まれた意味を。

オルヴィエトの命により、各国の拠点破壊と神巫襲撃を続けるユールローグ一派。
それに合わせるかのように、ディーはかねてより自分を苦しめる悪夢の真実に気づき始める。
予断を許さない状況の中、ディー、ヴァレリアを含めたアーマッド首脳陣を招集した国王とシャキーラは、
ついに神聖同盟とレドゥントラの、本当の歴史について語り出す。
一方、虚無に囚われ圧倒的な力で殺戮を続けるルキウスにも変化が訪れ――。
真実、歴史、そして宿命が翻弄する第12巻!


なるほど、なるほど、そういう事だったのか。今までずっと謎だったオルヴィエトたちの目的とその動機が、アーマッドを始めとする国々が継承していた秘密や神巫の成り立ちとともに明らかになったことで、これまで意図がわからなかったり、意味が捉えられなかった出来事や言動がほぼ明快になったんじゃないだろうか、これ。ルキウスがどうしてあんな風になってしまったのか。なぜ、ディーが母親から殺されそうになったのか、についても明確な答えが。これは、どちらが悪とかそう単純な話ではないんだけれど、過去においては人間たちが、今においてはオルヴィエトたちが、様々なものを踏みにじってるんですよね。これで、ディヤウスとやらがまったく情を持たない存在だったとしたらもうちょっと割り切れるんだろうけれど、人間の持つ感情や価値観とは異なる理を持って動くのだといいながら、オルヴィエトにしてもメドウにしてもディーに対してちゃんと情らしいものを持っているだけに、決別せざるを得ない状況にやるせなさを感じてしまう。シャキーラとオルヴィエトにしても、本当にその間になんの友情もないままだったのか。その突き放せない、割り切れない繋がりこそが、この先のルキウスの対決に憂鬱さを抱かせる。ルキウス当人は元々すごく良いやつだったし、ディーとの友情や親愛は本物だったのに、その身の上やディヤウスに覚醒したことで立ち位置や価値観が変わってしまったが故に敵対することになってしまったけれど、彼個人には悪いところは何もなかったもんなあ。それでも、まだ本当に別人になってしまったのなら、人格から変わってしまったのなら割り切れるかもしれないけれど、ディヤウスになったからといって人としてのすべてが失われてしまうのかというと、オルヴィエトたちが緩やかながらそうと言い切れない態度をとっていることからしても、決して絆は全部切れてしまったわけではないのだろう。それが辛い。もう二人共、殺しあうことを覚悟し確信しているからこそ、尚更に。
もう、ディーは選んじゃってるしね。
人として、すべてを賭して守るべき、手放せないものをもう見出してしまっている。ヴァレリアとの関係、もっとラブラブになるかと思ってたんだけれど、嬉野さんのラブストーリーって意外とこう……愛が重たいのよね。【戦争妖精】の常葉さんとの恋愛や先生と叔父さんのそれもそうだったけれど、恋だの愛だのに浮かれている余裕がなくて、切実であり切羽詰まっていてそれ故に必死なんですよね。だからこそ、力強いとも言えるのですけれど。
素朴な正義感の持ち主で、国の事情や理不尽さによる不誠実さ、間違ったことに対して嫌悪を抱くような濁を飲むのが苦手であるヴァレリアが、ディーが傷つくと感じたら自ら手を血で汚すことを厭わないような、あの覚悟ですらない必死な想い。ヘヴィーな愛ですよ。
ヴァレリアって、もっと頭軽くて脳天気でふわふわしていたのをディーにメタクソに叱られ嫌味言われて怒られて、涙目でグギギギと悔しがっているのが当たり前だった娘さんだったのに。恋に恋するような女の子だったのに。
いざ本当に愛する人が出来てしまったら、ここまで女っぷりをあげてくるとは。もう、少女じゃないですね。神巫としての自覚や成長も著しかったけれど、ソレ以上に女として幾つも階段をかけあがってしまった。それが眩しくて、少し悲しい。
まだまだ二人して傷つくことが多く待ってイそうなんだけれど、なんとか二人には幸せになってもらいたい。切実にそう思う。
カップルというと、ベッチーナやクロチルドなど、わりとうまくいきそうな組み合わせがいるのに対して、カリンあたりはどうなんだろう。あとがきで、彼女には好きな人が居る、と明言されているんだけれど……。まーちゃん枠がこの作品にも存在するのにはびっくりしましたけれど。シリルとのあれは、読んでて変な声が出てしまった。クロチルドといい、けっこうイイ趣味してる人たちがいるものです。

シリーズ感想