異世界から帰ったら江戸なのである 第弍巻

【異世界から帰ったら江戸なのである 第弍巻】 左高例/ユウナラ エンターブレイン

Amazon

今度は江戸でピッツァ!

九郎が異世界から持ってきたカバンの底には、1本のコーラがあった。
コーラといえば、ピザ!
ふいに食べたくなった九郎は、鳥山石燕や阿部将翁の手を借りてピザ作りを開始!
江戸時代の食材と環境で、ピザはおいしくできるのか?

そして九郎が気を失った時に見る異世界の情景――
旧友が口にした言葉は江戸につながってゆく。
はたして石燕の正体とは…!?
おお、快なり!! 絶品じゃあッ。
というわけで、異世界から日本に戻ってきたら現代ではなくて江戸だったけれど、そこで暮らすとぼけたお江戸の連中と、のんびり愉快に隠居生活な九郎爺ちゃんの大江戸ハッピーライフ第二弾。
ウェブ連載からの単行本化における見どころというと、やはりイラストがついてキャラクターにデザインが出来るというところでしょう。その点において、本作のユウナラさんは素晴らしい仕事してます。ってか、素晴らしすぎるざんしょ。
ジャケットデザインで二階からバンザイしている少女、これ玉菊ですよ、あの玉菊。参ったね、なんという男の娘! 他にも石燕の弟子の百川子興(女)や隣家の按摩さんのお雪嬢といったメンツもデザインついてるんですけれど、子興さん思いの外ネコ娘っぽい!? ちゃんと、というには多少変だけれど、日本髪結っているにも関わらず、こんな猫っぽくできるのが凄い。



もう一枚、カラーで異世界側の宴会の様子も描いているのですけれど、主だったメンバー以外にも背景にちゃんと今後の異世界でのお話に出てくる連中がしっかりと描かれているのが、嬉しいじゃないですか。ゴーレムの人とかほんとちらっとしか出てないのに。あと、蛇女の人とか。
異世界組のビジュアル出たのは魔女イリシアや魔王組の連中以外、元の傭兵仲間たちは今回が初めてだったと思うんですけれど、なにより衝撃だったのがイートゥエさんでしょう。呪われて鎧を脱げなくなったデュラハンのお嬢さん、というちょっと残念な人なんですけれど、想像してたのよりも遥かに鎧が巨大すぎて、吹いたw 三メートルって。サイズが、首とのサイズの違いがすごすぎるww
うわぁ、スフィがべらぼうに可愛いじゃん、という衝撃を塗りつぶしてしまうビジュアルインパクトでした、イートゥエさん。

さて、冒頭からはじまるのは、まず現代に生きていた九郎がいかにして異世界に飛ばされるはめになったのか、というところから。昨今、安易にトラックだのダンプだのに轢かれて死んでしまったら気がついたら異世界に居た、というワンパターンというべきか様式美になっているというべきか、ともかくおんなじようなシチュエーションでまずその段階でテンションを下げられてしまうのだけれど、やるならこれくらいやれ、というお手本……いや、お手本にしてはまずい例なのか。
おしぼりを飲食店などに卸す会社で働いていたら、なんやかんやでほとぼりを冷ますために北方海域でカニの密漁船に乗ることになったら、ロシアの国境警備隊の船にメチャクチャ撃たれてさあ大変、という類を見ない異世界転移である。
別に九郎、グレたり悪道にハマったような人物ではなく、ごくごく真面目に不遇な境遇の中で家族を養うために働いていたら、何故かその筋にまつわるような働き口にばかり割り振られるようになって、というまあなんというか、アレな感じである。むしろ、異世界にいってからの方が騎士として役所勤めを長年やってたように真っ当な仕事についてたんですよね。九郎の現代日本における職業遍歴はウェブ連載では度々言及されることがあって、かなり面白かったりします。


第一章の「江戸の街歩き ―忍者は居ない―」

末法の世ではありませんのでー。でも、実はけっこう出てくるんですよね、のちのちw
ちなみに、九郎が流れ着いた江戸は、八代将軍吉宗の時代だったりします。南町奉行はかの大岡越前守忠相です。別に、大岡裁きとかしてないのですが。
居候先の蕎麦屋の娘、お房とぶらぶら江戸の街を散策する話。しっかり者で本作でも有数の賢者のごとき聡明さの持ち主であるお房ですけれど、まだまだ年齢は二桁にものぼらぬ子供なのも確かなので、たまにこうして九郎に連れられ、遊びにいくこともあるようで。食べ歩きというか、ウィンドウショッピングってな感じなのですけれど、時の江戸の街の風俗、景色、その賑やかさをしっかりと感じ取れる描写がいいんですよねえ。色々とさり気なく九郎たちの散策に合わせて、当時の江戸の風俗や流行りなどの薀蓄や語りなんかが入るのですが、これが本当に面白い。知識を押し付けがましく見せつける、というんじゃ全然なくって、思わず興味を引かれて覗き込んだ際にさらっとそれについての雑学や説明をしてくれて、楽しい気分に実を与えてくれるという感じ。ほんと、江戸をぶらついているような気にすらなってくる。にしても、九郎はぶらつきながら酒飲みすぎ!! そして、出てくる小料理がまた美味しそうなのよねえ。


第二章 「江戸の日常的に起きる事件」
この頃はまだそれほどの頻度ではないのだけれど、火盗改の中山影兵衛や見廻同心の菅山利悟などと知り合うことで、九郎は彼らの捕物を手伝うことも多くなっていくのですけれど、今回は道場主の録山晃之介も巻き込んで、辻斬り集団と渡り合うことに。けっこう切った張ったもやるんですよねえ。ってか、挿絵! 影兵衛の描き方がこっちサイドじゃなくて、完全に辻斬り集団の親分なんですけどww
そして、辻斬り集団をとっ捕まえたその報奨金で飲み明かす九郎と晃之介w さらに、ヒで始まりモで終わる名前の立場らしく、石燕と一緒に飲み倒して代金を払ってもらう九郎ww
さらり、とここで江戸に転生している魔女イリシアの生まれ変わりを探せ! というミッションを魔王ヨグから与えられるのだけれど、何気にこれ最重要ミッションなんですよね。これが未達成だと、どうなるかが最新のウェブ更新の方で明らかになってるし。


第三章 「江戸のピザ作りと宴会の思い出」

異世界から戻ってきた際に持っていた荷物の中に入っていた一本のコーラの瓶。おそらく二度と飲むことではないだろうコーラのアテとして、ピザを食いたい! という欲求をもとにして、江戸で知り合った連中に協力してもらい、この時代この江戸で手に入る食材をやりくりしてピザを作って宴会だー、という賑やか話。トマトが実はこの時代既に日本に入ってきていた、というのはわりと知られている話かも、観賞用として、だけれど。その他、チーズやら何やらも伝手をたどって手に入れて、と阿部将翁さん便利すぎるww
いやあ、しかし江戸で食べるピザというのも乙なものであります。ってか、この江戸だとピザもあんまり場違いには見えない不思議。
回想で、異世界での思い出、あっちに飛ばされた時に拾ってもらった傭兵団の連中と宴会している時の話が出てくるのだけれど……なるほど、「彼女」については書籍版では徹底的に伏せるのね。ウェブ版だと、異世界の回想で極々初期にちゃんと登場し、九郎やイリシアとの関係性も含めてしっかり描いた上で、その後が描かれていたのだけれど、こうして「彼女」について一切伏せたまま、という体で話を進めていくのも面白い。ちゃんと話の筋立ても仕立て直しているし、このぽっかりと魂に穴があいているようなもどかしくて寂しくて切ない感覚の表現はある意味素敵でもあるんですよね。これは、思い出した時の感動は尚更大きくなるかもしれない。
誰も覚えていないけれど、絶対に居た誰か。九郎にとって、おそらく最もかけがえのなかった存在。
描かれていないにも関わらず、その存在感が刻々と大きく深くなっていく様子は、焦れるけれどいいなあ、いいなあ。

そういえば、この幕間であの「同心二十四人衆」の全貌が明らかになってるんですよね。ちゃんと、二十四人分設定あったのかww
変な二つ名はともかくとして、こうしてみると、同心にも様々な種類があるというのがわかって、興味津々。そういえば、町奉行所が一月ごとに南・北で交代で業務行っていた、という話も本作で知ったんですよねえ。


第4章 「鳥山石燕奇怪録 「海坊主、或いは尼彦」」
江ノ島に現れたという海坊主を、石燕と九郎で見物しに小旅行に行くお話。お雪ちゃんがお房の父親の六科を好いていて、必死にアプローチしているお話もうまいこと盛り込んでるけれど、各章わりとウェブ版の数話分をくっつけてアレンジしてるんですよねえ、これ。ただ、そうした改稿だけじゃなくて、はっきりと加筆修正されている部分もあって、石燕ことお豊の持つ能力と、前巻で彼女が自分は本当は石燕じゃない、と言ってた話の真相については、この段階では殆ど触れられてなかったはずなんですよね。というか、ウェブ版では極々最近、そのネタが明かされたはず。これについては、石燕の本名と彼女の名前からして、最初から考えられていた設定ではあるんだろうけれど。石燕姐さんは、もうほんと最近までただのアル中のダメ女以上でも以下でもなかったもんなあ……いや、最近でも全然変わらないというか、もっと残念でダメになってる気もするけれどww
書籍版では、若干陰と謎のあるそこはかとなく艶と哀がなくもないんじゃないかしら、という程度にはヒロイン補正受けてる気がしないでもない! ……気のせいか!
なにしろ本作のヒロインときたら誰も覚えてない「彼女」と未だ覚醒していない「彼女」以外は総じて残念ヘタレの行き遅れガールズだもんなあ。スフィ含めてww というか、意気地なさに関してはスフィはぶっちぎりなんですけれど。その点、まだお八や石燕姐さんの方がナチュラルにスルーされるような有り様ながら多少アプローチしている感じがする分、マシかもしれない。


しかし、書籍版、若干食事シーン増えてる気もするなあ。酒飲んでるシーンは相変わらずだけれど。うむ、こうして何度読み返すことになっても、その度におもしろく思うというのは、それだけハマっているというべきか、好きすぎるというべきか。
ほんとにもう、大好きなのよねー。
まだ天爵堂のところの子どもたちとか、利悟のところの同心仲間など出てきてない人たちも居ますし、まだまだ読み足りないくらい。九郎もまだまだヒモ度が深刻になっていきますし、異世界IF版もこうなると書籍版でも見たいですし、十手持ちとなったあとの活躍やらあれこれ、うんうんまだまだネタもあることですし、続きが楽しみ楽しみ♪

1巻感想