東京ストレイ・ウィザーズ 3 (GA文庫)

【東京ストレイ・ウィザーズ 3】 中谷栄太/Riv GA文庫

Amazon

再びアキラと対峙した志藤が知らされたのは、彼女が抱えた秘密と、自分が騒動の局外者にしか過ぎなかった事実だった。それでも『パンドラ事件』から始まった全てにケリをつけるため、志藤は全霊を以てアキラに立ち向かう。それが仲間として過ごした多くの時間に、友情の全てに終止符を打つのだとしても―。人間を超えた存在を生み出そうとした“デュナミス計画”とその落とし子たち。そしてアムリタとメルクリウスの運命すらも巻き込んで、東京の夜は混迷の度を増していく!アウトサイド・マジカルアクション第3弾、登場!
いやー、面白かった。手に汗握るとはこのことか。
残念ながら3巻で幕引きと相成ってしまったわけですけれど、普通はこういうケースでは伏線として仕込んでいたネタは先々のために用意していた展開など、無理やり詰め込んで生煮えで消化していってしまう中途半端な作品か、早送りみたいなお話になってしまうものなんですけれど、中谷さんが上手いなあと思うのはこの「詰め込み」を逆に「畳み掛けるような息もつかせぬ怒涛の展開」へと見事に昇華させることに成功しているところなのであります。
生煮えどころか、凄まじい濃縮っぷり。どれだけ煮込めば、一つ一つの設定や展開に鮮烈な味付けを乗せることが出来るのか。一つ一つに割く文章量はどうしたって多くはなかったはずなのに。アキラとメルクリウスの二人組なんて、3巻開始時点では何を考えているか全くわからない、遠く突き放されたキャラクターだったのに、後半ではもう欠かせないワイズクラックのメンバーとして再帰してましたしね。アムリタとメルの姉妹関係にしても、その関係の変転の描き方は劇的ですらありました。ナターリア局長からして、一気にキャラ掘り下げきりましたし。
そして何より、怒涛のラスボス戦三連発。決戦の扉を開けばさらにその向こうにラスボスへ至る扉が、というようなドンデン返しがこれでもかと襲い掛かってきて、これ一巻に詰め込むだけの展開じゃないですよ。それをよくもまあ、テンションうなぎのぼりの形で積み上げられたものです。ぶんぶん振り回してくる勢いに、思わず熱量上昇させながらも、このあたりは感心しっぱなしでした。敢えて言うなら、もう少し<ワイズクラック>全員でのクライマックスシーンがあれば、と思わないでもなかったのですが、そのあたりは仕方ないか。でも、京平や宮子が露払い、というのはもったいなかったですしねえ。
あ、宮子といえば、あのキレ宮子さんは存在感ありすぎでした。色々とやばすぎ(笑

まだ仮の決着であり、本当の意味ではケリはつけられなかっただけに、最後までやって欲しかったし、このメンツのドタバタ劇を、折角全員揃ったんだからもう少し見ていたいところだったのですが、残念です。
でも、これだけの熱量を感じられ、味わえたんだから、けっこう満足感はあったんですよね。作品を締める、という意味ではやりきったのかも。お見事でした。

シリーズ感想