王女コクランと願いの悪魔 (2) (富士見L文庫)

【王女コクランと願いの悪魔 2】 入江君人/カズアキ 富士見L文庫

Amazon

「君が好きだ。コクラン。…愛しているんだ」
悠久の時を彷徨い続けた悪魔と、孤独の運命を受け入れ続けた王女。奇跡によって逃れられぬ虚無から解き放たれたレクスとコクランは、あらためて出逢った。しかしレクスは捕らえられ、コクランの知らぬ間に後宮から追放されてしまう。離ればなれになっても、三度出逢おうとする二人。それを阻むのは、どこまでも深い後宮の闇と、初めて知る後宮の外の世界だった―。「めでたし、めでたし」のその先に、真の恋物語は始まる。
……まじかー(絶句
うん、凄いわ。発想の方向が全然違う。この人やっぱりすげえわ。
奇跡は起こったものの、コクランが置かれた過酷な状況は何も変わっていない。それは、前巻の最後でもわかっていたことで、素晴らしいハッピーエンドだったにも関わらず、ここまでその「めでたしめでたし」の一歩先から崖っぷちの話もないよなあ、とコクランとレクスの過酷な運命に思いを馳せたものでした。
でも、コクランなら、彼女が本気になったならなんとかなる、という楽観もあったのです。生きることを諦めていた彼女の周りには、でも彼女が幸せになることを望んでいる人たちが、確かに沢山居たわけで、その人達の支えがあれば、きっと本当の幸せをレクスとともに掴めることが出来る、とそう信じることが出来たのです。
だから、この二巻では戦うべきは、そのコクランの置かれた運命だと思って疑いもしなかった。
ところがところが。
そう、そんな簡単な、わかりやすく突き進みやすい方向で話は進まなかった。作者が用意した断崖絶壁は、果たしてそんなシロモノではなかったのです。
すべてを諦めていたが故に、現実から一歩離れ、まるで物語の中にいるようだと「物語の君」と讃えられたコクランが、生きたい、死にたくない、愛する人と、レクスと再び逢いたいと、必死に願い、なりふり構わず足掻いて藻掻いて戦おうとした結果が、これだというのか。
あれほど純粋だった愛情が、その愛の深さ故に穢れていく。ただ逢いたいというだけの願いが、その想いの強さ故に壊れていく。あれほど綺麗だったものが、その綺麗さ故におぞましいものへと変貌していく。果たして、その先にあるものは、かつてと同じ愛なのかすら、信じられなくなっていく。
凄まじい。コクランが戦っているのは、その過酷な運命のはずだったのに、いつの間にかコクラン自身へと成り代わっているじゃないか。「めでたし、めでたし」のその先に、よくぞこれほどまでの物語を紡ぎだす。その鋭利すぎる筆先が、凄まじいとしか言い様がない。

そのコクランに対して、悪魔から悠久の時を経て人間になったレクス。ああ、コクランのあの姿もまた生きた人間の姿だというのなら、悪魔から人となり、そして人としてのどん底にまで落ちながらも一片もブレることなく、コクランが愛し、コクランを愛したレクスのままであり続ける彼もまた、一際色濃い人間の姿なのだろう。
愛ゆえに変わらざるを得ず、愛ゆえに変わらぬことを貫く二人。
第二部として、これほどドラマティックにこのラブストーリーを仕立ててくれたなら、もう何の文句もございません。おどろくべきことに、この第二巻ではほとんどコクランとレクスは顔を合わせることすら出来てないんですよね。それなのに、一途なほど二人の愛の物語として成立している。
凄いなあ、凄いよなあ、もううっとりと浸ってしまうほどに、濃密な物語だ。
ここまでお膳立てしてくれた以上、ここからラストに向けての盛り上がりには、色んな意味で心臓を握りつぶされそうです。

1巻感想