封神演戯    (ダッシュエックス文庫)

【封神演戯】 森田季節/むつみまさと ダッシュエックス文庫

Amazon

古代中国の伝奇「封神演義」をモチーフに、人間・妖怪・仙人が”戯れる”まったく新しいファンタジーの幕が上がる!
並行世界の歴史を管理する組織「崑崙」に所属する仙人・太公望。
だが太公望は有休を取り続けてまったく仕事をしない”ニート”の仙人だった。
ある並行世界の「殷」という国の歴史が、妖しい仙女・妲己によって歪められていると知った崑崙は、正しい歴史に導くため、太公望を派遣する。
激しくやる気のない太公望の仲間は、体育会系気質バリバリの霊獣・スープーシャンに、
超絶ドS美少女天才仙人・楊戩(ようせん)、さらに最強宝貝少女・哪吒(なた)とクセ者ばかり。
相性最悪のチームで妲己封神計画は前途多難!?
【封神演義】というと、本邦ではやはり藤崎竜版の【封神演義】の影響がとてつもなく大きい。原典である【封神演義】も有名ではあっても、その内容を知ったのは藤崎版の漫画から、という人は多いでしょうしね。というわけで、封神演義というとどうしても藤崎キャラが頭に刷り込まれてしまっているもので、これを打破するのは相当難しいはず。派手な宝貝や仙人大戦というマンガやラノベのネタとするには芳醇すぎるくらいの世界観でありながら、殆どこの作品が取り上げられなかった理由の一旦には、藤崎版があまりにも強烈過ぎた、というのもあるんじゃなかろうか。
その意味では、本作もその影響から脱しているとはいえないでしょう。むしろ、それを踏まえて挑んでいる、というのは封神演義の象徴とも言えた「スープーシャン」が、もろに藤崎版リスペクトキャラだったことからも見えてくる次第。見た目がどうみてもカバなあたり、デザインからもろですし。もうスープーシャンといえばあの「――ッス!」のキャラで固まっちゃってるもんなあ。でも、逆に言うとスープーシャンの印象が強いぶん、それさえ抑えておけば、ほかはわりとどうなろうと気にならない感じではある。
というか、楊戩とか覚えてないしなーw
どうやら本作のメインヒロインは楊戩らしいのだけれど、言われても「え、誰だっけ?」状態でしたし。考えてみると、楊戩のみならず超メイン級以外は殆ど覚えてなかったので、そりゃあ誰が女体化しようとあまり気にならないか。
とりあえず、太公望当人も主張していましたが、有給で休んでいる分には無職ではありませんし、ニートじゃありませんから! 精神的にニートでも、休みの間一歩も外に出なくても、実際にはニートじゃないですから! 有給は正しい権利、権利!!
スープーうざいです、あの前向きな体育会系精神論は勘弁して下さい、付き合ってると精神的に死にます。眼の色が死んだ魚の色になっていってしまいます。その点、ざっくりとスープーの精神論を一刀両断して、怠惰を執行しつづける太公望先生はえらいです、尊敬します。ニートの鑑です……だからニートじゃないです。
いや、実際ニートじゃないんだよなあ、この太公望。効率主義で無駄な労力をきらい、だらだら過ごすの大好きなんだけれど、仕事を疎かにしないどころか、実際は非常に真面目に取り組んでいて、責任感も強くて献身的なんですよね。過程に対しては手を抜ける部分は徹底して抜いても、結果を出す段階に至っては決して手を抜かない。むしろ、自分を消費することをもいとわないあたりは、勤勉を通り越してる感じすらあるわけです。真面目か!
頑張ればそれで満足か、結果が伴わなくても過程でやる気さえ見せてりゃいいのか。導き出される結果に対して、太公望が示してみせた責任の果たし方は、なかなか痛切ですらありました。
天才であり、また根が真面目っぽくて色々面倒を抉らせてしまっている楊戩なんかにとっては、彼の見せたあり方は鮮烈ですらあったようで、チョロいとか言うなかれ。彼女は彼女なりに自分の天才としてのあり方と周囲との距離感にずっと悩み続けていて、その気高さが故に孤独であり続けたわけだ。不器用なのもあるんだろうけれど、その寂しさは彼女を苛み続けていたのだろう。それでも譲れない一線があり、それを守るためにただでさえ面倒な性格をさらに抉らせていたところで、ようやく彼女は自分を天才のまま使ってくれる相手に出会ったのだ。自分をそのまま受け入れてくれる相手に出会ったのだ。運命である。そして、彼は同時に天才である自分が守ってあげないと何を仕出かすかわからない、大馬鹿ものであったのだ。天才である自分が理解してあげないと、自分以上に孤独になってしまうハグレ者だったのだ。唯一無二の運命である。出会ったのだ、それをチョロいというなかれ。
でもなるほど、その意味では太上老君の立ち位置も、楊戩が至ったそこと一緒なのか。こりゃあ、強烈なライバルになりますよ。
どうやら、こっから大きく本来の「封神演義」とは話の筋立ても変わってきて【封神演戯】としての物語となっていくようで、崑崙からして信じられない誰が味方かわからない錯綜した展開になってきそう。

森田季節作品感想