六花の勇者 5 (ダッシュエックス文庫)

【六花の勇者 5】 山形石雄/宮城 ダッシュエックス文庫

Amazon

愛から憎しみへ。白から黒へ。
「黒の徒花」の情報を手にしたアドレットだが、その内容に思い悩み、その取り扱いに逡巡する。六花の勇者たちはテグネウの追っ手を退けつつ〈運命〉の神殿にたどり着くが、そこで予想だにしない人物に出会う。伝説に聞く、一輪の聖者がいたのだ。 そして一輪の聖者の周囲にある神言を読み解くと、「黒の徒花」に関わるテグネウのさらなる一手が判明する。自分たちが危機的な状況にあると知ったアドレットはそこで「黒の徒花」の内容を語り、対策を議論しようとするのだが、その矢先に、フレミーが衝撃的なひと言を放つ。究極の選択を迫られたアドレットの答えとは…! ?
伝説に挑み、謎と戦う、圧倒的ファンタジー、第5幕!
アニメがスタートしたのに合わせて、これまで積んでいた本作を掘り起こして、こっちもリスタート。とはいえ、本編4巻読んだのが約二年前だったので、色々と思い出せない部分も多々あり。いや、ストーリー展開とかは意外と覚えてたんですけどね。もっと細かい部分、アドレットのフレミーへの感情とか、彼の強かさとかこんなんだったかなあ、と。少なくともこの巻におけるアドレットとハンスの不自然さは半端なかったですよ? 二人共抜け目ないタイプなんで、特にアドレットなんか余裕なかったとはいえ、今回はやり方がお粗末というか場当たりすぎて、どうしちゃったの? と思うくらい。
なんだけれど、以前までの巻でのアドレットの様子を詳しく覚えてないんで、もしかして前からこのくらい行き当たりばったりだったっけ? と首を傾げてしまったわけで。
いやでも、実際今回の彼の振る舞いはまともに他のメンツに信用してもらえなかったんだから、かなりバタバタだったのは確かだと思うんだけれど。それも、マイナスから無理やりゼロ地点まで状況を引っ張りこんで維持しないといけない状態だったから、なりふり構わず、というのも仕方なかったんだけれど。以前疑われた時は、自分が白だと確信があったわけだから、今回みたいに真っ黒を白、あるいは灰色に見せかけなきゃいけないのに、材料も時間もなにもない、となればこうなるのも仕方ないのか。

それに、ラストの展開が真実だとすると、アドレットが今回だけむちゃくちゃしてた、というわけじゃなくなるもんなあ。むしろ、ハンスの方がクライマックスで下手打ちすぎ、な気がしないでもない。抜け目のなさではアドレットを上回っているはずの彼が、あれだけ怪しまれても仕方ない強引さを見せてしまうのもなあ。
ともあれ、久々に続きを読んだせいか、以前までのキャラの細かなイメージが薄らいでいたからか、ある意味基本情報は抑えつつもまっさらな状態で読めたので、アドレットにまつわる話に関してはむしろ驚かなかったというかむしろ納得したというべきか。この巻だけ見ると、彼の執着は尋常じゃなかったもんなあ。

と、派手に黒の徒花と七人目にまつわる話が大騒ぎになっていた分、ナッシュタニア姫の蠢動がかなり目立たないことになってたんだけれど、彼女絶対なにかしてたよねえ。
一方で、今度こそフレミーはヒロインとして祀られたとかんがえるべきか。本作の傾向からして、それって鬱フラグでもあるんだけれど、あれだけ心情を詳らかにして、過去の悲劇も明らかになり、その絶望と垣間見えた希望の光を見せられると、あなたがヒロイン、と言わざるをえない。どう転んでもかわいそうなことにしかならなさそうなのが、特に。

シリーズ感想