埼玉県神統系譜 (ガガガ文庫)

【埼玉県神統系譜】 中村智紀/shimano ガガガ文庫

Amazon

倒産目前の神社を立て直す一人と一柱の物語

高校二年の夏、進路調査票によって生徒たちは人生の岐路に立たされる。己の将来に悩み、不安を覚える者たちもいる中、立花孝介はひとり余裕ぶっこいて泰然自若としていた。白狼神社の一人息子である彼の場合、いずれ実家の神職を継ぐことになるのは自明の理……だったのだが、「うちの神社は今、倒産しかけてんぞ?」。父親の突然のカミングアウトにより、我が家の惨状を知ることとなった孝介。そんな折、孝介は白狼神社境内にて、自分を神社の神だという女と出会う。“千谷の雪花狼”と名乗るその女は、神社の経営を立て直すべく、孝介に神官見習いとして、神社に寄せられた願いを叶えていく仕事の手伝いをするよう要請。「こいつ本当に神なのかよ?」と半信半疑ながらも、彼女を手伝うことになる。かくして今、埼玉の地にて一人と一柱の物語が幕を開ける――!!第9回小学館ライトノベル大賞ガガガ賞受賞作。
こ、これは! うんうんいいないいな、これ好きだ。なんかすごくツボにハマってしまった。メチャクチャ好きなタイプですよ、こういう作品。
ちょっと昨今じゃあ他のレーベルだと取り上げて貰いにくいスタイルの話なんだけれど、こういうのを貪欲に拾い上げ得るガガガ文庫は、やっぱり大したものですわー。
ぶっちゃけて言うと、何も大した出来事が起こらない日常系。実家の神社に祀られている神様が、倒産寸前だという神社の経営の立て直しの為に受肉して現れる、という時点で凄いイベントが起こってるんだけれど、せっちゃん、特に派手な振る舞いはせずに殆ど夏休みに遊びに来た遠い親戚の女の子、くらいの雰囲気でしか存在感を出していないので、「神様も居る夏」くらいの日常なのである。
ぶっちゃけ、わりと常識人で振る舞いにも節度がある雪花さまよりも、殆どノリで生きている無駄にピチピチ活きが良い馬鹿な主人公のお馬鹿具合の方が存在感は半端ないのである。だいたい、この主人公の無駄に元気なフリーダムな日常を追っかけているだけのお話なのだが……それがまあ、やたらと楽しいのである。
取材のため、とラブホテルに突撃する新聞部の友人(男)に付き合って、ノリノリで同行する主人公。いや、男二人でラブホテル行ってなにすんねん、と思ったら、シャワー浴びたりカラオケやり倒したり、と気後れせずに存分に楽しみ尽くして満足して帰ってくるアタリ、なんかもうお馬鹿だなあ、と目を細めるしかなく。
いやー、若いなあ。
この無駄な元気の良さ。なにをやってても楽しそうなアホっぽさは、十代の特権ですよ。善きかな善きかな。
普通なら、ここで降臨した神様となんかいい雰囲気になったり、神様にまつわる重要なイベントが起こったりするんだけれど、雪花さまと一緒にこなすお願いごとの成就の為のお仕事も、そんな特別な出来事が起こったりするわけじゃないんですよね。一緒に山登りしたり、新聞部に伝わる謎の伝聞を追ったり、とどれも日常の延長線上。雪花と二人でご飯を食べたり、家でゴロゴロしたり、自家発電しているところを見られて怒られたり、妹も加えて夏祭りに遊びに行ったり、と夏である。善き十代の夏である。
楽しそうでよろしいなあ。
神社、倒産しそうというのはわりと切実な問題だと思うのだけれど、妹いわく家が貧乏なのは昔からなのだそうで、今日明日でヤバいぜ、というほど切羽詰まってはいなさそうなので、どこか呑気な雰囲気は崩れない。というか、主人公大ショックを受けた割にはすぐに気にしなくなってるよなあ。さすがはフリーダムお兄ちゃんである。そもそも、こんにちに至るまで家が貧乏である、という状況にすら気がついていなかった時点で、繊細さとは程遠いメンタルなんだけれど。
まー、呑気だったり毎日楽しそう、というのは親父さんや妹ちゃんもわりと一緒なので、そういう一族なのだろう。雪花が現れても、即座に何事もなかったかのように一家の日常の中に組み込んじゃってるし。雪花さんもくつろぎ過ぎだとは思うけどなw まあ、自分の神社なんで実家といえば実家なんだから、寛ぐのも普通なのかもしれないけれど。でも、この一家の性格、雪花のそれよりも、途中で出てきた上役のサクヤさまの方が似てる気がするなあ。わりと真面目な雪花よりも、サクヤさまかなり自由人ぽいし。

いずれにしても、神様の居る夏の愉快で無駄に元気な日常系。みょーにツボに嵌る楽しさでした。