筺底のエルピス 2 -夏の終わり- (ガガガ文庫)

【筺底のエルピス 2.夏の終わり】 オキシタケヒコ/toi8 ガガガ文庫

Amazon

新たなる棺使いたち。《門部》最大の危機。

殺戮因果連鎖憑依体――
古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきたその存在は、感染する殺意であり、次元の裏側から送り込まれた人類絶滅のプログラム。

人類の世界にこれまで六度、虐殺と大戦争をもたらしてきたという白い鬼。その七体目の憑依者を巡るバチカンとの戦いを経て、ひとりの少女を保護することになった《門部》だったが、流星群が天を薙ぐ真夏の一幕の裏で、世界の運命は大きく狂いだそうとしていた。

謎に包まれた第三の鬼狩り組織の襲来。情報統制を敷く《門部》式務。そして、それに抗おうとする離反者たち。様々な思惑が交錯する中、恐るべき柩使いと青鬼の出現によって、平和な夏が切り刻まれていく。
第三勢力《THE EYE》とはいかなる組織なのか。式務が隠し通そうとする秘密とは何なのか。そして《白鬼》を守るべく戦う封伐員・百刈圭たち待ち受ける、恐るべき運命とは――。

人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩、激動の第二章。
『波の手紙が響くとき』でも好評を博す、オキシタケヒコが手がけるSF異能バトルアクションシリーズ第二弾。
イラストは各方面で活躍中のtoi8が担当。
……うはー(呆然
これ、とんでもないスケールの超大作じゃないですか。圧巻過ぎて、読み終えてからしばらく呆けてしまいました。うむむ、凄い。この作品って、一巻では登場人物たちの内面を丹念に掘り下げて、それぞれが抱え持っていた心の問題、過去の因縁を由縁とする歪みや感情の縺れなどを一つ一つ解きほぐし、人としての成長を促していくタイプの作品であり、その方向においてもかなりの名作の気配を漂わせていたのですよ。ストーリーテリングと物語の構造が美しいと思える巧さがある上に、丁寧な積み重ねから描き出されたキャラクターの人物像が魅力的に映しだされるタイプの、ね。
だから、2巻も基本路線はそれを踏襲すると思ってたんですよ。物語の背景には人類が絶滅する未来、という巨大なものがそびえ立ってはいても、あくまで構成要素以上のものではなく、基本的には同じ路線を、ね。
ところがどうして、一巻の個々人に焦点を置くスタイルは蔑ろにしないまま、そこにSF要素をこれでもか、とかぶせてきたんですよね。
一巻の段階で圭や叶がそれぞれ抱えてきた問題が調律され、メンタル面が安定したのを踏まえた上で、個人の問題ではなく、世界規模の、人類の未来に関する問題を突きつけてきたわけですよ。元々、人類の存亡、すでに決まってしまっていた人類が滅ぶ未来を覆すために絶望的な戦いを続けてきた《門部》の一員として、すでに圭たちは渦中にあったわけですけれど、それだけでは足りない、とばかりにすでに整えられていた舞台そのものをひっくり返す大業に打って出てきたわけです。正直、2巻の段階でここまで劇的に物語を動かしてくるとは思いませんでした。これ、よっぽど登場人物が仕上がってないと、ついていけないレベルの激動の展開ですよ。しかし、それだけ圭と叶、結たちが仕上がった、という手応えがあったんだろうなあ。恐るべきは、この巻が実質の初登場である新キャラたちも、物語が激流に流されだす後半までに立てきってるところなんですよね。運命を共にする、一蓮托生の仲間たちを見事に成り立たせたわけである。前半の日常パートが、拗れてしまった人間関係を修復することを目的としてみんなが動いていたことも、この作品の特徴なんですよね。圭と妹の拗れてしまった関係が、叶が抱え込み人格を曲げてしまっていた闇が、手を差し伸べ合うことで解きほぐされていったように、丹念にそれぞれの人物を掘り下げていくことで、上手いことキャラの魅力を立たせている。
個々人のミクロなスケールと、人類や世界を対象としたマクロなスケールが絶妙に両立してるんですよね。これが、物語の、作品そのもののスケール感をずっしりとした中身付きで感じさせることに成功している。読み終わった時に、これは大作だ、と大きく息をついてしまうほどに。
どんでん返しが起こった実に良い所で終わっているだけに、前のめりになったところでおあずけくらったようなものだけれど、これは釣り上げられても仕方ないですよ。

前回に引き続き、或いはそれを上回る勢いで、バトルシーンの緊迫感と精妙さも面白さがパワーアップしていました。圧倒的超越者相手に、絶対に敵わないと思い知られる能力差。そんな相手にどう立ち回るのか。まさにインテリジェンスを炸裂させた戦闘シーンには大満足でした。
2巻でこの盛り上がりは反則とすら思うけれど、文句なしに面白かった。これはオススメです。

にしても、ダークサイドから立ち直った叶ちゃんは、良いヒロインにパワーアップしましたねー。結構フラグも立ち出しましたし、恋愛パートが本格化したら相当可愛いことになりそう。そのへんも大いに期待。

1巻感想