竜は神代の導標となるか (2) (電撃文庫)

【竜は神代の導標となるか 2】 エドワード・スミス/クレタ 電撃文庫

Amazon
Kindle B☆W
王国最強と謳われる蒼竜騎士ルガールに勝利したカイ。それは驚きをもって近隣の領主たちに受け入れられる。カイたちは無視できぬ勢力として注目されるのだった。エレナの兄リチャードら優秀な補佐も揃い、カイはヴェーチェル領を制圧すべく、シギル家の本城に迫る!
本来なら、すでに勝敗は決したと言ってもよい戦い。だが、ウェイン・グローザはさらなる刺客を送り込む。通称「蛇」。その者は王国軍においても畏怖される実力の持ち主らしい。ヴェーチェル城攻防戦の決着はいかに!?
おおー、面白い面白い。一巻における発端が外からの圧力に受動的に動かざるを得なかった状況だったのに対して、今回から主人公サイドが主体的かつ能動的に動き出し、戦記物として本格的に稼働しだしたわけだけれど、その途端メキメキと面白くなってきましたがな。いや、一巻の段階で良質の戦記物だなあ、とは思ってたんだけれど期待以上に土台のしっかりした感じがあるんですよね。それでいて、重厚すぎず。戦記物って本格的すぎると、物語や登場人物の考え方から世界観からひたすら重たくなって圧迫感に晒され続けるようなものもあるんだけれど、その点この作品は軽い……のとは全然違うな。主人公サイドの主要人物がみんな若いだけに、動きや考え方に気持ちの良い爽やかなキレと温度のある柔らかさが備わってるんですよね。戦記モノとしてのしっかりとした下地の上で、若者たちの成長譚が描かれはじめてるのである。
カナの兄ちゃんのアーロンと、エレナの兄貴のリチャード。一回り年上とはいえ、二十代の若者である二人の兄貴分がカイのサポートにつくんだけれど、この男三人のトリオがいいんですよね。ある意味女性陣ほったらかしで、イチャイチャ……というのは違うんだけれど、エレナを旗頭とした1勢力として立ち上がるために片付けなきゃいけない問題を、三人で頭付きあわせて喧々諤々やりあう様子が仲良さそうでねえ。いや、リチャードはエレナの兄貴として結構、カイのことを突っつくんだけれど、キツい性格と見せかけて初対面ですぐにわりと繊細で不器用、というのがバレてしまったので、これカイに懐かれた、と言っちゃってもいいんじゃないだろうか。厳しい言動のリチャードに、まあまあと間に入って仲裁するアーロン、と収まるところに収まったようなお似合いの三人組が出来上がって、彼らを見てるだけでなんだか楽しくなってくる始末。これで、有能な親父さん連中がちゃんと健在で、若い連中を上に立てて自分たちは後ろに回って縁の下の力持ちに徹してくれる、というこの安心感。まだ軍事面では人材確保できていないんだけれど(これについては後半かなり大胆な展開が待っていたわけですが)、一個の勢力としての政治や外交、方針決定に関してはエレナを旗印に、カイをリーダーに盛り立てていく体制が出来上がっていく様子がしっかり描かれていて、純粋シンプルに彼らの行く末を追い駆けたい、という気持ちにさせられました。
男連中に負けず劣らず、女性陣もガンガン頑張ってたんですよねえ。特に、やっぱりというかエレナである。
唯一残された王族として、生き残るだけではなく女王としてどうするべきか、という考えを自分の中で育てていく一方で、カイの婚約者として女の子としての自分もちゃんと良い方向に伸ばしていってるんですよ。新女王としてのカリスマを見せながら、さらに良い奥様としての女子力をあげまくっていく、この両立性。なんか、もうこれ無敵じゃないですか?
初心として、エレナのことを守るために立ち上がったのに目まぐるしく変わる状況と置かれた立場、新たな動力源の開発の秘密を握ったことから、より高い視点で国の行く末を考えることに忙しく、ついつい初心を忘れてしまったカイと、置いてけぼりにされながら責任感と生来の我慢強さからじっと耐え忍びつづけたエレナ。このあたりのすれ違ってしまった二人の、喧嘩から仲直りまでの過程がもうねー、恋人とか通り越して新婚夫婦そのものなの。そもそも、エレナが王族とはいえ端くれも端くれで、辺境貴族の一人娘というだけあって、考え方が庶民的というか、カイにためにやってあげたいと思ってることがもう、生活感ある若奥様のそれで、初々しいの可愛らしいの。カイの方も、新妻をすごく大切にしている、がんばり張り切ってる若い旦那さん、って感じで見ていてニヤニヤするしかないでしょう。これで、いざというときはエレナは王族としての威やカリスマを感じさせるかっこ良い言動をみせてくれるわけで、そのギャップもたまらんです。
正妻としての余裕か、側室候補たちへの態度にも全然棘がありませんし。というか、男連中三人組と同じくらい、女性陣も仲良しなんですけどねえ。

ラストの展開は、なかなか意外なことに。まさか、あの人達を取り込むことになるとは。いや、人材が足りていなかったのは間違いないので、これは凄い助かるんですけれど、さてしばらくはやっぱり揉めるんじゃないだろうか。でも、リチャードくんがなんか面白いことになってるんで、彼がうまいこと橋渡しになりそうだ。ってか、初登場時からこの人、キャラ立ちすぎじゃないですか? いわゆる厳格で融通が聞かず気難しい宰相ポディションに収まりそうな人なのに、なぜにここまで可愛い男になってるのかw
アーロンも、一巻の時のいまいち頼りなさそうな人柄から一変して、温和だけれど居ないと絶対困りそうな長男的な立ち位置でキャラ立って来たし、やっぱり男連中が目立つ作品、特に戦記モノは面白いです。
ウェインたちの反乱軍と、主人公の勢力以外にも、一癖も二癖もありそうな勢力が顔見せしてきましたし、盛り上がってきましたよ。

1巻感想