結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの? (3) (MF文庫J)

【結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの? 3】 伊達康/ そりむらようじ MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W
人々が竜人の支配に怯える大陸で旅を続ける、銀髪巨乳女剣士メルと、異能“忍法”を扱うシノビのサビト。ナトゥアを支配していた竜公ゴルニシチを討伐し、サビトの幼馴染みのクノイチ・アトリとも『結魂』を交わしたことで新たな嫁(?)を得た二人。そんな3人が次に目指すはナトゥアの北部。その地を治めるは序列第五位の竜公バークナー。彼の驚異的な魔法を前に、3人はこれまで以上の苦戦を強いられる。さらに訪れた集落で新たな竜落子と出逢い、メルシオーネ出生の秘密が明らかに…!?「私は…伴侶失格です」ニンジャとドラゴンが雌雄を決する人類反抗バトラブ活劇第3幕、竜落子とシノビとクノイチ、3人の夫婦の運命は―。
バークナー公の能力、よくある能力なんだけれど破り方が斬新というか……破ってないよね、これ?
そもそも、バークナーってこの能力アクティブに使ってたんだろうか。いや、能力を持っているという時点でそれを使うという事実を織り込んだ結果が導き出されるわけだから、そりゃ持っている事そのものに意味があるんだけれど、これを活用していると言えるんだろうか。バークナー自身、自己評価低かったみたいだけれど、そらまあねえ。でもそうなると、ゴリ押しというサビトたちの攻略法は成功ではあったのか。破ってはいる、ということになるんだろうか。
ともあれ、バークナー戦はわりとサクッと終わって、次の竜公を探す旅程で砦に篭って抵抗を続ける人間の一団と遭遇するサビトたち。彼らを率いる王子様がまた容姿性格ともにイケメンなんだけれど、実はその本性は……ということもなく、中身もイケメンというサビトも妬むことすらできなくなるくらい完璧超人。トドメに、サビトの嫁であるメルに、余計なちょっかいをかけてこないという一部の隙もない好人物っぷりである。
彼を通じて、メルの出自が明らかになるのだけれど、そうなるとやはり彼女の父親が誰か、という疑問に話題が及ぶわけで、それがこの巻の根幹に関わってくるわけですね。
まあそれはそれとして、やはり肝心のメインはメルとサビトとアトリの三人夫婦のイチャイチャっぷりでしょう。と言っても、メルの方はアトリの存在が本能よりも理性を目覚めさせたせいか、前巻のような自重を忘れたようなベタベタ甘えてくる様子は鳴りを潜め気味になってしまったのですが、それでもアトリとサビトが仲良く喧嘩している様子を見てジリジリしているのは、可愛かったなあ。アトリはアトリで、和解したことで喧嘩していても以前までの殺伐とした空気がなくなって、サビトをチクチク攻撃するのにもじゃれつくような可愛らしさが垣間見えるようになったので、これはこれでニヤニヤ、と。やっぱり、この三人の軽妙な掛け合いは面白いなあ。命を共有し、身も心も預け合う関係というのはともすれば重くなりそうなものだけれど、彼らの場合それに不自由さや責任を感じるのではなくて、文字通り一心同体であることに安心を覚えているようなのが、ちょっと印象的なんですよね。
しかし、そんな命の伴侶ともいうべき三人の間に、割って入ってくる邪魔者が。これが、まだ別のヒロインというのなら一考の余地はあったんでしょうけれどね。
無邪気であるけれど悪意の塊であり、故にこれこそが邪悪そのものなんだろうなあ。メリットだけ奪い去ってデメリットについてはスルーとか、なんという反則。個人的にはこれをNTRというのは違和感あるんだけれど、相手との関係性もそうだし、アトリやサビトと心が離れてしまったわけでもないですしね。なので、厄介なことになったなあ、というくらいで。いや、実際厄介どころではなく、さらにエグい責めで嘲弄してきて、徹底的に追い詰めてこられているわけですけれど、これくらい追い詰められた方が逆転の際に痛快ですから遠慮無くやって欲しいですのう。

シリーズ感想