東京レイヴンズEX3 memories in nest (ファンタジア文庫)

【東京レイヴンズEX3 memories in nest】 あざの耕平/すみ兵 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle B☆W
陰陽師を育成する「陰陽塾」。それは、いずれ夜空に羽ばたく闇鴉の雛たちが、力と絆をはぐくむ巣。誰かに見られたら秘密がバレかねないモノを塾内で紛失してしまった夏目は、春虎たちと夜の塾舎へ潜入することに。最近、夜に塾内を徘徊しているという謎の式神と遭遇して…!?真夜中の陰陽塾での大騒ぎや、天才美少女からのエスケープ、コンの増殖(!?)事件など、陰陽塾での賑やかで鮮やかな日々がここに紡がれる。伝説の陰陽師・土御門夜光と、彼の式神・飛車丸、角行鬼のありし日の憶い出を描いた書き下ろしも収録。
どうしてこう、夏目はやることなすこと黒歴史ばっかりなんだろう。輝かしい青春時代、のはずなんだけれど、夏目に関してはちょっとシラフで語れないようなことが多すぎるんですけれど!! 今となっては笑い話だ……と、本人笑顔で言えないレベルのことが多すぎるんですけど!
本編の方ではもうマトモな日常生活を送れないような切羽詰まった状況になっていて、陰陽塾時代のことは随分遠い出来事になってしまったのだけれど、「あの頃」を懐かしく思いながら当時のことを思い出すと、おおむね夏目が蹲って顔を覆ったまま停止してしまう気がするんですけれどw
というわけで、優等生にして生真面目で堅物であるが故にゆるい春虎や冬児たちを説教し叱咤する側のはずの夏目さんでありますが、実際一番「やらかして」トラブルを起こした上にどうしようもないところまで悪化させているのかというと、アナタです、アナタ!
勿論、春虎をはじめとしてトラブルを起こしてしっちゃかめっちゃかにする人材には事欠かないのですけれど、顔を覆って呻くしかないようなとんでもないことを仕出かすのは、だいたい夏目なんですよねえ。
そんな夏目さんが今回やらかしたのは、ソシャゲ廃人へのデスロードである。ああ、うん、ハマるよねえ。この娘は一旦沼にハマると、真顔でより深みの方に突進していくんですよねえ。
止まれよ!
この娘のアクセルベタ踏みしてる自覚なしの暴走っぷりは、毎度ながらいっそ清々しくすらある。これに関しては、若さ云々じゃなく一生変わらなさそうなのが何ともはや。

「第三話 式神行進曲」
これはラストの写真に尽きるでしょう。ってか、なんでこの写真のイラストがないのか、というレベル。想像していたのを遥かに上回る可愛らしさだった。

「第四話 コン!コン!コン!」
これもイラスト、というよりも映像作品が欲しくなるエピソード。ユーチューブにアップせよ!
春虎も、安易に褒めるからー。そりゃ、可愛いかわいいと褒めたくなる気持ちもよくわかるんだけれどね。それで浮かれてしまう人をどうやってうまいこと止めるのか。これがなかなかの難題である。
あとで、この話を聞いた角行鬼がフリーズしてしまうのもよくわかる。本当になにをやってるんだ(笑

「ザ・ナイト・ビフォー・トライアングル」
思えば、土御門夜光がちゃんと描かれるのって、この話が初めてなんですよね。どうなんだろう、春虎とそこまで似ているかというと微妙かなあ、と思うところなんだけれど、快活さに自信と貫禄が備わってる、という所なのかなあ。
そして、これは初登場にして初情報なんだけれど、夜光に妹ちゃんの存在が。そうかー、春虎の家系ってこの妹の系譜にあたるのか。現代の土御門家って夜光の子孫と言われてるけれど、夜光に子供が居るという話はとんと聞かなかったのでどうなってるんだろうと首を傾げていたのですが。なるほどなるほど。でも、戦後苦労したんだろうなあ。夜光がああなってしまったあと、土御門家は随分と風当たりきつかったみたいだし。逞しそうな妹さんだったので、そこは踏ん張ったんだろうけれど。
しかし、夜光さんてば本当に規格外だったのですねえ。いや、禁呪であるはずの泰山府君祭、そんなに軽々と使っちゃって。え? そんな普通に使っちゃうの? と若干呆気にとられたり。鈴鹿がどれだけ危ない橋渡ってそれやろうとしたのか……。復活した春虎もそこまで気楽には使ってなかっただけに、まさに全盛期だったのか。
そんでもって、これが千年生きた茨木童子が角行鬼として、夜光の式神となるエピソードとなるのだけれど、夜光に纏わる話は物語の根幹に繋がるもの以外でも多分たくさんあると思うんですよね。倉橋理事長や闇寺の爺ちゃんなどとの若かりし日のあれこれ。飛車丸や角行鬼との出来事なんかも。もう本編クライマックス入っているので、果たして短編集が出るか微妙な所なんですが、もっと夜光時代のエピソードは見てみたいなあ。