世界の終わりの世界録(アンコール) (5) 降魔の大皇 (MF文庫J)

【世界の終わりの世界録(アンコール) 5.降魔の大皇】 細音啓/ふゆの春秋 MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W

伝説の英勇エルラインが遺した至宝「世界録」。その在り処を世界中の国や旅団が探し求める時代―覇都エルメキアを舞台とした三大姫の大暴れで「再来の騎士」の名声が高まる一方、レンは騎士王ゼルブライトとの激闘の末、新たな「英勇」としての可能性を顕示。そして一行は最後の封印を解くために冥界へと歩みを進める。危険すぎる道中の先に待ち構えるのは、エリーゼの弟である現魔王ヴェルサレム、五大災、正体不明の沈黙機関。過去と因縁に囚われし者たちが鎮魂曲を奏でる中、現在と未来を切り拓く偽英勇の熱き叫びがこだまする。「太古を誇るだけの獣が、現在を生きる人間を舐めるんじゃねえ!」―いま、最も王道を行くファンタジー、怒濤の第5弾!
三大姫の一人として最初からずっとレギュラーで頑張ってたのに、何故か五巻になるまで表紙を飾らして貰えなかった元魔王のエリーゼさん。ようやくトップを飾りましたよ、良かったね。というわけで、色々と世界を巡ってきたレンたちだけれど、ついに魔界……じゃなくてエリーゼたちの世界である冥界を悪魔法印を求めて訪れることに。気分は、ドラクエ3のアレフガル突入である。冥界はイメージ通りの毒々ワンダーランドっぽくて良かったんだけれど、魔王城までの道程、レンがひどい目にあっているのに概ね端折られちゃってて、可哀想というかなんというか。苦労したのにw
現魔王のヴェルサレム、エリーゼの弟で話題にのぼる時もあの愚弟扱いばかりだったので逆にエリーゼが過小評価しているか、可愛がっているけれどわざとキツい言い方しているのじゃないか、とちょっとだけ期待してあげたんだけれど……あかん、わりとガチで姉ちゃんに頭あがらん弱弟だw 見た目はイラストになってなかったんだけれど、どうやら厳つい見るからに魔王っぽい容姿なんだけれど、言動の端々から理不尽なお姉ちゃんに振り回されても文句ひとつ言えずに半泣きになりながらヘコヘコしてるのが透けて見える残念さw わりと威厳もあると思うんだけれどなあ、滲み出ちゃってる、威厳の隅っこからにじみ出ちゃってるよー。
まあエリーゼのことを姉上とか姉者とかじゃなく「姉ちゃん」と呼んでる時点で推して知るべしなんだけれど。一人称が「余」な分、ギャップが萌えるのです。竜の谷の妹竜カルラとか、天界の女神様とかわりと格好ついてたんだけれどなあ。レスフレーゼさまも大概だったんだけれど、愚弟魔王と比べるとまだ……魔王、頑張れ魔王w
魔王の座を競い合ったという冥界の大幹部五大災たちも久々に登場すると、あれただの愉快な変人たちですよね。人間サイドの実力者たちがみんな真面目、シリアスモードなのに対して、この悪魔たちと来たら……。
特に魅亜さん。旅団のおっちゃんにおもいっきり籠絡されて、嬉々と仲間になろうとしているのには吹いた。五大災、仮にも五大災の一人だというのを、この娘普通に忘れてるんじゃなかろうかw とはいえ、あの「黄金の夜明け」の団長、何気に人物なんだよなあ。人族と決して仲良いというわけじゃない異種族のメンバーたちにあれだけ慕われてるのだし、魅亜にしたってアホの娘とは言えああも安々と「団長♪」と慕われるようになるとは、尋常じゃないですよ。その上、同じく冥界に迷い込んだ「あの娘」についても、団長については完全に特別扱いでしたしね。
この団長、弱いとはいえ多種族から慕われ、注目されているという点ではレンと似てるんですよね。今後、けっこう重要な立ち位置になってくるのかもしれない。

さて、ついに三大姫と英勇エルラインが戦ったという謎の存在の正体、少なくともどういう連中なのか、というのが明らかに。もうちょっと引っ張るかと思ったけれど、ここらはサクサクっと進めてきましたね。どうして、レンにその敵のことを積極的に語ろうとしなかったのか。レンが持つ特別な力と覇都エルメキアで繰り広げられている陰謀も絡んで、なるほど焦点はそこだったのかー。
実のところ、エルラインたちが戦った相手は意思疎通不可能な絶対敵なのだと思っていたので、意思の疎通が不可能だった理由の一旦が明らかになると同時に、その性が悪ではなかったのはインパクトでありましたね。ただ、敵を倒せばいい物語じゃないのか、やはり。エルメキアで暗躍している連中のほうがよっぽど質悪そうだし。ああいう意味深に悪ぶって見下して自分たち超つおい、という態度取ってる連中は、バチコーンとぶっ飛ばしてほしいなあ、早々に。その意味では、あのディスカントもそういうタイプだったので、一発イワしてくれたのは大変結構だったのですが、どうせなら泣きべそかかせて「くちゅじょきゅだ!」ってなるくらいにはきっちりやっつけてほしくもあったのでした。いや、そういうキャラじゃないのは承知の上で。

シリーズ感想