ギルド〈白き盾〉の夜明譚 (MF文庫J)

【ギルド〈白き盾〉の夜明譚(オーバード)】 方波見咲/白井秀実 MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W

凶暴な魔獣犇めき、血気盛んな傭兵達が活躍する最後のフロンティア――新大陸。伝説の傭兵『魔眼の騎士カール』に憧れる少年レイ・ブラウンは、傭兵になるために新大陸を訪れた。到着直後にカールの子孫・マリールイズと運命的な出会いを果たしたレイは、なんとカールの作った伝説のギルド〈白き盾〉との契約を持ちかけられる。ところが、レイに任された仕事はギルドの経営・兵站管理を行う『運営職』だった! ? しかもギルドは伝説の面影も無く、今や経営破綻目前で――。第11回MF文庫Jライトノベル新人賞最優秀賞受賞作、夢と希望と赤字が織り成す本格派ギルド経営ファンタジー!
「ご安心ください! 借金してでも、依頼は達成して見せます! 」
これは面白いところに着目したなあ。傭兵ギルドも組織である以上、それも営利団体である以上は組織運営のための業務を行う人員は絶対に必要になってくる。戦闘の最前線で無双する戦う人ではなく、後方でまず戦闘という仕事を行える環境を整えるホワイトカラーの悪戦苦闘を話のメインに持ってくるとは。でも、これは個人的な趣味かもしれないけれど、何の取っ掛かりもないところから仕事を作り出し、物資を確保し、作戦計画を整え、必要なものを必要なだけ必要な場所へ届けて万全の体制を整えてみせる、後方無双も滅茶苦茶燃えるタチなんですよねえ。だから、銀河英雄伝説のキャゼルヌや皇国の守護者の駒城保胤なんていう、兵站や補給のスペシャリストは大好きだったりします。
でも、本作の主人公のレイは士官学校で伝説になるほどのロジスティックスへの才能を保持しながら、どうも組織運営においてそれがどれほど重要かを認識してないっぽいんですよね。自分のやってきた仕事を卑賤なものと捉えて、前線で剣を振り回すことを望んでいるわけです。なんで彼が士官学校を放校されたのかも訳がわからないんですが、当人がこの認識と言うのもなあ。これだけ認識不足にも関わらず、正しくロジスティクスを制御し掌握し創造し構築し展開することが出来るんだろうか。
ともあれ、レイがとっ捕まり強引に加入させられることになったギルド<白い盾>は、凄まじい自転車操業を行い仕事をすればするほど収入より支出が上回る、という破綻寸前の壊滅的経営状態のギルドだったのです。恐ろしいのは、ギルドのメンバーが当のギルドマスターのマリーを含めて自分たちの置かれた状況をさっぱり理解していなかったところでしょうか。経営状態の実態を把握しているのがマリーだけとはいえ、三人のギルドメンバーも自分たちが凄まじい金食い虫であることを承知しながら、平然と浪費と言っていい経費要求を行い続けていたわけで、頭沸いてんじゃないだろうか、こいつら。
マリーはマリーで経営というものをさっぱり理解していなくて、依頼の契約の仕方から支援要員の確保の交渉のやり方まで目を覆わんばかりの酷い有様。
まあね、マリーはまずギルドというものに対する捉え方が他のギルドと根本的に異なってるんですよね。他のギルドが営利団体として利益をあげるために仕事をしているのに対して、マリーは新大陸の人々を危機から守るのが目的であって、傭兵ギルドはその手段なんですね。つまり、私財を投じて行っている慈善事業、と言っていいわけです。だから、利益は度外視だし、なるべく自分以外の関係者に便宜を図ろうとしている。負債や負担は全部自分が負うことにして。
財産らしい財産も持たないくせに、こんなもん、長く続くもんじゃありませんがな。
どれだけ慈善を志すとしても、ある程度利益を出さないと組織の維持ができず、それで組織が破綻してしまったら結局、人々を守るという目的を果たすことすらできなくなるわけで、それじゃあ何の意味もない。志だけでは飯は食えないし、飯が食えなかったら志を保つことも出来ない。その最低限の保持すらも意図せず意識せず無視して、現実から目を背けて目の前の自分の綺麗な志にばかり傾倒していった結果が、この経営破綻だったわけである。まあ経営能力や認識に欠いた人、畑違いの分野に居た人がいきなり会社や工場の最高責任者なんかに就いてしまったりすると、よくなってしまうパターンでもある。
こういうの、わからないのに自分で全部やろうとするからこうなるわけで、一番大事な基本理念と大方針を堅持して、それを実現する為のプランニングは専門家に任せればいいんですよ。
というわけで、専門家の登場である。輜重車の悪魔と呼ばれたレイ・ブラウンその人であります。
剣を振るって戦うことをを志しながら、しかしマリーの苦境を、そしてどんな苦しい場面でも決して失わない彼女のまばゆい理想を前にして、そして新大陸を見舞う災厄の襲来を前にして、ついにレイはみっともなくて毛嫌いしていた自身のその能力を解放するのである。
彼が七面六臂の大活躍をやってのけた仕事って、昨今だと「倍返しだ!」で有名な半沢直樹シリーズとか、いま放映中の下町ロケットなど池井戸潤作品でドラマなんかでも見るようになった、経理や財務部のそれなんですよね。綿密かつ説得力のあるプランニングで各所から融資を引き出し、その資金で信用を確保してさらに必要な人員と資産を獲得し、その実績を持って入札を成功させ同業者の同意と協力を取り付ける。
これまで二進も三進も行かない行き詰った展開からの、痛快な中央正面突破の事態の打開である。まあ、あくまで停滞を打破して風穴をあける展開であって、誰か悪いやつがこれで痛い目を見てざまあみろ、みたいな話ではないので、その意味でのスカッとするような気分は得られないかもしれませんが、それでもここは気分良かったなあ。

しかし、一巻としてはこの展開で見せ場はありますけれど、シリーズ化するとなるとさて、どれだけ毎回「運営職」としての見せ場を作り出しひねり出せるか。なかなかハードルは高いと思うんですよね。強い敵、困難な状況を持ってきて、それをパワーで吹っ飛ばす、或いは神算鬼謀で覆すのとは、また一味違うシチュエーションが要求されるでしょうし。でもだからこそ、次回以降の展開はちょいと期待したいところですねえ。