お疲れ様でした。今回のイベントは掘りを前提として甲クリアは最初から諦めて、最初のE1だけ甲、後は全部難易度乙でクリアしました。
保有全艦艇の8割がレベル80以上。9割が75以上と、元々全体的に満遍なくレベルあげているためか(ちなみにまだ未婚)、ルート固定に必要だった神通 浜風 雪風 三日月,皐月 川内・時雨などもレベル80オーバーだったため、編成には苦労せず。秋津洲と江風だけ60台でしたが、さほど問題にはなりませんでした。
一方、装備品の方は自分は殆ど改修作業は行ってないので、強化系武装はほとんど使用せずでしたが、これもさほど痛痒ではありませんでしたね。
E4とE5のギミックについては、今回は無視。乙ではギミックによる装甲解除がなくても強行突破できましたので。一日にプレイする時間自体が決して多くはなかったので、進捗は遅かったのですが途中で足踏みすることは殆ど無く、かなり楽に攻略は進みました。でもE5に到達した段階で既に残り一週間切っていたのは焦りましたけれど。全部クリアしたあとで、ドロップ艦の掘削作業に入るつもりでしたので。

結局、E5をクリアしたのは3日木曜日の深夜。この段階では、既に保有していた江風がドロップしたくらいであとは実質4〜6日の三日間。しかも、仕事の関係で土日などは休日ではなく、残る日にちは仕事から帰ってからのプレイになるので、もうこの段階で半ばグラーフ・ツェッペリンも嵐も諦めていました。金曜日に、保有していなかった「酒匂」が着任してくれたので、それで満足感を得た、というのもあったのですが(翌日の土曜日に再度酒匂がドロップして、なんか台無しな気持ちにさせられましたけれど)。
今回のイベントの当初の目標として、以前のイベントで過失から喪ってしまったプリンツ・オイゲンを再度ゲットするのだ、と意気込んでいたのですが、これについてはE4の攻略段階でボス突入水上艦隊が休んでいるタイミングでMポイントに機動部隊をツッコませて見ていたのですが、攻略終了と同時にほぼスッパリと諦め、狙いとE5ボスとE4ボス、嵐とグラーフ・ツェッペリンに絞って堀を開始しました。
とはいえ、他の作業をこなしながら、ということもあり、E4E5攻略艦隊は疲労抜きと支援艦隊のキラ付などに時間が取られ、どちらも一日に2〜5回程度しか挑戦できず、音に聞こえてくる百周超えでドロップしないという阿鼻叫喚の悲鳴の数々に、最初から出たら御の字、くらいの気持ちで挑んでいたんですね。案の定、それぞれ15〜20周程度ではやはりドロップせずに日曜の深夜を迎えた次第です。
ここで、トラック方面でのトラブルによりイベントの一日延長の報が飛び込んできていましたが、まあ一日伸びたくらいではどうにもならんね、と思いながらも延長された貴重な24時間で最後の足掻きをしてみよう、と挑んだラストのおよそ15周が、まさにビッグウェーブ。ゴールドラッシュさながらのえらいことになったのでした。

もう早朝に差し掛かっている午前四時前。風呂上がって寝る前に一周だけ、と思って挑んだE4でグラーフ・ツェッペリンが着任。思わず深夜にガッツポーズ。
いやもうこれで本当に、このイベントはグラ子が出てくれた時点で大満足だったんですよね。報酬艦以外は手に入らないつもりでいましたから。
ただ、これはもしかして最終日に良い流れ来てるんじゃないか、という感触を感じまして、仕事から帰っての月曜深夜。最後の粘り、とばかりにE5に挑んだんですが、これがもう本当に、5週目で「嵐」がドロップ。私、呆然。え? マジ? と呆け気味。さすがに、これだけ立て続けにグラ子と嵐が来るとか思わないですもの。
呆気に取られながらも、じわじわと湧き上がってくる嬉しさにニマニマしながら時計をみれば、就寝予定時間まで、まだ2,3周はトライ出来そう。完全に浮かれたわたくし、そのまま楽にボスまで行けそうなE1で、風雲でも狙ってやるぜー。と、しばらく放置していた輸送作戦艦隊を再編成してE1突入。
うん、もう本気でオマケのつもりでした。マジで出るなんて思ってなかったです。まさか、その一周目で風雲ドロップするとか、思いませんがな。

しばらく固まった後、完全に欲望に血走った目でE4Mマス、プリンツ・オイゲン狙いに走る私。深夜二時過ぎ。これはドロップ率マジで上昇してるんじゃないだろうか、と思って本気で粘りに掛かったのですが……。
三回連続でMマスの水雷艇に邪魔され、A勝利。航空支援、航空支援だ! と支援艦隊の編成変えて挑んだら、支援艦隊がMマス行くまでに力尽きて、肝心のMマスでは現れず。
元々、Mマス攻撃では機動艦隊を選択していたのですが、かなりS勝利率低かったんですよね。水雷艇に攻撃を吸収されてしまい、泊地水鬼に攻撃が行かなくて。
これはそもそも、水上艦隊の方がいいんじゃないだろうか、と編成を見直して実際手応えがあり連続でS勝利出来たものの、連続で那珂ちゃん登場で心も折れ、時間もさすがに寝ないと明日が辛い時間帯だったので、ここで就寝。

翌朝、今朝ですね。出勤前に、最後のラス一のつもりで挑んだ午前7時。まさに、奇跡の最終日の最後を飾るに相応しい、My Fair Ladyの帰還でありました。
おかえり、おかえりなさい、プリンツ・オイゲン。もう二度と、離さない。


結局、このイベントではこれまで未着任だった酒匂、風雲。一度喪失してしまっていたプリンツ・オイゲン。報酬艦の鹿島、萩風。そして、ドロップ艦であるグラーフ・ツェッペリン、嵐と全7艦の新艦艇をゲットしました。これはもう、十分以上の大戦果でしょう。特に、残り32時間を切ってからの、怒涛のドロップラッシュは金鉱でも掘り当てたのか、と自分でも正気を疑うほどの勢いでのドロップ率で、もしかして自分はここで運とか使い果たしてしまってるんだろうか。マジ怖いんですけどw

今回に限らず、掘りによるドロップはローマなどを思い返しても、せいぜい20〜30周くらいまでにゲットできてるんですよね。同じエリアにあまり連続で挑まず、演習や1−1でのキラ付、他のイベントエリアをローテーションで回るようなやり方をやってるんですが、こういう仕切り直しって案外重要なのかも、と思ったり。

さあ、イベント終了後の余韻を楽しむべー。