魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉(13) (MF文庫J)

【魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 13】 川口士/片桐雛太 MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W

大軍と共に出現したタラード=グラムを説き伏せ、その助力によりザクスタン軍を撃退した、ティグルたち月光の騎士軍。しかし、王都への帰還の途上をグレアストの軍に襲撃され、満身創痍のティグルたちは壊滅の憂き目に。指揮官であるティグルとエレンは混乱のなか行方不明となる。エレンはグレアストに捕らえられ、彼女への異常な執着に晒されてしまう。マスハスやリムアリーシャが対策を練る一方、単身で動き出したティグルの元には、予測しうる限りで最悪の敵が迫り、同時に、最高の助っ人が駆けつけようとしていた―大ヒット最強美少女ファンタジー戦記、緊迫の第13弾!
月光の騎士軍の敗走に伴いティグルとエレン、二人共が行方不明という衝撃的な結末で終わった前巻。この間行方不明になって記憶喪失になってたティグルですから、え!?また行方不明!? とさすがにこれには違和感があったのですけれど、なるほどそういう展開だったのか。まさに、お膳立てとしてはこれ以上ないシチュエーションなのだけれど、ティグルのメンタルがあれほどマッハに削れていくのは意外でもあったのだけれど、それだけ必死さが伝わってきたのは読者としても手に汗握る迫真性だったんじゃないだろうか。何だかんだと追いつめられても生来の大らかさからか若干鈍いところがあるのか、ティグルって常にどこか余裕というか慌てない動じない部分が残っていたのだけれど、今回に関してはそういうの全部ゴリゴリと削り落ちて凄惨と言っていいくらいになってましたからね。
それだけ、エレンの危機に対して冷静で居られない、というティグルの精神状態がよく伝わってきたのですけれど、叩けば治るところがこの男の良い所で。
こういうシチュエーションで、ティグル一人の力で打開させないのは、らしいというかなんというか。一部始終を目の前で見せつけられることになった、どころか全力で手助けすることになってしまったミラとしてはいい面の皮、なんだろうけれど、ここでこの場に居て全部知ってしまったのがミラだった、というのは重要ですよ。他の誰でもない、ミラが選ばれたという事でもありますからね。この負けず嫌いの娘さんがこれだけメタメタにやられてしまってすごすごと引っ込むはずがありませんもんね。むしろ、闘志を燃やすのがミラの真骨頂でしょう。目の前の現実と自分の醜くも情けない心の動きに随分と凹まされたみたいですけれど、事実を知ってまず「その手があったか」とか思ってる時点で色々とアレですし。
ある意味、徹底的に追い詰められた、とも言えますし、こっからはミラさんなりふり構わない気すらします。
一方でティグルですけれど、こっちはこっちで自分から形振り構わないと言ってるようなものな宣言しちゃってますからね。恐ろしい。このティグルくんが、受動的ではなく能動的に「絶対に何とかする」とか言っちゃったんですよ。絶対になんとかしてしまうに決まってるじゃないですか。今のところ、解が見えていないだけにどこに進んでいけばわかりませんから走りだしていませんけれど、もし解さえ出ればそれがどんなモノだろうとティグルだと、もう気にせず進みだす気がするんですよね。この男、一度決めたらどんな大胆な内容でもとんでもない代物でも、躊躇わんからなあ。基本的に、促してもなかなか動き出さない鈍いのんびりとした青年なのだけれど、それだけにこうと決めた時の揺るがなさは……。
ある意味、これまで故郷アルサスの安定以外何も望んでこなかった男が、初めて欲したわけだ。能動的に手に入れようと動き出したわけだ。これは、えらいことになりますよー。
味方のメンツ見渡すと、「じゃあこうしたらいいんじゃないですかねー」と耳元で囁いてちゃっかりその代価に枠内に入っちゃいそうな女性がいるだけに、ティグルが本格的に動き出すのもそう遠くないような気もします。

いずれにしても、そうなるとヴァレンティナは対立軸の向こう側に行きそうなんだけれど、この娘さんはふらふらと暗躍しすぎてて、ちょっと敵役としては腰が据わってない感じなんだよなあ。信用も信頼も出来ない人物としてティグルサイドでは評価は定まっているけれど、ティグルがそんなに彼女に対して悪印象を抱いていないのがちょっと気になる。
動乱の黒幕として動いていたガヌロンも、ちょっと孤立しがちだしイマイチ受動権を握れているとは思えない部分があるので、どうなんだろう。魔物側はある程度自分たちが立てたスケジュール通り状況を動かせているみたいだけれど、それでも想定外の部分は多いみたいだし。
実のところ、こうして敵側の思惑が一つにまとまっておらず、各自が勝手に動き回り暗躍している状況というのは、誰もイニシアティブを握れていないという点で次に何が起こるのか誰にもわからないので、混沌として話としては面白いんですよねえ。脚の引っ張り合いで物事が中途半端になってしまうのならともかく、ムネジオルの侵攻で今、もうわやくちゃなことになっててまさに激動という有様になってますし。
此処に至ってまだ真意が見えないプレイヤーが、ジスタート王というのが気になるところでもあるんですよね。何を考え、どのように動いているのか。それがわからないうちは、もしかして彼が主導権を握っているのでは、という疑いが拭いきれませんし。ティグルの最終目的からしても、ジスタート王の存在は無視できないものですし。
さあ、いずれにしてもティグルの英雄譚としては、もしかしたら彼がやる気になったここが本当の、或いは最後のスタートかもしれない。面白くなってきた。

シリーズ感想