この素晴らしい世界に祝福を! (8) アクシズ教団VSエリス教団 (角川スニーカー文庫)

【この素晴らしい世界に祝福を! 8.アクシズ教団VSエリス教団】 暁なつめ/三嶋くろね 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle B☆W

突然“アクア祭り”をやると宣言され、しぶしぶ協力することになったカズマだったが、巻き添えでなんとクリスまで祭りを手伝わされるハメになってしまう。そんなクリスは、神器の回収のためにカズマと屋敷に盗みに入るが、そこにいたのは“しゃべる鎧”で―。2つの祭りに、謎の鎧に、振り回されまくるカズマ。街中を巻き込んだ大騒動が始まる!
いやあ、笑った笑った面白かった。今回は息抜き回のお祭り回だったそうだけれど、こうやってグダグダ騒いでいるのが一番面白いんじゃないだろうか。アニメ化にあたって作品の宣伝文句も異世界生活に必要なのは大冒険じゃない! と言い切ってるわけですし。
いやでもマジにこれシリーズで一番おもしろかったですよ。前巻の7巻のダクネス結婚回から手応えは感じていたのですけれど、往時の、ウェブ連載時の最盛期のギャグのテンポと切れ味が戻ってきてるんじゃないでしょうか、これ。特に掛け合い部分のレスポンスが素晴らしいのなんの。カズマの悪ノリ具合は書籍化以来随分とスポイルされてて、彼のクズマとしてのキャラ自体薄めになってしまっていたんですけれど、最近ようやく元のあのたちの悪さが戻ってきてくれた感があるんですよね。今回も、アクアに無理やり巻き込まれて、という体で事態に首を突っ込んだものの、あとは殆どこいつが全部黒幕で祭り引っ掻き回してしっちゃかめっちゃかにしてやがりましたからねえ。しかも、懐に入れるものはちゃんと頂いて。この男、毎回身銭を切って色々となげうってるわりには、最後の収支計算は概ね黒字にしているのが侮れないです。ギャグ系の常として、大儲けしたあとは大失敗して財布スッカラカンになってしまうオチが多いんですけれど、カズマは金の亡者的な部分があるのに、カネの使いドコロは間違えないからなあ。
と、そのアコギというかフィクサー的な所業も然ることながら、そうレスポンスの話だ。他のキャラとの掛け合い、やり取りの応酬がまさに打てば響くと言った感じで、リズムテンポといい思わず笑ってしまうセリフの言葉選び、間合いがもうキレキレなんですよ。これは冒頭の、クリスの正体がついにバレる場面から顕著に現れていて……。会話の主導権を握ろうとするエリス様にいきなり初対面でパンツ盗ってごめんなさい、と言葉ヅラでは真摯に謝罪しながら、実質速攻で女神様をいじり倒そうとしているカズマのクズっぷりが如実にあらわれてて、うん、もう完全にカズマに弄ばれてしまうエリス様、最高に可愛いですw
ダクネス弄りも最高にノリノリに決まっていましたし、逆に小悪魔化が顕著になってきためぐみんに翻弄され、とヒロイン衆とのやり取りは本当に楽しかった。
遅れてきた真・ヒロインのエリス様はマジで可愛いっすねえ(しみじみ
もうあかんやろう、というレベルの残念女子ばかりのヒロイン衆の中で、ややポンコツ気味なところはあるものの、健気で献身的でイジられやすいエリス様の可愛さはやはり群を抜いています。さすがは女神。本物の女神様、世界最大宗派のエリス教のご本尊!! カズマ的にもエリス様は癒し系なんですよねえ、他の娘たちみたいにひどい目に合わされないし。だからと言って、こいつがエリス様に対してひどい目に合わせてる節がありますが。この主人公、ヒロイン相手だろうと振り回された分、やられた分以上にかなり盛大にやり返す、仕返しする野郎ですけれど、何もされなくても弄れると見たら、徹底的に弄りにかかりますよね……ドSだよなあ。でも、肝心の時はヘタレのくせにエリス様相手には緊張もせず口説きに掛かってるのはなんでだろう。ヘタレというか、雰囲気に弱いタイプなのでエリス様相手だと完全に主導権握ってるからあれだけ余裕で振る舞えるのか。エリス様、初心で受け身だからなあ。あれで、エリス様がちょっとでも攻めっけ見せたら、途端へたれるぜw でも、エリス様が本気になると、本気で誰も叶わなくなる可能性があるので、今のところはまだアワアワしててくれた方がいいのかも。
ただ、ダクネスもバツイチになって、天然なエロさに意図したエロさが加わってきたせいか、かなりエロエロで押してくるところが見えてきたし、何よりめぐみんですよ。何故か書籍化にあたってロリ化して女の子としての色気を喪ってしまっていた彼女ですけれど、最近とみに小悪魔化が進行してきて、言動にいちいち艶めいたものが混じることが多くなってきて、ドキッとさせられることしばしば。そう、めぐみんはこれなんですよ。あからさまにエロいダクネスに対して、めぐみんはさりげない仕草やセリフで魔性めいた雰囲気を見せて心臓を鷲掴みにする秘めたエロさが魅力だったんだよ。まさに往時のめぐみんのヒロインとしてのパワーが戻ってきた感じで、テンションあがってます。ラストも、実に男を勘違いさせてくれる、或いは本気の、ドキドキさせてくれるシーンでぶった切ってくれましたから、次回が実に楽しみ。
アクア様? うんうん、平常運転平常運転。元気元気。

 シリーズ感想