東京レイヴンズ (14) EMPEROR.ADVENT (ファンタジア文庫)

【東京レイヴンズ 14.EMPEROR.ADVENT】 あざの耕平/すみ兵 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle B☆W

『天胄地府祭』―東京の霊相を一変させる大規模霊災テロの決行日まで、あと3日。夏目たちは神降ろしを阻止しようと、あらゆる手を尽くして奔走。その一手は『十二神将』の間にも波紋を広げていく。一方、暗躍する大友、牙を研いでいた鏡らも、決戦の舞台にあがる準備を進めていた。そして訪れる、上巳の日。星々が、呪術の粋を尽くして激突する中、黒き鴉の羽を纏った春虎もまた、決戦の地に舞い降りる。夏目を守る―彼女の式神として。その強き想いを胸に。時を超える陰×陽ファンタジー、いま交錯する願いが東京の夜を震わせ、時の輪を廻し始める―。
最初から最後までクライマックス! クライマックス! 読み終わった時、ひたすら「ほわーーっ! ほわーーっ! ほわーーっ!」と奇声を上げ続けざるを得なかったこの衝撃!
あかん、やばい、さすがや。この最後の堰を切ったあとの怒涛の展開の凄まじさにかけては、あざの耕平さんを超える人をまだ見たことがない。【Dクラッカーズ】しかり、【BBB】しかり。ノンストップでノーブレーキで登場人物全員が、敵も味方もあらゆる立場の人が怒涛のように押し寄せてくる激動の中で全力で抗い出す、走りだす、戦いだすのである。その一人ひとりの痛みを伴う決意を、覚悟を、必死さを、余すことなく描き出すのだ。もう、圧倒されるしか無い。
霊災テロの決行日まで、あと3日。小暮を失ったことでほぼ打つ手をなくしてしまった夏目たちが選んだ、賭けに等しい一か八かの勝ち筋。ここからの大逆転劇がもうね、もうね……ッ。
うわぁぁぁ。
これもDクラやBBBでも同様だったんだけれど、戦うべき世界を自己完結させて狭めないんですよね。世論に訴える、情報戦というのを殊の外大事にしている。
映像が、言葉が伝える情報が、公に掲げられた真実が爆弾となって炸裂する。
世界の存亡を賭けての戦いだからこそ、何が正しいのか、どんな世界を選ぶのか、というのをメインの登場人物たちだけではなく、世間に訴え問いかけることを辞めないんですよね。いやまさか、ここまで劇的に逃亡者で指名手配犯だった夏目たちと、陰陽庁の長官であり権力側だった倉橋たちとの力関係がひっくり返されることになるとは思いませんでした。
キーパーソンは、何の力も持たない術者でもないただ一人の女性記者。
まさに激動のラストデイズ。
もう何度も激動という言葉を使ってしまってますけれど、正直何度繰り返し使っても足りないくらい。
真実へといち早く辿り着いた十二神将たちの選択も、それぞれがまた重く痛い。弓削の麻里ちゃんの動点も然ることながら、山城くんの決断もどれだけ苦しいものだったか。そんな若者二人の苦悩を見守る三善さんがねえ……今まで見せていたそっけなさというか、あんまり他人を眼中に入れてなさそうな態度とは裏腹の、年上の大人の包容力みたいなものを今回はずっと醸し出していて、正直惚れ惚れしました。かなり瀬戸際の危うい橋を、不安定な若者たちと連れて渡ることになったにも関わらず、この人が居てくれるだけで大丈夫、という安心感がずっとありましたからねえ。
一方で宮地さんである。この人はこの人で、不安定で曖昧な位置に居ながらそこで安定してしまってるんですよねえ。すごく中途半端なところでフラフラしているにも関わらず、あまりに芯が据わっちゃってるのでその中途半端な位置で定まってしまった、というべきか。だからこそ、麻里ちゃんにああやって親身になって厳しく自分と違った道へと正して戻してあげられたんだろうけれど、ほんと酷いおっさんだよなあ。
これまで、本当は何を考えているのかわかりにくかった黒幕の一人である倉橋長官にも、すべてではないけれどその内面を描きつつスポットがあたることに。この人も、野心や欲望によるものではない宿命に準じた覚悟にもとづいて動いてるんだよなあ。それは、親愛の情を心の棚に区切って収めなければ成し遂げられないものではあるものの、愛情とか友情を喪ってしまったわけじゃないですよね。ちゃんと持ち続けているからこそ、ツライ。
倉橋長官、京子が星読みとして目覚めていること、知らなかったんですよね……。
知らなかったこの月日が父娘の断絶の深さを思い知らされると同時に、その事実を知った時に長官が抱いたあの胸がいっぱいになるような誇らしさ、寂しさはこれ以上なく父親としての情であって……彼の多軌子への接し方も含めて、この人の不器用さにはどうにも胸が切なくなります。
他にも、鏡といい大友先生といい、冬児といい、もう言葉を尽くしがたい思いで全力を振り絞ってるんですよね。皆が、死力を振り絞っている。

その果てが、これか……。

まだ山の頂上にたどり着いていないのか。
その前に、あまりにも衝撃的な真実が激突してきて、意識が飛びましたよ。真っ白だ。
そういうことだったのか!!

このシリーズはじまった当初、自分はある人の正体についてわりと自信を持って予想を立てたのですが、それは見事に大外れで、むしろどうしてそのキャラが件の人物の正体であると考えなかったのか不思議なくらい自明の配置で、意識の死角というものに唸ったものでしたけれど……。
ある意味、あの時の予想は正鵠を得ていたのか。
この事実は、同時に夜光の記憶が戻ったあとの春虎の状態。二人の違う人間の人格の統合がどういう形でなされているのか、という疑問にも答えが導き出される展開なんですよね。
これまで、春虎と過去の偉大な陰陽師である夜光とは違う人間なんだ、という意識がずっと付きまとっていったのだけれど……そうか、そういう事だったのか。
何もかもが繋がって、一貫していて、たったひとつの願いのもとに連なっていたのか。土御門夜光が、何をしようとしたのか。今までまったく不明だった真実に至る欠片を、ようやく掴んだ気がする。
うわーー、これはもう。このシリーズ自体、最初からそのテーマが何一つブレてないんじゃないか、これ。
すごいわー、凄すぎるわー。
次回は、核心へとたどり着く過去編へ。これをやらないと、何も始まらないし、どこにも繋がらないものね。
ああ、早く読みたい。興奮、未だ冷めやらず。

シリーズ感想