0能者ミナト (9) (メディアワークス文庫)

【0能者ミナト 9】 葉山透/kyo メディアワークス文庫

Amazon
Kindle B☆W
怪異を知る者でもにわかには信じがたい、神話上の存在。だが、それはいた。
身長2000メートル、超弩級の怪異。ダイダラボッチの出現は終末すら予感させるものだった。そのひと足で町が壊滅する。天災級の怪異に、公安調査庁、防衛省も動く事態に発展する。
防衛省幹部、幕僚らが居並ぶ席に、ラフな服装の青年がひとり。場違いな雰囲気をこれ見よがしに発散する湊である。人知が及ばぬ無敵のダイダラボッチに対し、湊は驚くべき作戦を提案する。それは神話を現代物理学で解明する、神への挑戦とも言えるものだった。
うほー、これはすげえ。ゴジラですら目じゃないじゃないですか。最大でも100メートルを超えるくらいのゴジラに対して、2000メートルですよ。富士山の中腹まで届くような巨身。大概の山なら山頂まで手を伸ばせば届くような。想像がつかん! でも、神話の描写を忠実に現実化するなら、このくらいになってしまうのか。神話パねえ!
と、普通ならこんなとんでもない存在を相手にする話となったら、怪獣特撮モノかモンスターバスターの話になってしまうと思うのですけれど、本シリーズの一貫して凄いところはこんなダイダラボッチみたいな相手ですら、ちゃんと怪異譚として、あくまで怪異を討滅する話になってるんですよね。現代物理学を駆使して怪異を討伐するくせに、怪異を決して現実的な生命としてのモンスターに引きずり降ろさない。怪異は怪異として、現代物理学のロジックで消し去るのである。これって難しい事だとは思ってたんですけれど、こんなダイダラボッチみたいな事例ですら、それを堅持してみせてくれたのには心から感心させられました。いやでも、実際にこれを倒した時の方法やダイダラボッチの解明された正体を考えると、むしろSF寄りにもなるのか?
面白いのは2000メートル級の大巨人が出現しながら、その巨体がもたらす目撃情報や被害が確定しないところなんですよね。これだけ見逃しようのない巨身でありながら、最初はそんなものが存在するのか、という段階から疑われ、パニックが広がっていくまでに若干の間があるわけです。これは、ダイダラボッチの存在ルールに関わる問題なのですけれど、ダイダラボッチ編が怪獣特撮モノになってしまわないロジックとしても、非常に巧妙に考えてあるんだよなあ。
いやしかし、このスケール感は凄いよなあ。2000メートルって、実在するとこんな風になるのか。

最近、話の展開上沙耶に対して厳しい試練が課せられるんですよねえ。湊も、あれでお子様二人を結構大事に……はしていないか、それでも雑には扱ってない……かなあ。甘やかさないという意味では優しく厳しいもんなあ……いや、全然そんな風には見えないけど。本当に見えないけれど。
箱入り娘だった沙耶や、ちやほやされて育ったユウキが色んな意味でたくましくなってきたのは、湊のおかげであるんだろうけれど、どうしても認めがたいですよねえ、うんうん。
湊のおかげでキャラ的に壊れちゃった人もいますし。理沙子とか、理沙子とか、理沙子とか。
あれだけひどい目にあわされておきながら、仲間はずれにされると拗ねるってこの人もたいがい面倒くさいというか、明らかに姪っ子の沙耶よりも精神年齢幼いですよねえ。その分、からかうと面白すぎるだけに、湊が会う度に弄り倒す気持ちもわからなくはない。孝元さんが、いつも何だかんだと一部始終を見物して堪能しているのもわからなくはないw

シリーズ感想