魔剣の軍師と虹の兵団(アルクス・レギオン) (4) (MF文庫J)

【魔剣の軍師と虹の兵団(アルクス・レギオン) 4】 壱日千次/おりょう MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W
ホルムの簒奪王アレクサンドルを撃退し、「魔剣の軍師」ジュリオと英傑たちは、カラーラ半島に平和をもたらした。束の間の休息を満喫しつつも、ジュリオは魔剣ルーナにまつわる秘密を探るために故郷の村へ向かう。一方で、教皇ガブリエレ率いるサーヴァイン教皇国には行方不明となったアレクサンドル、さらには教皇と結託した聖剣フォルトゥーナとその使い手ファウスタらが集結。聖剣の御旗の下に「虹の帝国」の復活を宣言し、大陸支配に乗り出す。圧倒的な暴力で周辺国を呑みこむ未曾有の脅威を目前に、ジュリオとアウトな仲間たちは、存亡を懸けた史上最大の戦いに挑む。全戦記業界が唖然とするおバカ系フアンタジー戦記、秘密と決戦が交錯する第4弾!

この巻で完結というのは予定通りだったんだろうか。結構、巻いて急いだような雰囲気もあるんだけれど、それでも聖剣と魔剣、ルーナの出自からジュリオたちの村にまつわる歴史まできっちり話をまとめていたのはお見事。それでも、半島を飛び出しての大陸規模の戦記ストーリーはじっくり見てみたかった、というのが正直なところなのですけれどね。それでも、巻いて巻いてとなったらギャグなんか挟んでいる暇ねえ、となりそうなところを、急がないといけないから、急いでお馬鹿をやり尽くそう、とばかりになんかこれまでよりもより一層変態性の露呈する頻度が増していたようなきがするのですけれど、どうしようもないなあ、この人たち!
実のところ、客観的に見ると登場人物の一人ひとりが抱えている事情って、かなりダークというか重たい鬱々となるようなものが多いんですよね。極めつけの、フォルトゥーナとルーナの親子関係なんて、ドロドロにまみれて拗れていますし。ギャグと変態性を排すると、相当ヘヴィーな戦記モノになる要素は満載だったんですよねえ。それを、この愉快なノリで眩してマイルドにしつつ、当該の問題については避けることなくわりと直球で向かい合っているのは、ギャグに逃げてないという意味でかなり腰をどっしり据えていたんじゃないでしょうか。
一方で、ルーナを見舞った絶望を晴らす要因が、まさかこれまで完全にネタとして扱われ続けていたトリスタンのあれになるとは……。
いや、個人的にはこの人の一途な愛情には、どれだけ変態性が混じっていても応援したい気持ちはあったので、この展開は個人的には大喜びですよ!
てか、トリスタンのあれは別にロリコンじゃないと思うんですよね。幼児に見境なく欲情しているわけではなく、あくまで娘のルーナ一人に対して興奮しているだけなのですから。これが実の娘、というのなら非常にヤバイですけれど、血のつながりはないわけですしね。いやでも、まだ幼い娘さんにあれだけガチに興奮している時点で人間としてアウトなんですけれど、プラトニック! プラトニックですから! そのプラトニックを最後まで貫き通したからこその、あの戦場の奇跡だったのですから。
感動した! いやマジで。感動した!!
ルーナの方はさっぱり脈なし、というよりも完全にお父さんとして見ている様子だったので、これはトリスタンは娘の幸せを願って身を引くパターンかなあ、と思っていただけに、奇跡の展開でしたなあ。

最終回の主役は、ほぼルーナとトリスタンが持って行ったような感もありますけれど、その分ジュリオたちの方はちょいとなし崩しになっちゃったかなあ。もっと、ラン女王にはヤンデレを極めて欲しかった。この軍師、浮気しすぎですし。せめて、宦官と姉ちゃんだけにおさめておきなさいよ(苦笑

振り返ってみると、むしろ敵サイドよりも味方サイドの方が性癖的に闇堕ちしたHENTAIばかり、というヤバゲな一団で、一部の良識人枠の人たちに一手にストレスが押し寄せているようなところでしたけれど、この愉快なノリはほんと楽しくて、笑えました。やっぱり、ギャグのセンスという意味ではこの作者さん、前作から図抜けてるところがあるなあ。
次回作も是非期待したいです、そして長期シリーズ化を、と願うばかり。あー、面白かった。

シリーズ感想