アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 (ファンタジア文庫)

【アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女】 天城ケイ/ニノモトニノ 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle B☆W

マナという能力を持つ貴族が、人類を守る責務を負う世界。能力者の養成校に通う貴族でありながら、マナを持たない特異な少女メリダ=アンジェル。彼女の才能を見出すため、家庭教師としてクーファ=ヴァンピールが派遣される。『彼女に才なき場合、暗殺する』という任務を背負い―。能力が全ての社会、報われぬ努力を続けるメリダに、クーファは残酷な決断を下そうとするのだが…。「オレに命を預けてみませんか」暗殺者でもなく教師でもない、暗殺教師の矜持にかけて、少女の価値を世界に示せ!第28回ファンタジア大賞“大賞”受賞作。
うんうん、これは良いよ。新人作品としては花マルを送りたい面白さだった。
メリダ本人は知らないことだけれど、クーファはこれ、自分の命運を彼女に全額ベットしちゃってるんですよね。言わば、一蓮托生の運命。ぶっちゃけ、彼がメリダにそこまで傾倒してしまう「理由」がかなり弱いんですよね。瑕疵といえばそれが瑕疵。出会って一日で彼女の人となりをちゃんと実感するまでの積み重ねとしては、エピソードも僅かしかなくてその僅かな中に一撃必倒の威力はなかったんで、決して情に負けて任務を遂行できないタイプとは思えないクーヴァが、筋を曲げるどころか自分の立場どころか命すら賭けるカタチで偽装工作をして、彼女の運命をひっくり返してしまう、というのはもう少し上手いこと理由付けは出来なかったもんかなあ、と思ったところでした。
ただ、クーファがメリダの秘密を守った上で彼女を誰からも認められる実力者に育て上げなければ、彼女も自分も彼も身の破滅、という大前提が整うことで、この前提を土台にすることで物語は俄然躍進していくのである。この大前提があってこそ、クーファやメリダのメインとなる二人のキャラクターの描き方に芯が通ることにもつながってるんですよね。

外面は礼儀正しい落ち着いた紳士然とした青年で、少し打ち解けるとけっこう鬼畜な所業の目立つクールで容赦のないスパルタ教師……という風な主人公のクーファなんですけれど、その内面描写はというと意外なことに何気に熱血な部分が多くメリダに対して過保護なくらいに肩入れしちゃって落ち着きに欠けるところが見受けられるんですね。
いざとなれば、冷徹に徹することの出来る暗殺者としての側面と、歳相応の若さゆえの余裕の無さが相俟っているのである。でも、そんなお嬢様に傾倒しすぎて夢中になってしまっている熱量の高さにこそ、人間味や愛嬌みたいなものがあって、それが彼を主人公として非常に魅力的にしているのである。
ヒロインのメリダともども、ついつい感情移入してしまいたくなる「可愛らしさ」があるんですよね。
メリダもまた逸材で、幼い頃から能力が発言せず虐げられてきた、という境遇設定は人格形成に大きな影響を与えるものなんですけれど、彼女もまた素直で真っ直ぐな性格の奥底に、凄まじい渇望を抱え込んでいる。
この「飢え」や「渇き」という欲求は、ともすれば歪みや破綻へと繋がりかねないファクターなのだけれど、同時にその人物の強い原動力となり得るもので、その焼べる燃料の種類さえ真っ当なら、極めて真っ直ぐで純粋な存在感となり得るんですよね。
その点において、メリダは実に理想的な渇望の還元が行われてるんですよね。清廉な心根でありながら、理不尽に対して「やりかえしてやる!」という負けん気があり、何よりどれほど絶望的な局面に置かれても諦めない、地べたにはいずってもどんな手段に訴えてでも屈さない、意地汚いまでの「不屈」さがある。
生きるためにギラギラと生気を漲らせている、ただ綺麗なだけじゃない、泥まみれでもボロボロの姿になっても塗りつぶせない「輝き」がある。カッコいい娘さんなんですよね。
こういう存在感のあるヒロインは、強いですよ。まして、まだ13歳のお子様だとすれば尚更に。
育てがいがあり、守りがいがあり、場合によっては「殺し甲斐」のあるヒロインがメイン、というのは作品として強い強度が得られるんですよねえ。
闇に閉ざされた世界観と、人類に取り残された最後の都市国家。人間を脅かす「外敵」の存在。メリダを取り巻く貴族階級の薄ら寒い政治模様。と、物語を構成する枠組みもしっかり固めてきているのも好印象。
さらに、メインキャラの周りを固める、従姉妹のエリーゼとメリダの関係や、平民出身のエリーゼの家庭教師となった ロゼッティの明るいキャラと裏腹の戸惑いと孤独感など、サブキャラの描き方も先々を見据えてうまいこと配置と掘り下げを行ってるんですよね。
こういう土台と柱をしっかり構築している作品は、伸びしろが大きいのが経験則。現段階でとても面白かったけれど、むしろシリーズ化してこそより上下左右に伸び伸びと大きくなっていくタイプなんですよね。それに、作者の筆がついていけるかがまずはハードルなのだけれど、大賞作品とはまさにこういう現段階だけでなく、先にこそ期待をふくらませることの出来る作品にあげてこそ、なんだ、と思う次第。
実に良い「ワクワク」をもたらしてくれる作品でした。
面白かった!!