リーングラードの学び舎より 3 (オーバーラップ文庫)

【リーングラードの学び舎より 3】 いえこけい/天之有 オーバーラップ文庫

Amazon
Kindle B☆W
「教師らしく帝国相手に教鞭を振るってきます。全力で物理的な方向に」
前代未聞の計画「義務教育」を進めるリーングラード学園では今日もトラブルが続いていた。
資金不足、外部からの妨害、生徒たちの思わぬ行動などに振り回される教師ヨシュアンだったが、忍び込んでいた密偵の殺害という事件が起こり、学園を不穏な空気が包んでいた。
元凶の排除に動いていたヨシュアンだったが、解決の前に生徒の一人、マッフルが、学園外部からの策略に巻き込まれてしまう。
マッフルを救うため、王国最強の術式師【輝く青銅】がその真価を発揮する!
新米教師と生徒たちが紡ぐ異世界の学園物語、三時間目は隣国に殴りこみ! ?
ああ、これ表紙の女剣士はオルナで良かったのか。わりと真面目に誰だろうなあ、と悩んでしまった。なにしろ、表紙に該当するキャラがなかなか出てこないものですから。2巻では外伝の主人公も担ってましたし、わざわざ表紙を飾るくらいだから重要人物というかヒロイン枠? なのかもしれませんけれど、話に絡んできませんねえ。
帝国に乗り込むことでようやく接点が生まれた、というところですし。
しかし、ヨシュアンも大見得きって帝国に単身乗り込んだわりに、えらい苦戦してるじゃないですか。タクティクスブロンドの恐ろしさを思い出させてあげましょう、みたいな事を言ってたわりにあれだけ絶体絶命に陥ってしまうのは、あんまり格好良くないですよ、先生!?
自信があるから単騎独行なんて無茶をしたのかと思ったのに、あれだけギリギリだと無謀もイイトコロだったじゃないですか。よっぽど頭に血が上っていたんでしょうか。結構、短気だしなあ、この先生。
目論見が甘い、という側面は教育の方でも今回目についたところで。教育を与える、ということは力を与えることそのものだということを、この人はちゃんと認識できていなかったのか、覚悟出来ていなかったのか。頭ではわかっていても、それが実際ナニをもたらすのかを実感できていなかったのか。
戦時の経験から凄まじい人間不信と戦いに関連するもの全てに嫌悪を通り越した憎悪を抱いている先生ですけれど、危険なもの戦いに通じるものすべてから遠ざけようとするなら、それこそ無知でなにも出来ない状態に閉じ込めるしかないんですよね。それは、すべての人に平等に教育を与えようという義務教育計画とは真反対の考えであり、人間をなにも出来ない家畜に陥れる所業なんですよね。
もちろん、それを理解できるからこそ、先生は自分の抱いていた傲慢さにダメージを食らってしまうのですが。
過激さは、中庸を遠ざける。教師として、生徒が間違った道に進むのは止めなければならないけれど、自分が正しいと思って進めてきた道が、思わぬところで自分が憎んですら居た道と交わっていることに気づいた時の混乱、動揺の果てに、自分がひどく一面的に物事を見ていたことを自覚する。
自分の生き様を見つめなおす機会をこんな風に与えられる、というのも人に教える側の特権なのかもしれません。まあ、自分の価値観を押し付けるだけで疑いもしない人の方が大半なのですけれど。
当事者の生徒からすると、先生から教えられたことを忠実に考え方の中枢に置いて頑張っただけなんですよね。でも、見えた景色は先生と生徒の間では全然違う。それは、これまで経験してきた時間の違いとも言えるんだけれど、この教育の現場は苦労しながらその差異のすり合わせをやろうとしているところが、健全で好ましいと思うんですよね。
それこそが、一番の革新なのかもしれないけれど。
教育の内容ではなく、教育のやり方こそが要である義務教育計画。それを、わんさかと集まってきている密偵たちが、どこまで理解できるのか。これ、傍から探っているだけじゃあなかなか実感の伴わないものでしょうし。
だからこそ、考えなしに藪をつついて蛇を出すバカも出てきてしまうのでしょうけれど。
でも、突かれてヤブから出てきた蛇の方も、わりと考えなしだった気もするので、トントンなのかしら、これ。

シリーズ感想