結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの? (4) (MF文庫J)

【結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの? 4】 伊達康/そりむらようじ MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W

人々が竜人の支配に怯える大陸で旅を続ける、銀髪巨乳女剣士メルと、異能“忍法”を扱うシノビのサビトとアトリ。フラオディールの危機を救った直後、メルシオーネの実父を名乗る“巡見者”クロムクラッハに敗北を喫した3人。さらに、彼の手により4人の間で『結魂』が結ばれ、「無効化の魔法」を持つクロムクラッハに一方的に命を握られてしまう。八方塞がりの状況の中、クロムクラッハの命令で再びナトゥアを目指す3人だったが、道中の度重なる亜人の襲来で疲弊したサビトとアトリが戦闘中に倒れてしまい―!?ニンジャとドラゴンが雌雄を決する、人類反抗バトラブ活劇・第4幕!ところで結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの!?

神聖不可侵な「命の共有」である『結魂』に無理やり割って入られた上に、ナトゥアの人々を皆殺しにしないとお前たちを殺す、とタイムリミットを区切られてしまったメルたち。
何しろ、結魂を結んでしまった以上、クロムクラッハを殺してしまうと自分たちも一緒に死んでしまう。しかし、「無効化の魔法」によってクロムクラッハの方はメルたちを殺しても、結魂の影響がないという完全に詰んでしまった状況である。八方塞がりに追い込まれてしまったメルたちだけれど、そのお陰か余裕がなくなったからこそか、特にメルなんだけれど、サビトとアトリへの湧き上がる愛情を隠したりごまかさなくなったんですよね。愛しさが募るのを、そのままギュッと抱きしめるように離さなくなった。面白いのはメルの場合、以前はサビトにべったりでひっついて離れない、という感じだったのだけれど、今回のことでむしろメルの方がサビトとアトリの二人を抱擁するように、包み込む側の大きな存在になってるんですよね。気持ちを誤魔化す余裕がなくなったからこそ、サビトからの愛情を求めたり、実感を得ようと焦ったりすることもなくなって、逆に二人への愛しさに余裕を感じるようになったのでした。愛していること、愛されていることに疑う余地がなくなったのでしょう。
だからこそか、この最終巻で最後の戦いに関しても主導権を握り、サビトとアトリの二人を支え引っ張るのはメルになってくるのですけれど。この三人の関係は、見事この三巻で完成をみた、って感じだなあ。
アトリに対しては当初戸惑いもあったけれど、今となってはメルとアトリの組み合わせでさえ、好き好き大好き光線出まくってるし。ってか、女性二人でイチャイチャしすぎー。
アトリの提出してきた夜の営みのプランニングで、ちゃんと女性二人での日も入ってるのには笑ってしまった。まさに、三人平等ですねえ。

結局、途中で打ち切りっぽい結末となってしまった本作ですけれど、それでいて最終巻の展開は途中終了を感じさせない、見事な総力戦でした。まさか、一巻から関わった人たちがみんな集結して味方してくれる、みんなで一緒に戦ってくれる展開になるとは。
人からも竜からも迫害され、憎まれる竜の落し子であったメルたち。それが、今までの頑張りが結実したように、今までの献身が、流した血と涙が報われたように、みながメルたちを信じて、手を取り合い、力を合わせて最終決戦に挑む流れには、やっぱり血が熱くなりましたよ。今まで全否定サれ続けてきたものが、こうして報われ、肯定されることのなんて嬉しいことか。
ぶっちゃけ、王子含めて今回合流してきたサブリーダーたちも、登場した時の巻ではあんまり目立ってなかったし、ここまでキャラ立ってなかったと思うんだけれど、この巻で一気にキャラ立ったなあ。
残念ポンコツな要素も加わってしまいましたが、それ以上に人として一皮むけて、実にかっこ良い連中になってました。

そして、これもうどうやっても勝てないじゃない、という詰んだ状況のまま挑むことになったクロムクラッハ戦。
ぶっちゃけ、どうやってこいつとの結魂を破棄するのか、というのが最大の難関だと思っていたのですけれど、その一番わかりやすい方法を選ばず……いやそれを成し遂げる方法が本当に皆無だった、というのはちょっと予想外だった。どこかで抜け穴的なものがあると思っていただけに。
だからこそ、最終決戦の小細工抜きの正面突破のどんでん返しには、かなりあっと言わされました。考えてみれば、伏線はあったのかもしれないけれど、よくぞまあそこまで細い可能性の穴に糸を通してタグってみせたものだ、と。いやあ、この粘りに粘った戦いは、見応えありました。面白かった。

何より、この最終決戦に挑むまでの猶予期間の間、最後の最後までメルたちが諦めず、生きようとし続けたのは良かったなあ。一番楽な選択は、死なば諸共で自分たちが死ぬのを仕方ないとして、クロムクラッハを倒してしまうことだったのですけれど、その楽な道を決して選ばず、しかしナトゥアの人たちを犠牲にする事に関しては全く考慮せず、後ろ向きにならず絶望に俯かず、ひたすら三人ギュッと手を握り合って励まし合い続ける姿は、いくら結魂したとはいえクロムクラッハは所詮割り込みの余所者であって、この三人こそ誰にも邪魔されない唯一無比の夫婦であることを実感できて、これもいわゆるラブストーリーだったなあ、と首肯するのでした。
もうちょいこの三人の夫婦の話を見ていたかったのですが、これで幕もまた致し方ないし。次回作での更なる盛り上がりと面白さを期待します。

シリーズ感想