世界の終わりの世界録(アンコール) (6) 終焉の精霊 (MF文庫J)

【世界の終わりの世界録(アンコール) 6.終焉の精霊】 細音啓/ふゆの春秋 MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W
伝説の英勇エルラインが遺した至宝「世界録」。その在り処を世界中の国や旅団が探し求める時代―冥界に突如現れた沈黙機関の手により、終焉の島へ向かうために必要な悪魔法印を奪われてしまったレンたち「再来の騎士」。追い詰められた事態の中、レンは、ある秘策に望みを託して結界突破に挑む。時を同じく、終焉の島を目指して集結する王立七十二階位特務騎士団と沈黙機関。世界の終わりと始まりが交響曲を織りなすその場所で熾烈を極める世界録争奪戦。そして偽英勇は、英勇しか知らない世界の真実と出会う。「こんな世界のままで終わらせない。俺が絶対、アンタの目指した未来まで辿りつくから」―いま、最も王道を行くファンタジー、衝撃の第6弾!
これまでのお話を全部まるまるプロローグにしてしまうような怒涛の展開。クライマックスかと思ったら、まだ何もはじまっていなかった、というやつか。偽英勇だったレンが成長し、舞台に立てるのを待っていた、といえるのかもしれないけれど。これまで、一緒に旅しながらも導き手であり見守り手以上に干渉しようとしなかった三人の姫たちの、最後の立ち位置も象徴的だったし。これまでも心情的にはずっと心から打ち解けた仲間同士だったけれど、届いていなかった実力がようやく合格ラインの端に引っかかって並び立つに至ったんですねえ。
本物の英勇エルラインが遺した思いを、願いを引き継ぎ、ついに彼自身本物の英勇となるべく、いや彼が成し得なかった事を成し遂げるために、彼が望んで手に出来なかった世界を作り出すために、立ち上がるレン。まさに、彼はスタートラインに立ったのだ。
もっとも、三百年の時間は貴重な猶予を消費する時間でもあったようで、明らかに土壇場からのスタートになってしまってるんですよね。レンの登場はあまりにも遅すぎたのか。精霊と対話でき、誰も交渉が叶わなかった沈黙機関とも会話できる彼の存在は、敵対するしかなかった彼ら沈黙機関と意思の疎通を図れる可能性でもあり、実際に交渉の余地はありえたわけだけれど……。
まさか、さらにもう一つ奥に脅威が控えているとはなあ。
これまで、かつてエルラインと三大姫が戦ってかろうじて勝利したという謎の存在こそが、まったく未知の存在で今に詳細が伝わっていないからこそ、問答無用でラスボスだと思っていたところで、さらに複雑な相関関係が明らかになってきたわけですしねえ。
彼ら沈黙機関が竜と天使と悪魔たちを敵視する理由も明らかになってきましたし。なんか、ここにきて王立七十二階位特務騎士団の方が圧倒的に悪役感出してきたぞ。あの連中、完全に漁夫の利で終焉の島に入れたのに、ちょっとエラそうじゃないかい? なんか、むやみに強キャラ感出してるのが、かなりむかつきます。こういう連中から率先してシメてくれませんかねえ、表紙の人。
意外と、あのただのおっさんに過ぎない旅団の隊長さんが重要人物になりそうだなあ、この流れだと。レンとは別の意味で、世界の理想を体現している人でもありますし。
戦って敵を倒すのではなく、対話によってそれぞれが望んだ世界の在り方をたぐり寄せる。まず、話を聞いてもらうために、対等な相手として認めてもらうために力は必要なんだけれど、だからと言って力ですべてねじ伏せるのは間違っている。戦う力も対話の力も否定せず、高く望む。英雄よりも勇者よりも……なるほど、英勇たるはこれほど理想を高く持たなきゃ、そしてそれを実現することが叶わなくちゃいけないのか。
その英勇になるためのスタートラインに立ったレン。また、独りからのスタートだけれど、新たに再編されつつある世界を舞台に、第二部の開幕。これは端からテンションあがりますわー。

シリーズ感想