魔弾の王と戦姫(ヴァナディース) (14) (MF文庫J)

【魔弾の王と戦姫(ヴァナディース)14】 川口士/よし☆ヲ MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W

ムオジネルの王弟クレイシュは十五万という空前絶後の大軍を擁し、優れた将軍たちをそろえ、都市や城砦を次々に無力化して王都へと迫っていた。ティグルは王女レギンが西方国境から呼び集めた兵を預かって月光の騎士軍を再編成し、仲間たちとともにクレイシュとの決戦に挑む。若き英雄は大切な者たちのいる王都を守り、クレイシュを撃つことができるのか。一方、ジスタートではブリューヌから帰国したヴァレンティナがフィグネリアやリーザと会談。ジスタートを覆う不穏、とめどなく続く数多の戦い、祖国に訪れた史上最大の危機の中で今、英雄となった若者は、その名を永遠に歴史に刻み込む―大ヒット最強美少女ファンタジー戦記の最高峰、第14弾!
駄目だ、この王弟。欠点らしい欠点が皆無じゃないか。能力的にも偏りがないし、大胆不敵でありながら細かいところまで目が届き、油断や増長というものが存在しない。これまでも智将勇将の類と戦い続けたティグルだけれど、王弟クレイシュは文句無しにシリーズ最強の大将じゃないでしょうか。この人相手ばかりは、どうやったって何度やっても勝ち筋が見えてこない。
ぶっちゃけ、同数を用意しても十万以上の大軍を自在に動かす手腕としては、ティグルではクレイシュには及ばなそうなんだよな。結局、ティグルは指揮官先頭型でありますし。そもそも、クレイシュ相手だと対等の戦力という土俵には上がってこなさそうですし。
彼に関しては、ティグルがついに勝てなかった相手として長く語り継がれそう。クレイシュ側から見ても、ティグルは同様の認識かもしれないけれど。万難を排して勝利が約束された戦争に挑みながら、勝ちきれなかった。想定を上回られ続けてしまった、という意味で。
最後は完全に天運でしたけれど、それを掴んだのは戦争の行方を完全に見通していたクレイシュの読みを、何度も上回ったティグルの指揮と弓の腕があってこそでしたからね。決して卑下するものではないかと。クレイシュの読み、或いは分析といっていいか。それは、主観が入らない非常に客観的でかつ慎重なもので、予断らしい予断も入っていない正確で緻密なもので、加えてある種の読み違いも踏まえた「余裕」すら加味したものですから、それを上回るというのは、文字通り尋常なものじゃなかったんですよね。それをやり遂げた、というだけでティグルの将器は証明されますし、今までさえ人外の領域だった弓の腕が本当にえらいことに。
あれ、周囲1キロ半径の安全を確保していたのに、1.5キロ先から狙撃を受けたようなもんだからなあ。ティグルの尋常でない弓の腕前をちゃんと考慮に入れた上で、安全マージン過剰なくらいに取っていたのに、さらにその外側から狙われたらそりゃどうしようもないですわー。

しかし、今回の敢闘賞は外に出て走り回っていたティグルたちではなく、やはり籠城戦で奮闘したレギンやミラたちの方でしょう。正直、ムネジオル軍の攻城戦パなかったですからねえ。革新的な戦術とかはないものの、詰将棋のように淡々と工程を進めていくその戦闘は、ミラたちが最大限限界まで振り絞って抵抗していたからこその攻城速度であって、ちょっとでも穴ができたらそこから一気に瓦解しかねない圧倒的なプレッシャーでしたからねえ。
あそこまで焦りも性急さもなく、じっくり腰を据えてジワリジワリと迫られたら、そりゃたまらんですよ。攻城戦においても、クレイシュはまったく相手を甘く見ることなく、結局ほぼ最後まで想定通りに攻略は進みましたからね。ミラたちのあの激闘が、クレイシュの想定のおそらくほぼ最上限だったにしろ、想定を覆すほどではなかった、上回れなかったというだけでゾッとします。
どこを見ても、名将としての格しか見当たらないんだよなあ、この王弟。
唯一隙を見出すとしたら、後方に座して動かないところか。情報は厚く集めるけれど、現地を実際に走って見て回るティグルと比べて、生の情報に触れていない、というのは今回の戦いで分水嶺となっている。もっとも、王族という立場と十万を越える大軍の指揮、大量かつ多角的な情報の集積と分析による大局的視点の確保、という意味においては、クレイシュの姿勢はまったく間違っていないんですよね。
正直、これを倒すというのはどれほど運が良くても無理だろう、と読めば読むほど思い知らされていただけに、この決着はまあこれしかないよなあ、というものでした。
王族として、見事に籠城戦の士気を保ち続けたレギンを含め、全員が人事を尽くしたからこその結果でしたけれど、もし叶うならばクレイシュが撤退した理由となる政治的な部分が偶然の産物ではなく、意図した政略或いは謀略として仕掛けることの出来る人材が、ブリューヌに欠けているのが辛いところ。尤も、それが出来る手の長い大政治家、謀神的人材は各国見渡してもなかなか居ないんですけれどね。万端勝てる戦場を整えてから繰り出してくるクレイシュ当人とか、ブリューヌ国内を内乱状態にした上で攻めてきたザクスタン王、或いは往時のガヌロン公爵なんかがこの手の指し手ではあるのですけれど、今のブリューヌにはこのタイプの指し手が居ないんだよなあ。武人タイプばっかりだし、宰相のボードワンも内向きですしねえ。
例えば、ヴァレンティナが目指すべきはこのタイプなんだろうけれど、今のところ小賢しい立ち回りに終止していて、大局を動かす繰り手を見せることは出来てないんですよねえ。

と、そういえばフィグネリアさんが正式に戦姫として活動を開始しましたけれど、リーザやヴァレンティナとの対談を見ていると、今までの戦姫にはないポディションになりそうで面白し。いや、実直な戦士タイプではあるんだけれど、一番の新参ながら年齢的には年上なせいか、落ち着きのある性格も相まってどうも長女的ポディションに付きそうな感じがあるんですよね。前には出ない後ろでみんなを見守るタイプのまとめ役、というべきか。うん、貫禄があるんですよね。彼女の動向には興味をそそられる。
しかし、戦姫の殆どがティグルに好意持ってるんじゃないか、という呆れ気味のフィグネリアさんの見解には笑ってしまったw

そのティグル、エレンと好い仲になったものの、他の娘たちはどうするのかな、と思ったら、ティッタに関しては選択するという選択すらなしですか。そりゃ、女好きと自嘲するのも仕方なし。まあ、ティッタ相手だとエレンも文句言わないしねえ。
それはそれとして、もう好意を隠そうともせず食いつく気満々な肉食系のソフィに、こちらも素直に好意を口にしているリム、周囲も動いてティグルとくっつけようとしているレギン女王。とまあ、入れ食い状態で。
ミラさん、落ち込んでる暇ありませんよ!? ってか、嫉妬に身を焦がすでもなく、わりとマジに羨ましそうにエレンとティグルの様子を指くわえて眺めてるミラが、なんとも可愛くてねえ。恋愛方面だと、ミラもあれですね、乙女ですねえw

まあ女性陣との関係はそっちのけっで、ちゃっかりダーマードととっ捕まえて確保しているあたり、ティグルの狙った獲物は逃さない感が出てますなあw
ルーリックが居るとはいえ、彼はジスタートの将校ですし、気心の知れた実力のある腹心ポジションの男性キャラが欲しかったところで、薬を使っていたとはいえエレンとガチで打ち合える実力のあるダーマードをゲット出来たのは大きいぞ。

シリーズ感想