アサシンズプライド (2) 暗殺教師と女王選抜戦 (ファンタジア文庫)

【アサシンズプライド 2.暗殺教師と女王選抜戦】 天城ケイ/ニノモトニノ 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle B☆W

「わたしが、由緒ある選抜戦の代表…?」年に一度、姉妹校との間で開催される選抜戦。その代表選手にメリダが選ばれた。他校生との交流に、学園内でのお泊まり。そんな楽しいイベントは一転―試練に変わる。『あなたのギルドへの忠誠が疑われている』無能才女の急激な成長の秘密を暴こうとする、刺客の潜入。予期せぬメリダの代表への選出。教え子を巡る陰謀に、クーファは誓う。「面白い。いったいオレを何者だと?」選抜戦でメリダの才能を見せつけ、刺客から秘密を守り通すと。暗殺教師は矜持をかけて、密やかに暗躍する―。
他校との対抗戦って学園バトルものだとまあ定番であって、まあわりとどれも似たようなイベントになるのですけれど、この作品の選抜戦はちょっとそういうのとは雰囲気違いなあ、と思いつつ既視感はあったのでなんだったけか、と首を傾げていたのですが、そうかー、ハリーポッターの「炎のゴブレット」編の対抗試合の雰囲気なのか。気づくと、いろんなシチュエーションがまんまでちと苦笑してしまったのですが。ベースとして運用するのはともかく、舞台装置や導入なんかはもう少し捻った方がよかったんじゃないだろうか。
女子校の姉妹校同士というのは実に華やかでよかったのですが。本作の主人公のクーファは、あくまでメリダ個人の教師という立場なので、あんまり女子校の中での異物としては目立ってないんですよね。おかげで他の作品の、女学校が舞台となってるものの中では本作って、女子校らしい女の園、という雰囲気が濃く残ってて、今回はさらに姉妹校の生徒たちとの交流もあるので、余計にキャッキャウフフな空気が出てたような気がします。
だからこそ、もうちょっと他の女性キャラとの交流や掘り下げが増えてたら良かったんですけれどねえ。新登場した相手校の一年生の天才少女サラシャなんか、何気にシリーズ的にも重要な役どころだったにも関わらず全然目立ってないというか、話に関わってくる機会がなかったですし、前回メリダと一悶着あったネルヴァ。彼女なんか、ずっと関係が拗れていた天敵がメリダが困っている時に率先して手を上げて味方になってくれる、という実に美味しいシチュエーションだったにも関わらず、活躍らしい活躍もなかったですもんねえ。
そもそも、四人のチーム戦にも関わらず、それを活かす試合が全然なかったというのは学園長、イベント失敗してませんか? あと、生徒じゃないクーファやロゼッティがチームメイトになれるというのはかなりずっこい。
一本繋がりの陰部と思われた事態が、様々な思惑が絡まり合って誰にも把握できない錯綜した状況になっていた、というのはよく練り上げられたシナリオだと思うし、敢えてここでメリダとエリーゼの関係をただの和解から、さらに踏み込んで本音をぶつけあう心から繋がりあえる関係を構築するために、二人のエピソードをメインに据えて動かしたのは悪くはなかったと思うんだけれど、それ以外の部分で中途半端になって書き切れない甘さが出てしまった面が多かった気がするんですよね。それがいかにも勿体無かった。やりたいこと書きたい人、色々盛り込んでいるのがわかるだけに、手が及ばなかったなあ、と。

しかし、メリダの立場ってもうこの時点で既に崖っぷちの瀬戸際なんじゃないだろうか。まさかこんなに早くギルドから半ば刺客めいた調査員が放り込まれてくるとは思わなかったし、生徒の中にも聡く優秀な人の中には既に違和感を通り越して、メリダの立場の危うさに気づいている人たちも出てきてますし。
クーファの見通しというか思惑は相当甘い見立てなんじゃないだろうか。

メリダって娘は、決して気が強いわけでも楽天家でも快活なわけでもなく、基本的に穏やかなお嬢様気質なのですけれど、生真面目で一途で一本芯が通っていて、此処ぞという時退かずに熱くなれる娘なんですよね。こういう優しい乙女気質の娘が、いざとなるとステゴロ上等! になるのは不可思議なんだけれどカッコいいです。
覚悟を、決めれる娘なんですよね。エリーゼとの関係でも、なあなあで済まさずに、敢えて拳握ってぶん殴る激しさがあった。根っこの部分に、ギラギラと輝く鮮烈な激しさを秘めている。
こういう娘は、いざとなればなりふり構わず、全部投げ捨てることが出来る。クーファは、彼女に関しては今まで考えているのと違う覚悟を、メリダの方から迫られるかもしれないなあ、これ。

1巻感想