その無限の先へ (4) (MFブックス)

【その無限の先へ OVER THE INFINITE 4】 二ツ樹五輪/ 赤井てら MFブックス

Amazon
Kindle B☆W

<朱の騎士>アーシェリアとの新人戦を控える綱たちは、ダンジョンに籠り特訓を開始。それぞれ見えてきた弱点と課題を克服していく。
だが、相手は≪流星衝≫という完全無比の攻撃スキルを有する『化物』。本当に勝ち筋など存在するのだろうか。
「勝つのは無理だろうが、お前らみたいな新人が一発位殴ってやれば目覚ますかもな」
綱たちが勝つのは無理と断ずるグワル。しかしそこにはアーシェリアたちが直面する閉塞感の打破を願う、先輩冒険者の期待が込められていた。
果たして、綱は≪流星衝≫を打ち破れるのか!? サージェスの禁断の秘技は炸裂してしまうのか!?
今、絶望的な勝率の戦いが始まろうとしている――。
ダンマスのオリジナルストーリーも収録。ダンジョンバトルコメディ第四弾開幕!
うはははははっ、お腹痛い、ぽんぽん痛い。もうね、サージェスのあのシーンの挿絵が素晴らしすぎる。もう神々しいと言って過言ではない荘厳さで、サージェスの表情が完全に悟りを開いてるの。まさに、身にまとうしがらみすべてを脱ぎ去り、一糸まとわずすべてをさらけ出した神の愛を体現したような神秘的な微笑み。いや、パンツとネクタイは脱がずに装着しているけれど。その意味では、やぱりサージェスのスキル「パージ」はまだ中途半端なんですよね。そそり立つナニは見事にブーメランパンツからはみ出しそうなんだけれど、やっぱり彼の真価は「フルパージ」の実装を待たなければならないっ!! それにしても、このイラストの構図は何度見なおしても目が潰れそうなほど凄いなあ。なんで乳首とナニが瞬いてるんだよ! はじけ飛ぶスーツがまるで天使の羽を体現しているようで、イコンの傑作じゃなかろうか、これ。
この時のアーシェさんがひどい目に合いすぎてて、もうなんというかご愁傷様である。そりゃ、いきなり神懸ったものを見せられた挙句にのしかかられたら、精神的なダメージ途方も無いよなあ。絶対不倒のボスキャラの威厳が、あの可愛い悲鳴で吹っ飛んじゃってましたし。

迷宮都市で冒険者としてデビューしたばかりの新人にも関わらず、本来なら中堅クラスと対戦するはずの新人戦で、文字通りダンジョンの最前線でトップを張る超一級冒険者であるアーシェリアと試合するはめになってしまった綱たち。これ、あとの番外編で明らかになるんですけれど、ウェブ版の最新話まで綱たちちょっとバカバカしいくらい尋常でないクエストにいくつも挑むことになるんですけれど、難易度判定で言うとそれらよりも新人戦のアーシェさんとの対戦の方が遥かに高いんですよね。
つまるところ、絶対に勝てない戦い。無理ゲーどころか、敗北前提のイベントバトル。実際戦ってみても、何をやっても太刀打ちできず、手も足も出ず、瞬殺される……のが当然、という段階から、この綱とユキとサージェスの三人組は、文字通り血を流し骨を削り石に齧りつくようにして、絶対不倒の敵にむしゃぶりついていくのである。なりふり構わず、あらゆる手管を使い、細い細い糸の上を綱渡りするような、刹那でも判断を間違えれば即座に落とされる瀬戸際を全力疾走しながら、アーシェの想像を絶する猛攻の雨あられを凌いで凌いで凌いで凌いで、奇跡の糸を手繰り寄せていく。
ありえない可能性を、一つ一つ掴みとっていくのである。絶対的な不可能を、七転八倒しながら踏み砕き、またぎ越していくのである。
絶望的というのもおこがましい状況に三人ともまったく心折らず、獰猛に食らいついていく。そのなりふり構わぬ姿は決して美しくはないけれど、どうしようもなく心震わされるのだ。

迷宮都市の冒険者たちが挑むダンジョン「無限回廊」。だけれど、その最前線で攻略を進めるトップクランは第100層を前に停滞し、どうやっても前に、奥に、先に進めない状況に閉塞感がはびこり、アーシェたちエース格の冒険者たちの間にも、無力感が、諦観が蔓延りだしていた、そんな時に流星のように現れたキラ星のごとき新人たち。
でも、彼らは立ち止まってしまったアーシェたちを、置き去りにして抜き去っていくのではなく……下から、後ろから、先にいる彼らに対して文字通りその体と魂を張って、なにやってんだ、なに諦めてんだ、そんなところで立ち止まってる場合か、自分たちがそこにたどり着くまでにもっともっと、今ダンマスたちが進んでいるくらいのはるか先へ、とっとと追いついてみせろよ、と叱咤激励してみせたのだ。
こんな戦いを見せられて、こんな心意気を目の当たりにして、どうして奮い立たずにいられるだろう。
この、迷宮都市全体にはびこっていた空気を吹き飛ばし、冒険者たち全体に活を入れ、上は上級冒険者から下は同じ新人まで、新旧の区別なくその心に火を灯した、この何もかもを吹き飛ばして、決定的に変えてしまう勢い、熱さこそがこの巻の見どころだったんじゃないでしょうか。
この作品をウェブから読んでる人の中でも特にこのあたりが好き、という人が多いのもよく分かる盛り上がりでした。うん、何度読んでもカーっとテンションあがる面白さだわ。

番外編は、書籍版では初登場になるのか、トマトちゃんこと美弓のデビュー回となる、迷宮都市の外でのお話と、完全書き下ろしとなるダンジョンマスターの周辺のお話。特にダンマスの周りの話はウェブ版でもあまり語られてなかったことなので、これはなかなか興味深かった。ってか、これまで人となりどころか名前すら不明だったダンマスの嫁たちとか攻略メンバーの情報が満載で、ちょっとくらくらするくらいの情報量だったじゃないですか。
ここで明らかになったのが、ダンマスたちの末期的な症状。ダンマスが、永遠に近いダンジョン攻略の弊害で精神が摩耗し人格を保つのが限界に近い、というのは既に語られていたことだったのだけれど、そうなんですよね、ダンマスがこうなら同じ攻略メンバーだって同様の状態になっているはずで……。まさか、あのダンマスの状態でまだだいぶマシだったのか。
他の嫁さんやメンバーの様子を見ていると、本当に彼らには時間が残されていないことが実感としてわかってしまって、これはキツイ。ほんと、余裕ぶっこいてるどころじゃないじゃないか。特に、正妻の那由他さん。ウェブ版で伝え聞いている話では、なんか普通にポンコツっぽい人らしい感じで登場を楽しみにしていたのだけれど、あかん、それどころじゃないじゃないか。
しかし、無限回廊の攻略自体は進んでいても、状況の変化がこれまでほとんどなかったところに、これから起こった幾つかの事って、ダンマスたちにとっても本当にどでかい爆弾みたいな出来事だったんじゃないか、これだと。マジで、綱の存在ってなんなんだろう、という話になってくる。どうも、綱の前世での死の状況も普通ではないみたいだし、謎はまだまだ深まるばかりだ。
できれば、ドジっ子らしい那由他さんの、それらしい様子を見れるくらいにはなんとかなって欲しいのだけれど。

とりあえず、この新人戦くらいで基本的な迷宮都市チュートリアルは済んだので、ここからわりと頭のおかしいキャラとか、絵面的にインパクト強すぎるシチュエーションとかあれこれがどんどん出てくるので、挿絵の方も楽しみだなあ、うんうん。

1巻 2巻 3巻感想