エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (3) (MF文庫J)

【エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 3】 東龍乃助/ みことあけみ MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W

エイルン=バザットはロボットアニメ世界から召喚されたアニメキャラクターである。氷室義塾機兵部の対マリス戦での活躍は大きな注目を浴び、アメリカからデータ採取のため無人島遠征の依頼を受ける。だが優秀なヘキサを狙う武装組織、さらにマリスまでもが来襲。無事これを退けるものもエイルンが全治3ヶ月の重傷を負ってしまう。セレンの精神は依然不安定なまま。クイーンが来襲すれば氷室義塾が崩壊する。雷鳥は国際連合所属のマリス鎮圧部隊【ロイヤルガード】のネイバーチームの派遣を決定。しかしエイルン不在の状況に焦りを覚えた紫貴の暴走が始まってしまい――!?
爆発する爽快感! とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル第三弾!
クライマックスに入って脳内にリフレインする、ガンダムZZのOPの歌詞。アニメじゃない、アニメじゃない♪
そう、これはアニメではないのだ。現実はいつだって非情で、子供たちに冷酷だった。常に自分たちを虐げてくる現実に、彼らはずっと歯を食いしばって耐えてきた、抗ってきた、戦ってきた。
それでも抗しきれずに、すべてが台無しになろうとした瞬間、まるでアニメのクライマックスシーンのように起こる奇跡。絶体絶命のピンチを覆すヒーローの登場。
もうね、出来過ぎなんですよ。図ったようなタイミングで、あざといまでの奇跡なんですよ。これがお芝居や映画なら、陳腐なくらいの演出と言われるかもしれない。王道ロボットアニメの定番のような、英雄の出現シーンなのである。
でも、だからこそ、だからこそフィクションではない生の戦場で、たった今希望が潰えたかに思えた地獄のはじまりで、この奇跡はあまりにも威力がありすぎる。

面白いよね、これは【エイルン・ラストコード】という作品だからこその演出なんじゃないだろうか。アニメの世界の登場人物であるエイルンが現実の世界に迷い込んだ、という設定の世界観だからこそ、まるでアニメのような劇的な展開が現実の世界で起こることの異常さ、非常識さ、そして生々しさが引き立たされる。
ありえないことが目の前で起こっているというインパクトが、妄想上の出来事が現実に発生しているという衝撃が、本当に奇跡が生まれていく瞬間が目の前で繰り広げられるという事実が、凄まじい破壊力となってすべてを盛り上げていく。
場の雰囲気も、登場人物たちも、物語そのものも、それを読んでいる読者たちまでいっぺんにテンションが青天井に加速していく、この快感よ。
まさに、エンターテイメントの究極である。

ああ、めっちゃ面白れぇ!

こうして三巻の登場人物たちのイキイキとした姿を見ていると、シリーズ開始当初の彼らの消沈具合がよくわかる。自分たちの個性を自分たちで踏み潰し、怒りと絶望の不協和音に這いつくばりながら、無理に無理を重ねていたのがよくわかる。押し殺していた素の彼ら彼女らがどれほど魅力的か、エイルンによって未来に対する希望を取り戻し、やる気を漲らせて解き放たれた姿を見れば、一目瞭然だろう。
男女問わず、みんな良いキャラになってきた。手痛い敗戦で傷つき燻っていた歴戦の勇士たちが、二度と戦場に戻れぬ体になっていたとしても、自分たちの出来る範囲で全力を尽くそうという意欲を取り戻し、新たな戦場へとそれぞれ胸を張って立ち上がっていく。エイルン一人に任せるのではなく、氷室義塾が文字通り再生し、それ以上に育っていく姿が、見ていてワクワクさせてくれるんですよね。
対外勢力による薄汚い謀略によって、どす黒い悪意によって絡め取られ、陥れられようとする氷室義塾だけれど、それを撥ね付けられる充実した力と、意思がエイルンの決死の行動によって花開いていく。過去の栄光を担ったモノたちが再び舞い戻り、新たな戦力がその力を開花させていく。その中心には、頼もしくも傷だらけな英雄の姿が。彼の背に導かれ、しかし寄りかからず、その背を守ろうと立ち上がる生徒たち。そりゃあね、盛り上がる。テンションあがるよ。

しかし、エルフィーナは絶対等身大モードかSDモードあると思ってたけれど、案の定だったわけですが、ご令嬢想像以上にかわいいな!! これでマスコットも担うとかパーフェクトじゃないか。
まだまだいろんな思惑が裏で交錯してそうだけれど、結束し結実しつつある氷室義塾には、分裂せずに一致団結して戦ってほしいなあ。もう悲惨な亀裂入りまくりの人間関係は最初で既にピークだったわけだし。

にしても、エイルンが元のアニメで主人公役ではなかったというのは信じがたいなあ。どこからどう見てもキャラ的に主人公でしかありえないんだけれど。こんな脇役居たら、普通メインが食われるw