英雄教室 6 画集+キャラクター事典収録 豪華80P小冊子付き特装版 (ダッシュエックス文庫)

【英雄教室 6 特装版】 新木伸/森沢晴行 ダッシュエックス文庫

Amazon
Kindle B☆W

清純派ヒロイン、クレアがイライザの発明品で巨大化!?さしもの超生物ブレイドもついに敗北か!?『クレア・マウンテン』。イオナとイケメン剣士・クレイが密室で急接近!意外なカップル誕生か!?『賢者クレイ』。転校生・ルナリアが学園に馴染もうと、クーに弟子入り!?天才少女にもトモダチたくさんできるかな?『ルナリアの悩み』。アーネストが炎の魔人になる度に素っ裸に!脱「怪人赤マント」を目指して、魔王となにやら特訓開始!?『脱怪人赤マント』。ローズウッド学園には個性的な生徒たちがいっぱい!英雄を目指す生徒たちの、明るく楽しい規格外の日常が盛りだくさん!エピソード満載のシリーズ第6巻!!


「バレてる?」

さすがに、そろそろ気づいてる人も出てきてるのかー。アーネストは論外としても、ロンロン論外としても。
ルナリアはこのやり取りの中で気づいたのね。イェシカがあれだけ誘導してたら気づかないほうがおかしいか。
ブレイドの判別法、あれ何気に的確でしたよね。単純だけれど、わかりやすく気づいてるか気づいてないか判断しやすい。それが通じない女の子が幾人かいましたが。

「クレア・マウンテン」

そりゃあ、勇者が自分より巨大な相手に苦戦するはずないよなあ。世界観として、個体戦闘力がデカイ小さい無関係にふっ飛ばせるものですし。巨人化した程度で苦労してたら、ドラゴン程度でも相手に出来ないだろうし。
それよりもですよ、いまさらも今更なんですが、この娘ら全くもって裸に対して抵抗なくなってきてるよなあ。クレアなんか、巨大化してしまって見られちゃいけないところ思いっきり見られてるのに頓着してないし。

「ルナリアの悩み」

このルナリアの孤高の女王というポディションって、本来アーネストのものだったんですよねえ。それが、炎の女帝さまはあのようなこのような有様になってしまわれて。アーネストはどこへ行こうとしているのか。
まあルナリアの登場からして、アーネストがあれだけキャラ変わらなかったら出番なかっただろうから、それはそれなんだろうけれど。しかし、ぼっち決め込んでるルナリアを気にして本音出させようとしているあたり、ブレイドの精神年齢は順調に成長してるんだなあ、と感慨にふけってしまう。


「普通人の生活」

ちゃっかり幼馴染ポディションをゲットしているアーネストに微苦笑を誘われる。こういうイベントをみんなで一致団結してやれてしまうのが、優しい世界だよなあ。それにしても、アーネストなりきり過ぎてちょっとはまってるだろう、これ。普段やれないことをやりまくってたの、彼女なんじゃないだろうか。


「マッサージ師ブレイド」

エロい。ってか繰り返しになるけれど、全裸で全身マッサージされるのをちょっと恥ずかしい、くらいで収まっちゃってる裸族化は、もうなんというかもっとやれ。
アーネスト、性的に開発されるの巻。というか、クラスメイト男女問わず全員、性的に開発されるの巻ww

「賢者クレイ」

クレイがひたすら可愛そうなんですけれど。ってか、イェシカが好きって設定どうなったんだろう。彼女の方には全然脈なさそうなんだが。
ブレイドが「嫉妬」という感情を覚える回。対象がイオナというのは、ブレイド当人としては非常に納得し難いものがあるんだろうが。


「脱怪人赤マント」

いやもう、炎の魔人化したら全裸になってしまうというの、恥ずかしがるの今更じゃね? と思うんだが、浴場で混浴してるのと、外で裸になるのはそれなりに違うらしい。みんなに見られるというのは変わらないのにねえ。
まあ、裸が恥ずかしいというよりも赤マント呼ばわりされるのが屈辱、っぽいのがアーネストらしいのだが。
しかし、なんで人間には絶対ムリな上位魔族化を、ただマテリアライズで服を形成したいというだけで、根性で成し遂げてしまうのか。アーネストはどこへ行こうとしてるんだろうw


「デートのお手本」

処女ビッチ疑惑の有るイェシカによる、女性陣に訓ずる普通のデート編。普通にデートしてるし!! 単なる耳年増ではなく、ちゃんと実践できる応用力が有るあたり、イェシカ経験豊富と言われても仕方ないよなあ。
そして、普通にデートすればするほど、以前のクレアとの違いが浮き彫りになり、女子力の違いががががが。
ブレイドがメンタル幼い分、楽しい楽しくないが素直に表に出てしまうので、イェシカの相手を楽しませるデートと自分ばっかり楽しいクレアのデートの違いが浮き彫りになって、哀れw


「美女と魔獣」

いやいやいや、さすがにもう「ヴァルツァーの紋章」はみんな知らんでしょう、さすがに。魔獣の設定が作者のデビュー作にもとづいている、なんてのは言われてもわからん。読んだけどね、昔読んだけどね。20年以上前じゃないの、あれ? 電撃文庫の黎明期、創刊直後の作品ですぜ。
ともあれ、魔獣に構うアーネストに、ブレイドが嫉妬しまくる話。いやもう以前のイオナの時どころじゃなく、ブレイドが機嫌損ねまくってるのがまた可愛いのう。やっぱりアーネストが一番なのねえ。そんでもって、嫉妬してもらってると知って、めっちゃ喜んで心がぴょんぴょんなって調子乗ってるアーネストが、まあ彼女である。


小冊子の方はイラストと漫画、それにメインのキャラクターほぼ全員の掌編。見てると、クレイがまあ残念なことで。こいつ、普通に持てるのになあ。それ以上に拗らせてるのがレナードですが。アーネストがあれだけキャラ激変してるにも関わらず、一貫しているのは実に偉いと思うのだけれど、その方向性は思いっきり間違ってる、うん間違ってるw こいつも、どこへ行こうとしているのだろう。
あと、王様。本気でブレイドのこと可愛いのねえ。あの仮想現実編の時にパパさん役やれて、実はかなりご満悦だったんじゃないだろうか。

新木伸作品感想