アンデッドガール・マーダーファルス 1 (講談社タイガ)

【アンデッドガール・マーダーファルス 1】 青崎有吾/大暮維人 講談社タイガ

Amazon
Kindle B☆W

吸血鬼に人造人間、怪盗・人狼・切り裂き魔、そして名探偵。
異形が蠢く十九世紀末のヨーロッパで、人類親和派の吸血鬼が、銀の杭に貫かれ惨殺された……!? 解決のために呼ばれたのは、人が忌避する"怪物事件"専門の探偵・輪堂鴉夜と、奇妙な鳥籠を持つ男・真打津軽。彼らは残された手がかりや怪物故の特性から、推理を導き出す。
謎に満ちた悪夢のような笑劇(ファルス)……ここに開幕!
たとえ、容疑者や被害者が人間じゃない人外の怪物だったとしても、その怪物が人間にはなし得ない力を持っていたとしても、きちんとしたルールが提示さえされていればミステリーは成り立つのだ。
その点を考え見ると、なぜ最初の事件において吸血鬼という怪物が犠牲者となり、また容疑者として取り上げられることになったのかも容易に理解できるのです。吸血鬼ほどその能力と制約が知り尽くされた怪物も他にいないですからね、怪物が対象のミステリーの最初の題材としてとりあげるに、これほど基本的で便利で紹介しやすいものもない。また、その制限の多さ、厳密さについてもファジーさを許さないものがありますし、導入編としてこれほど扱いやすいものもない。
事件の真相も、使われたトリックもミステリーとしては非常に古典的というかオーソドックスなものである。あまりに有名すぎて、実際にこの手法が使われたミステリーって何気にはじめて読んだ気がするんだが(あったかもしれないけど覚えてない)、それに吸血鬼の特性と制限という要素を加えることでミステリーの古典の良さと怪物が跋扈する怪奇譚としての雰囲気が見事にブレンドされているのである。
ところが、だ。面白いのが、この雰囲気を劇薬のようにして引っ掻き回しているのが、主人公である輪堂鴉夜と真打津軽という怪しさ極まる東洋人コンビなんですよねえ。彼らにメイドの静句を含めた三人は一応日本人なんだけれど、もう胡散臭さが極まってるんですよね。十九世紀末のヨーロッパという舞台に、異形や名探偵に怪盗紳士が活躍する世界観に対して、ガチで喧嘩を売るかのようなこのトリオの存在感。ノックスの十戒の中国人を意識しているんじゃないか、というこの東の最果てから来た奇妙にして最も怪しく胡散臭い謎の異邦人たちがよりにもよって探偵役として事件を解決していくのだ。
これこそ笑劇(ファルス)ってなもんだろう。
ともあれ、これほど強烈で劇薬のような存在感を示す三人を主人公にした理由は大いにあるんですよね。それが垣間見えるのが、フランケンシュタインの怪物の系譜に連なる人造人間、彼に纏わる殺人事件である。
この作品の特徴にして魅力にして売り、というのは実のところ女探偵・輪堂鴉夜の奇天烈さでも、吸血鬼や人造人間という怪物たちが跋扈しているところでもなく、第二話のこれなんでしょう。
名探偵VS名探偵!!
この殺人事件を担当することになったベルギーのとあるキレ者の髭がオシャレな警部との丁々発止。作中でもちゃんと名前が出てこなくて愛称で呼ばれる彼こそ、誰もが知る……あの人なのである。
そうだよなあ、世界的な超有名人を相手にするなら、生半可な存在感ではたとえ主人公だろうとあっさり見せ場を駆逐されかねない以上、そりゃもう劇薬みたいなものをぶっ込まないと。
なにしろ、かのシャーロック・ホームズやアルセーヌ・ルパンの名前も普通に飛び交っている世界である。そんな世界に我が物顔で乗り込んでいく東洋の怪しい探偵コンビ「鳥籠使い」。その謎解きは実に正統派なミステリーにも関わらず、なんともゲテモノ感があり、このごった煮感満載の世界観にはどうしたってワクワクしてしまうじゃないですか。
まー、ラストの黒幕というか悪役集団の名乗りには、いや盛りすぎじゃね? と笑ってしまいました。これはあれですよねえ、映画の「リーグ・オブ・レジェンド」みたいなものなのか。こういうクロスオーヴァーは基本大好物なんですけどね。