世界の終わりの世界録<アンコール>8 慟哭の神霊 (MF文庫J)

【世界の終わりの世界録<アンコール> 8.慟哭の神霊】 細音啓/ ふゆの春秋 MF文庫J

Amazon



Kindle B☆W


伝説の英勇エルラインが遺した至宝「世界録」。その在り処での衝突から世界が終わり始めた時代―竜の秘境でキリシェと再会を果たしたレンは、残る仲間の手がかりを求めつつ、この世界の真実の究明に乗り出す。そうして彼らが向かったのは、聖地カナン。世界崩壊後もエリエスが治める彼の地もまた深刻な状況に陥り、レンは思いがけぬ再会を果たした魔王ヴェルサレムとルルと共通の目的から行動を共にすることになる。神代の怪物の復活や神性都市の謎が終わりの夜想曲を奏でる世界で、偽英勇は、自らの進むべき確かな道を見据え続ける。「ようやくアンタの旅の先が見えてきた気がするよ」―いま、最も王道を行くファンタジー、世界の深淵へと続く第8弾!

今回の表紙絵を飾るのは魔王城のメイド長、氷の魔将ルルさん。表紙を飾るだけあって、今回はルルさん無双。無双と言っても戦闘力的な意味ではなく、まあ無茶苦茶強い人ではあるんだけれど、今回の無双っぷりはというとそのフリーダムっぷりにスポットがあたるわけで、色んな意味でヤンチャすぎる、この初代魔王w
悪魔の連中は誰もがだいたい変というか愉快系の連中ばかりだった中で、ルルさんだけはその秘された経歴といい現職のメイド長としての立場といい氷の魔将としての冷静沈着さといい、非常にしっかりとした貫目のある人という印象だったのだけれど、この人も所詮悪魔だった。エリーゼと同類だよ、ってかさらに質が悪いかもしれない。冷静沈着に愉快犯じゃないかw
前回は天使たちの長である女神と、この変わってしまった世界を旅することになったのだけれど、今回は魔王と一緒にダンジョン攻略、という相変わらずパーティーメンバーがいい具合にカオスってます。とりあえず、悪魔とダンジョン攻略なんて知力と計画と繊細さが必要な冒険はしちゃいけませんね。なんかもうしっちゃかめっちゃかになっちゃうというかされてしまうというか、エリーゼって振り返ってみると凄い気を使ってバランス取ってくれてたんだなあ、と遠い目になってしまった。キリシェといいフィアといい、三姫たちあれでホント思慮深く動いてくれてたんだなあ、と今更のように納得できてしまった。

ともあれ、今回の遺跡探索で竜・天使・悪魔たちの伝承からも失われていた古代文明期に何が起こったか、そこに精霊たちがどう関わっていたのか、という謎も徐々に紐解かれてきたわけで。精霊たちについても、これまでレンが使えてきた精霊の力というものがほんの一端に過ぎなかったというのがわかってきて、サラマンダーやノームたちの力も、ともすればもっと凄いものを引き出せるようになるわけか。
しかし、同時にまたぞろ強大な壁となりそうな相手の存在も明らかになったわけで、ってか竜・天使・悪魔にも始祖となる一番強いのが控えてるのかー。これはキルシェたちの担当になりそうな気もするけれど。
ともかく、今まではエルレインの旅の足跡をなぞってきたレンだけれど、世界録を見つけて以来、エルレインがたどり着けなかった旅の先へと踏み出している、という実感がエルレインが経験しなかった大冒険を突破することで、レンに焼き付けられていく。名実ともに、レンが英勇を超えつつあるわけだ。

そのレンの最大のライバルとなるだろう騎士王ゼルブライトだけれど……この人、なんか凄い思わせぶりに独りごちてるけれど、ぶっちゃけ今起こりつつある出来事の数々から完全に出遅れてしまってるだけな気がするんですけれど。みんな出て行っちゃって空っぽの場所に戻ってきて、アレ誰も居ないぞ?もう行っちゃったのか?と言ってるだけじゃないのか、あれw

シリーズ感想