一応、一週間前にはE5(丙)でクリアして、あとは掘りに勤しんでいました。幸い、朝風はE5を攻略中にドロップしてくれたので、狙うは山風。そんでもって、ついでに沖波高波海風さんおいでませー、とE3を中心にやってたんですが……うん、乙でもE3は厳しかったですわ。ボス到達は全然大丈夫だったのですけれど、敵連合艦隊をSクリアするのはかなり厳しかった。倒すのは易かったんですけどねえ。資材の消耗もえげつなかったですし。
なので、方針転換しておとなしくE2で頑張ったものの、春風こそドロップしてくれたものの結局山風はいらっしゃらず……うう。
まあ朝風春風がドロップしただけまだマシかー。いつまでたっても海風さんと縁がないのが辛いところですけれど。

今回のイベントはE1だけ甲で、E2〜E4までは乙。ちょっと時間的余裕がなさそうだったのでE5は丙。という難易度で挑戦したのですが、決して簡単というわけではなかったものの、ギミックとかややこしいわりにそのギミック解除も含めてルート選択やボス到達までのプロセス、史実艦の設定や報酬の配分などかなりストレスがかからない、スムーズな進行となってる感じがして、だいぶ神経使って調整したんかなあ、という印象でした。
やりやすかったです。
E5の丙が想定していたより遥かに楽勝すぎたので、せめて乙で挑戦するべきだったかあ、と後悔したりもしましたが。まあでも、その分掘りに時間を割けましたし朝風自体はさっさとドロップしてくれていたので、まあいいかとも思いましたけれど。

にしても、重巡。重巡が足りない。あと、燃費の軽い高速戦艦。威力不足と言われる金剛型ですけれど、自分のところだと毎回フル回転で働いてくれてるんですよねえ。アイオワやビスマルク、イタリア・ローマといった海外高速戦艦群も非常に助かってるんですけれど、燃費考えると金剛型の使いやすさは異常なのよねえ。
史実でもフル回転したの、わかるわー。
なので、レパルス、レパルスください。レパルスが欲しい。フットかシャルンホルスト、今欲しいのはこのあたりだなあ。
それから重巡ですよ。ザイドリッツあたりか、アメリカの優秀な重巡が今一番求められている!



此処数日、こればっかり読んでいて他何も出来てませんでした。
冒険者パーティーの経営を支援します!!
うん、もうめちゃ面白かった。農村で食っていけなくなり駆け出し冒険者として行きていかざるを得なくなった若者たちを、せめてちゃんとした靴を履かせてやりたい、というささやかな願いを叶えるために、どんどん成さねばならないハードルがあがっていく展開がまた面白いんですよね。最底辺の人間に安くて良い靴を履かせるためには、人類社会全体の底上げをしなければならない、という社会構造そのものへのアプローチに自然といきついていく、この階段を一段一段際限なくあがっていかないといけなくなる過程がまた、ねえ。

異世界転生モノという一つのジャンルの隆盛。同じようなものばかりが書かれ、似たようなものばかりが溢れ出ている、という現状は確かにその通りだと思うんだけれど、みんなが同じものを書くからこそ、その同じジャンルの中で差別化が発生し、同じジャンルであるからこそ他と違う先鋭的な、或いは異色の、より突き詰めた作品というのが、膨大な量産品の中からポンと……いやポンポンポンと飛び出してくることが侭あるんですよね。
本作は、そんな中の一つではないかと。
分母の拡大が、極々限られた範囲だったもの中に多様性を生み出し、突出を生むのだとすると、それもまたなんとも面白い。