誉められて神軍1 新宿市国 (講談社ラノベ文庫)

【誉められて神軍 1.新宿市国】 竹井10日/CUTEG 講談社ラノベ文庫

Amazon
Kindle B☆W

とある事件により、一夜にしてファンタジー世界へと姿を変えた日本―ゴブリン、オーク、エルフに魔人…想像上の怪物達が我が物顔で跋扈する時代、人々もまた記憶を書き換えられ現代日本は過去のものとなっていた―割拠する有力政治勢力のひとつ、軍事国家・新宿市国。若き少尉、御神楽零は、謎の少女・火倶夜との出会いを経てとある力を手にする。それは“誉めて伸ばす能力”―生物無生物問わず万物に対し有効なこの力で、零は彼を公私に慕う姫鞠、千歳ら麾下の騎士や魔導師達(ほぼ女子)とともに、“元の日本を取り戻す”ための苛烈かつ孤独(でもときどきダダ甘)な戦いを開始するのだった―奇才竹井10日が挑む新境地ファンタジー戦記登場!!
イラストは前作の「がをられ」――【彼女がフラグをおられたら】から引き続きCUTEGさん。これは嬉しい。竹井10日キャラのほわほわ感にCUTEGさんのデザインぴったりでしたからねえ。
ちなみに、本作では「フラグ」はまったく機能していません。それこそ「やったか!」と発言したらちゃんとやっつけてたり、これでかとわかりやすい死亡フラグを立てても全く何事もなくスルーされるくらいには。
というわけで、フラグ能力は本作では全く存在せず、代わりに主人公の零くんが与えられた能力は「誉めて伸ばす能力」。ごめん、ちょっと舐めてた。単に誉めておだててヒロインの能力強化するだけの能力だと思ってたらこの能力、人間どころか動物、どころか無機物ですら誉めて伸ばせるのか! ってか、伸びるどころじゃないですよこれ。豚もおだてりゃ木に登るなんて言葉がありますが、零くんが誉めたら豚だろうが豚の貯金箱だろうが木にも登るし空も飛ぶんじゃなかろうか。少なくとも、古代の遺跡と化していた十式戦車がお前はやれば出来る子、という感じでほめたら完全稼動状態で復活するくらいには何でもありである。
と、さすがにそれだけ強大な能力だとちゃんと制限があって、一日三回まで。永続効果し続ける場合もあれば短時間で効果が切れる場合もあり、これは対象とシチュエーション次第だなあ。
主人公の零くんは、作者も書きやすいというほどなかなかイイキャラしてるんですよね。真面目でおバカというポンコツっぷりで、死んで腐った魚の眼をした系の主人公に比べると明るいしやる気にも満ちてるし、活動的ですよねえ。でも、颯太きゅんを「辛気くせえ主人公」なんて言わないでくだせえ、作者さま。事実なだけに、ザクザク突き刺さるからw
でもまあ、主人公がある程度真面目で優秀である反面、天然なボケボケ系になったせいか、天秤の傾きを調整するように、本作のヒロインたちってみんなある程度マトモ寄りになってるんですよねえ。「がをられ比較」ですが。比較対象が悪すぎるような気がしますが、まあ気にしない気にしない。
でも、がをられのヒロインたちの少なくないメンツが頭の天辺から足の爪先まで天然不思議ちゃんに染まっていたのに比べると、幼なじみで副官の姫鞠にしても、片腕となるだろう千歳にしても、珍しく極めて厳格な姉(ダダ甘)キャラのゼネットも、巫女系治癒術士の好ちゃんもなんとみんな「ツッコミ」ができる逸材なのだ! まあ、みんな隙あらばボケにも転じるので、いつも誰かがボケて誰かが突っ込むという全周囲ボケツッコミ攻防が叶うのである。まさにボケとツッコミの車懸りの陣である。
電気菩薩中尉だけは何気に微妙だけれど。ってか、電気菩薩って凄い名字だよなあ。そして、竹井作品でも屈指の母性愛系軍師幼女である。そうか、これが「バブみ」というものかーっ!!
まだ十二歳の幼子にも関わらず、溢れんばかりの母性で零くんを包み込むその包容力、思わずバブバブと言ってしまいそうな至れり尽くせりのお世話っぷり……ってか、これって「艦隊これくしょん」の第六駆逐隊駆逐艦の「雷」ちゃんの究極系ですよね。竹井作品では常々「お姉ちゃん」が担ってきたこの手のダダ甘やかしっぷりを、ついに幼女が奪取したのである。さすがは天才軍師電気菩薩萌……字面がいい具合に狂ってるなあ。
そう、世界観もいい具合にハチャメチャに狂ってて、富士帝国や新宿市国なんかはまだわかりやすいほうで、パラディン新撰組や「奥多摩は魔女」とかサラリーマン傭兵団とかもうあっちこっちにカオスな勢力が群雄割拠していて、このハチャメチャっぷりは、かの「戦国ランス」なんかを彷彿とさせるかも。日本の勢力図を眺めてるだけでも楽しくなりそうなので、是非とも次の巻では地図載せてほしいなあ。
どんどんと勲功をあげて出世街道を驀進している零くんですけれど、今回は汚い大人の権力者なんかも結構居て、真面目というと変だけれど本気で権力争いみたいな展開もありそうで、というか既に暗躍と横槍がはじまっていて、これは良い下克上の物語が楽しめそう。
しかし、今度の誉めて伸ばす能力も、カエサルに信長にアレクサンドロスにナポレオンがこの力で破滅している、なんて宣われてたけれど、がをられでも全く同じメンツがフラグ能力の使いすぎで破滅してたんだぜ、とサクラメントあたりが警告していたような記憶があるのは記憶違いだろうか。そうじゃなかったらあれだな、しょっちゅう色んな能力で破滅する面々だなあ、この人たちw

竹井10日作品感想