勇者のセガレ (電撃文庫)

【勇者のセガレ】 和ヶ原聡司/029 電撃文庫

Amazon
Kindle B☆W

所沢市の一般家庭、剣崎家では緊迫の家族会議が開催されていた。謎の金髪美少女ディアナが、異世界から剣崎家のリビングに現れたのだ。「私は救世の勇者、ヒデオ・ケンザキ召喚の使者としてやってきました」…って、ヒデオって俺の親父じゃねーか!平凡な高校生の俺こと剣崎康遊にゲームみたいな展開が降りかかると思いきや、親父が勇者で、若い頃異世界を救ったって!?どう見ても普通の中年な親父が「勇者」だとか信じられる訳がないし、ディアナは「勇者の息子」である俺に憧れの眼差しを向けてくるし…。異世界を救う前に、家族の平和が大ピンチ!俺の日常は一体どうなる!?
母ちゃん……。あ、あの格好はさすがになあ。【はたらく魔王さま!】のアパートのオーナーに勝るとも劣らない破壊力なんじゃないだろうか。しかも、本人含めて誰も望んでないッ!
せめて、もう少し美魔女とまでは言わないまでもスレンダーにお年を召してくれていたらまだ良かったんだけれど、普通のふくよかなおばちゃんじゃないですかー。無関係のヒトでも「うわぁ……」となりそうな姿なのに、ましてや実の息子や娘が目の当たりにした時のショックを想像すると……南無。
かつて異世界を救った勇者のその後、というのは多種多様のものがあると思うのだけれど、このお父ちゃんたちは元の地球に戻ったものの、力自体は普通に持ったままだったんですね。しかしそれにも関わらず、普通に就職し普通に結婚し普通に子供を作って普通に生活してたわけだ。まあねえ、むしろこの現代日本で勇者力だの魔法だのの力を持ってたからって何の役に立つんだ、という話なんですよね。役に立つどころか活用することすら案外難しいだろう。だから、この普通の大人であり普通の両親になっていた、というのは一番リアルな結末だったのかなあ。どころか、こうして地に足の着いた生活を送れるだけの落ち着きと割り切りを出来ていた、というだけでも敬服に値する。特殊な経験は容易に「普通」を維持するバランス感覚を失わしめてしまいますからねえ。
一方で危機となれば即座にスイッチを切れかえられるあたり、この両親本当に秀でた英雄だっただろう。それこそ現在進行形で。でも、連絡手段を忘れていく当たり、やや平和ボケしていたとも言えるのかもしれないが。
まあそんなこんなで、普通の親として別に特殊な経験を生かした子育て、なんてことは一切せずに普通に健やかに育った勇者のセガレと娘はどうやったって普通の平和な日本の子どもたちであって、両親が経験してきた「荒事」に落ち着いて対処できるなんてこと、出来るわけないのだ。
いや、かつての両親が異世界に迷い込んだ時はどうだったんだろう、と「敵」が現れた時の普通の反応を示す子どもたちの様子を見ると、ふと考え込んでしまう。
ともあれ、だ。セガレの反応は無理ないというよりも大人げない、いやちょっと現実から目を背けすぎ、という対応で主人公としては格好悪いことこの上ない。この点、むしろディアナの方が物分りが良すぎる上に無理を頼んでいる自覚が必要以上にあるので、余計にセガレの反応が格好悪く見えてしまうんだなあ。この件に関しては、彼だけではなく両親も家族に対するフォローが足りて無くて、みんなが多分に適切な対応を撮り損ねたことで最初の段階が拗れてしまった気がする。あの親父殿、やや息子に対する気配りが無神経なのは過去のエピソードの言動からも伺わせるものがあるし。
その時必要な言葉はそれじゃあないんだよ、というすれ違いがなかなかに生々しい。ただまあ、全体的に居心地悪い話ではあるんですよね。フィットしてない、という感じの気持ち悪さじゃないんだけれど、みんなが収まりの悪い中で身じろぎしているような。
かつて勇者だった親父殿が、新たな異世界の危機に再び召喚を請われてその気になって、じゃあ現在の生活は、家族はどうするの? という現実の問題提起を家族それぞれの感情を、思春期のややピーキーになってる内面の尖りも含めて描き出していく話ではあるんですが、まあ初っ端からずっと行き詰った展開が続くだけに、読んでてしんどいわりに面白味に関しては足りない物語ではあるんですよね。後半、予想外の転がり方をして緊迫感ある怒涛の展開になっていくんですけれど、それも息詰まりに風穴を開けるという感じではなかったですからねえ。
セガレの決断に関しても、いやそれでいいのか、とその内容について不安と懸念が募る方が大きい感じでしたし。
シリーズのはじまりの掴みとしては、やや鈍さを抱いてしまう一巻でしたかねえ。もうちょい、次巻以降は推進力が欲しいところです。

和ヶ原聡司作品感想