以下に収納


【マギ】
やっぱりそうだよなあ。冒険家シンドバッドとしてなら、ここまで世界の変革に拘る必要ないですもんね。王として、のくびきは聖宮へ挑むときに振りほどいたにしても、シンドバッドの根本のところで理不尽に苦しむ人を救いたいという願いがある以上、運命を覆そうという使命感に駆られてしまっていたんだなあ。
アリババくんの話は実に面白い。そんな彼が、第三の提案をするという。けっこう問題は二進も三進もいかない行き詰まりにきていると思うんだけれど、果たしてアリババくんはそれを打破できるんだろうか。

【保安官エヴァンスの嘘 〜DEAD OR LOVE〜】
なんかエヴァンスと同じボケ方する賞金稼ぎが出てきたんだけれど、これもう彼女がメインヒロインでいいんだろうか? 基本青信号みたいだし。

【天野めぐみはスキだらけ!】
3日から部活かー。せめて三が日くらいは、と思ってしまうんだけれど。1月の寒さの中で裸足はそりゃキツイわー。道着もあれ、確かに冷たそうだよなあ。
でも、結局まーくんの家によって晩御飯食べていくめぐみ。店の方じゃなくて、家の中にあげてもらって、ですよ。もう完全に家族扱い。

【双亡亭壊すべし】
そう言えば、先に侵略を受けた星も、海の星だったもんな。窒素の充満している空気中では生存できないあの生物は、しかし水の中なら……。これは怖い。一度水源にたどり着かれてしまったら、そこから爆発的に外に増殖していくのだから、もうそうなったら止めようがないぞ。

【だがしかし】
サヤちゃん、自分で編むんじゃなくてマフラー買ってきてプレゼントするあたり、ちゃんと自分のスキルとか把握してていいなあ。自分でやろうとするのはいいけれど、それで完成できなくて渡せないとなると本末転倒だし。
しかし、ああやってプレゼント渡す、ということは一種の宣戦布告っだわなあ。


【BIRDMEN】
ああ、人類共生派は少ないのかー。しかし、バルバラの話も含めてこれまでの話も鑑みると、セラフってそれだけ仲間との共感というか統一感というものは本能レベルでまとまっているのか。セラフ同士では分裂や敵対しないようなこと言っているけれど、果たしてそれが正しいのか。異なる意思と意識を持つもの同士が軋みを生じないのかどうか。
またエデンの中で新しいお姫様が現れたけれど、鳥使いというと非実在鳥取県の頭のおかしい少女がヒロインに出てくるイカレさんを思い出してしまうので、不必要にドキドキしてしまうw
でも、本作の女性キャラのデザインってちょっと面白いな。

【BE BLUES!〜青になれ〜】
うおおっ、もう龍と小早川がお互い化学反応起こしまくってて、この僅かな数分の間に物すげえレベルあがりまくってる。そして、レノンに喝入れられて気合い入りまくってたポールがせっかく上がったのに、あっさりとスルーされるw
あれ、小早川、足首ぐねってるんじゃなかろうか。あの切り返しについていけなかったシーンの足元の描写、不自然な曲がり方してるし。

【魔王城でおやすみ】
花粉症かー。わりと家の中ではおさまるんだけれど、ヒドイ時は寝てるときでもずっと鼻水出っぱなしなときもあるから、姫の辛さは凄く分かる。
そして、なんか普段と違ってぐったりウルウルしている姫に絆されてしまうオオカミ卿レッドシベリアン・改。姫様に厳しい唯一の人材だったのに、あっさり子犬を愛でる気分になってるー。
にしても改殿、あの魔王様に育てられたのか。見た目おっさんだからオヤジの代から使えてるのかと思ったけれど、子犬の頃からタソガレに育てられたのね。