異世界拷問姫3 (MF文庫J)

【異世界拷問姫 3】 綾里けいし/鵜飼沙樹  MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W

激闘の末、ヴラドの旧友にして『大王』フィオーレを撃破するも、代償は大きかった。ヒナの離脱、櫂人の『皇帝』との契約、そして―王都壊滅とゴド・デオスの死亡。その報を受け、王都に向かった櫂人とエリザベートが目にしたのは、残る三体の悪魔『君主』『大君主』『王』の契約者が融合し、猛威を振るう悪夢のような惨状だった。「希望など抱くだけ無駄だ。絶望のみを信じよ―そして、それを砕くために足掻け」綾里けいし×鵜飼沙樹で贈る異世界ダークファンタジーの最高峰、無限惨劇の第三弾。

強敵との戦い、この世に蔓延る悪意との戦い、という観点は既に二巻で片付いている、と見ていい。ならばこの三巻で描かれるものは何だというと……兎にも角にも納得が行くか行かんか、という話なんですよね。
エリザベートの誇り高き生き方に与えられる結末に対して、納得が行くか行かないか。
残る三体の悪魔の討伐を終えれば、エリザベートの火刑は粛々と執り行われることになる。融合した悪魔三大との戦いは、そのまま彼女の処刑へのカウントダウンとなっているわけだ。
そんな自分を殺すに至る戦いを彼女は忌避せず、意気揚々と参陣する。エリザベートを憎み恨み忌避する視線を、正しいものとして真っ向から受け止めながら、そんな自分に殺意を滾らす騎士や恐怖の視線で見つめてくる市民たちを、身を挺して守り助け救っていく。
『皇帝』と契約してしまったカイトを、罵倒しながらも何くれと無く気遣い、心配し、その危うい未来を過たないように何度も何度も口うるさく釘を刺すエリザベート。口こそ悪いものの、彼女の言葉には常に優しさが宿っていて、その辛辣な口ぶりには親愛が篭っている。そこに込められている願いは、カイトとヒナの未来を案じるものばかり。二人の行く末の幸せを願うものばかり。
その誇り高く、情愛に溢れた姿のどこに、無残に処刑されて幕を引く結末を納得できる要素があるものか。
カイトが誘い出した廃墟と化した王都の中でのデートで垣間見えた彼女の年相応の可愛らしい素顔。そして、彼女によって助けられた市民たちの感謝の言葉に戸惑い、混乱する、好意を向けられ慣れていないエリザベートのあまりにも初心で拙い心の在りようは、カイトのもどかしさを募らせていく。
誰もが絶望を抱くあまりに残酷な光景を、激烈なまでに打ち砕いていく拷問姫の勇姿、いやその誇り高い在り方を目の当たりにして、正しい結末に疑問をいだき、納得行かない思いを抱くのはそばにいるカイトだけではなく、守られた騎士や民の中にも生じてくるんですね。
果たして、拷問姫の罪はどれほど善行を重ねようと濯がれず報われず、最後に火刑に処せられるその結末が、本当に正しいのか、という疑問が。
正しいのである。それは、どう足掻いても正しいのである。
でも、正しいからと言って、すべての人に納得がいくものじゃあないのだ。かと言って、彼女が許されてしまえば、かつて彼女の犯した罪によって苦しみ絶望しながら死に絶えた人々の思いはどうなるのか。彼女の犠牲者の係累や近しい者たちの怒りはどうなるのか。
納得は、結局どうやったって皆が皆、全員が同じように出来るものではない。
それでも、拷問姫エリザベートがそう選ぶのなら。本心から願うのなら。心の底から望むのであれば、カイトはそれを受け入れていただろう。自分の心を押し殺して、自分の英雄が選んだ最期を受け入れただろう。

でも、心の鎧も建前も罪の意識も何もかもを脱ぎ捨てて、そのむき出しになった幼い心が漏らした本音は、悪魔の精神攻撃によって剥き出しになってしまった本当の願いは……。
愚か者が愚かに徹するを決断するに、余りあるものだった。
今回の戦いが何のためにあったかというのなら、これまで決して見せることがなかったエリザベートの心の奥底を、剥き出しにしてしまうことその一点であったのだ、と断言できるほどに、彼女が漏らしてしまった想いはあまりにもあまりにも、せつなすぎた。
あれほどにエリザベートの事を愛し、あれほどにエリザベートに愛されて、それでなお無視できるほど、カイトも、ヒナも、彼女の心の中を知ってしまって無視できるはずがないのである。
お陰様で、誰よりもエリザベートが納得行かねえ、となる結末になってしまったわけだけれど、当の怒り心頭怒髪天なエリザベートにぶっ殺されることなく、どうやってこれケリをつけるのか、色んな意味でこの後の展開は見ものである。ほんとにどうするんだ、これ。
今回、マジで完結するものとばかり思って読み出していたので、想像以上に怒涛の展開でした。場合にとってはこの巻ではもう登場しないかな、と思っていたヒナが復活参戦したことで、余計に完結か、という雰囲気になってましたしねえ……いや、そうでもないか。決戦に挑んだ時点で既にカイトがもう不穏な雰囲気出しまくってたし、ここで終わらなさそうな流れになってたからなあ。

今回はエリザベート自身が覚悟完了してしまっていたせいか、普段よりも隙だらけで根っこの優しいところ、照れ屋なところ、可愛らしいところ、女の子らしいところをポロポロとこぼしまくっていて、やだなにこのヒロイン、と思ってしまうくらいにカイトに対しても油断しっぱなしだったんですよね。前までのエリザベートなら、デートなんて絶対に受け入れんかったでしょうに。カイトに対してもあれだけ優しい言葉ばかり掛けてしまって、最期だからと油断し過ぎである。お陰で、バカがバカな覚悟決めちゃったじゃないですか。エリザベートの自業自得である。ヒロインとして隙見せすぎた結果である。
カイトにはヒナが居ればいい、とも思ってたんでしょうけれど、残念ながらヒナはヒナであれだけカイト至上主義にも関わらず、同じくらいエリザベートの事も大好きという狂信的自動人形のくせに浮気者ですからなあ、愛との決断を喜びこそスレ邪魔などするはずもなく。
エリザベート、見通し甘すぎなのである。
今回もヒナのテンションマックス状態が見れて、花嫁満足度も充填出来ましたし、ここから何とかハッピーエンドまで持ってけないでしょうかねえ。

シリーズ感想