七日の喰い神 4 (ガガガ文庫)

【七日の喰い神 4】 カミツキレイニー/nauribon ガガガ文庫


Amazon
Kindle B☆W

「何度言ったらわかるの? わたしは六花じゃない--!」
大事にしていたウミネコのサキちゃんに逃げられ、傷心のラティメリア。七日とのやりとりもすれ違う一方で、"六花のマガツカミ"を巡るプロジェクトは最終局面を迎えようとしていた。
祈祷士協会解散を目論むGHQと、「最後の切り札」を楯に祈祷士たちを利用し、自らの悲願を遂げようとする紙燭龍之介。
すべての六花のマガツカミを集め、紙燭龍之介が成し遂げようとしていたことは、過去に囚われたおぞましい計画だった--。
運命と策謀に導かれ、ついにラティメリアたち「六花のマガツカミ」は集結する。
マガツカミにその身をすべて喰われ、それでも六花が望んだこととは。そして、六花が最後に生んだマガツカミ、ラティメリアの想いは。そして七日は--。
「決めた。私は、人間を喰うわ」
七日とラティメリア--人間と喰い神。彼らの戦いは終わり、雪はすべての者に等しく降り続く。
シリーズここに完結!


貴女の名前はなんですか? 

そう、ラティメリアはラティメリア。それを、誰もが認めてあげることができなかった。七日ですら、結局ラティメリアに六花の姿を透かし見ていた。その呪縛から結局逃れることができなかった。
自分は六花じゃない、と叫びながら同時に友達だと思っていたウミネコのサキちゃんを無意識に食べようとしてしまったトラウマから、喰い神としての自分を認められなくなるラティメリア。
前回は喰い神が太るのか! と驚いたものだけれど、今回は喰い神が拒食症である。人食い云々以前に肉が食えなくなってしまうラティメリア。
七日では、その繊細な部分に寄り添えないどころか、余計に傷つける羽目になってしまった。二人の決裂は、仕方なかったのかもしれない。なし崩しではあったものの、ラティメリアが六花のくびきから逃れるには。自分の存在が自由に解き放たれていることを知るには、一度七日から離れることは必要なことだったのかもしれない。
六花はもうどこにもいない。存在していない。六花の残したマガツカミたちは、どれほど似ていようと、六花の要素を残していようと、彼女の願いを内包していようと、彼女とはもう別の全く異なる存在なのだと、それを受け入れることが出来るか、認められることが出来るか、求めることが出来るか、それが分水嶺だったように思う。当の、六花のマガツカミたちにとってすら、だ。
終わってみれば、六花の想いに引きずられたものたちは、軒並み潰えてしまったことを思えば、そして六花から自由になって、六花から解き放たれ六花を解き放った者たちが、生き残って先へと歩き出したのを思えば。
何もかもが、六花という一人の女性に纏わる物語だったのだなあ、と感慨深くなる。

彼女への想いにしがみつき、彼女の願いを知るための物語。

そう思えば、ラティメリアこそ常に六花という存在に抗って、彼女の願いを叶え続けた存在だったのだろう。それを周りの人たちが理解するために、いささか遠回りが過ぎたのかもしれない。
でも、その遠回りがラティメリア本人の願いを見出すための道程だったと思えば、そう悪いものでもなかったのだろう。だからこそ、そのラティメリアをずっと認めず、認めたら認めたらで満足して放ったらかしにしてしまった七日という男は、正しく人でなしである。まあ、実際に人でなしになってしまったのだけれど。
それでも、何もかもを失ってまっさらになったからこそ、彼もまた六花のくびきから逃れられたと考えることは出来るだろうか。
六花のすべては、死んだ彼女のマガツカミと紙燭龍之介が連れて行った。紙燭龍之介を、六花が連れて行ってくれた、というべきか。もう、彼女の思いは何も残っていない。残すべきものは、違うものに生まれ変わって受け取ってくれた人たちに託された。
ならば、ここからはラティメリアの物語だ。七日が名付けた世界にただ一人のラティメリアの物語だ。
ラストシーン、雪生と一緒に走り出した行く先に、ラティメリアの幸いがあらんことを。

シリーズ感想