エロマンガ先生 (4) エロマンガ先生VSエロマンガ先生G (電撃文庫)

【エロマンガ先生 4.エロマンガ先生VSエロマンガ先生G】 伏見つかさ/かんざきひろ 電撃文庫

Amazon
Kindle B☆W

「よーっく聞けよ――ニセモノ野郎。オレ様が"本物"の『エロマンガ先生』だ」
「エロマンガ先生」の正統後継者を名乗る「エロマンガ先生G」の登場に動揺する紗霧。「エロマンガ先生」という恥ずかしいペンネームには、大きな秘密が隠されていた! 紗霧は、最強のライバルとペンネームを賭けて勝負することになる。紗霧が隠していた、恥ずかしいペンネームの秘密とは? 紗霧を圧倒する技量を誇る「エロマンガ先生G」の正体とは――?
そして、和泉兄妹の新作『世界で一番可愛い妹』にも、新たなる展開が!
ラノベ作家の兄とイラストレーターの妹が織り成す、業界コメディ最新刊!!
エロマンガ先生グレート!! 前巻のラストで登場したときはなんだこのパチもんわー、という印象だったのですけれど、思いの外真っ当に「グレート」してましたがな。由緒正しき「グレート」の系譜である。マジンガーZに対するグレートマジンガー、みたいな?
作家であるマサムネの良き好敵手たちは今までエルフちゃんはじめたくさん出てましたけれど、よく考えると紗霧と同じイラストレーターは今まで出てきていませんでしたもんね。そして、登場したと思ったら、切磋琢磨する相手としては上等すぎる相手じゃないですか。
ってかそれでも、いきなり対決になるとは思いませんでしたけれど。まさかの生放送で公式対決。イベントとして仕切ってしまう担当編集のお姉さん、すでにやってることが単なるライトノベルの編集の域を越えているような。これだけあれこれ企画して実際色んな人巻き込んで引っ張っていて、こうしてイベントを仕立て上げることの出来る編集なんて滅多いないでしょうに。ってかこれ編集の仕事なんだろうか。もう営業とか企画とかそっち足踏み入れてるような。結構ゲスっぽい人だけれど間違いなく優秀なんだわなあ。マサムネもこういう人に首根っこ掴まれているという意味では運の良い作家なのだろう。
それはそれとして、生放送での勝負の審査員、という立場で公衆の面前に立ちながら、そこでエルフちゃんとイチャイチャするなし! いやこれもう誰が見ても付き合ってるようにしか見えんでしょうに。
イラストレーター・エロマンガ先生Gの正体は引っ張ることなく速攻で明らかになるのですが、ってかエルフの仕込みかよ! エロマンガ先生Gの方も確かに本当に「エロマンガ先生」に深い因縁を持つ人物であり、彼女にもちゃんとエロマンガ先生を名乗るに相応しい正統な理由を持っているんですね。
でも、「エロマンガ先生」ってわざわざ奪い合ってまで名乗りたくなるような名前じゃないよね!! 実際、その譲れぬ思いから真剣のこの名前を取り合うことになる二人だけれど、何気にエロマンガ先生はイヤー、とか思ってるし。誰が悪いってどう考えても初代エロマンガ先生が悪すぎる。しかも名前の由来、島の名前とかじゃなくて本気で「エロマンガ」じゃないですかー!
今まで決して絵を描くことに対して生ぬるい取り組みをしていたわけではない紗霧だけれど、自分よりも明らかに上手く、そして絵を描くということに対して、自分の中の感動を表現するということに対して信念と情熱を持つ相手の登場、そしてその相手が自分に対して並々ならぬ複雑な思いをぶつけてくることに対して、真っ向から受けて立ち、これまで以上に絵を描くことに対して身命を賭していくことになる。没頭、或いは没入。もしくは耽溺、とすら言っていいかもしれない、絵を描くことへの情熱をたぎらせる紗霧には、この時あの対人関係能力の面倒くささは出る余地すらなく、今回は最初からエンジンかかりまくりのフルスロットルだったんですよね。
このあたりは、相手となるエロマンガ先生Gの人柄、じゃないけれど、ある種の関係の深さが伺えるのです。当人同士は初対面であっても、共通の人を通じての共感覚であり、想いの共有というべきものを秘めた、友達という枠ではない、あの紗霧の彼女の呼び方がいろんなものを表していたよなあ、と。
それにしても、今回は本職の作家じゃなくてイラストレーターの話だったせいか、対決シーンで何故か飛び交う「必殺技」に笑ってしまった。「エロマンガ光線(フラッシュ)!(実際光る)」とか、いったい何の戦いなんだ。すげえビジュアル重視ですよね、このあたり。
肝心の、マサムネの妹小説の方はこの対決イベントのお陰もあってか、大重版。その盛り上がりにかこつけて、早速メディアミックス戦略に則ってコミカライズスタート。って、まだ二巻も出ていない段階でコミカライズってすげえ早い、メチャクチャ早い。順風満帆どころじゃなく、早く次書かないとコミックに追いつかれるww これはレーベルの方も相当本気でないとここまで急がないよなあ。

と、あくまでメインは紗霧であり、ある意味アルミちゃんだったのですが、常にピッタリと張り付いて離れないエルフちゃんがまた可愛いんだ。もう毎日入り浸ってるのね、このお隣さん。アルミちゃんが嫉妬するのも無理からんベタベタっぷりであります。そんでもって、何気にエルフちゃんっていじられキャラで、出て来る全員にイジられてるんですよねえ、可愛いなあ。

シリーズ感想