りゅうおうのおしごと! 3 (GA文庫)

【りゅうおうのおしごと! 3】 白鳥士郎/しらび GA文庫

Amazon
Kindle B☆W

「あいも師匠と一緒に『おーるらうんだー』めざしますっ!!」

宿敵《両刀使い》に三度敗れた八一は、更なる進化を目指して《捌きの巨匠》に教えを乞う。
一方、八一の憧れの女性・桂香は、研修会で降級の危機にあった。急激に成長するあいと、停滞する自分を比べ焦燥に駆られる桂香。
「私とあいちゃんの、何が違うの?」
だが、あいも自分が勝つことで大切な人を傷つけてしまうと知り、勝利することに怯え始めていた。そして、桂香の将棋人生が懸かった大事な一戦で、二人は激突する――!

中飛車のように正面からまっすぐぶつかり合う人々の姿を描く関西熱血将棋ラノベ、感動の第三巻!!
……やっべえわ。これ、やっべえくらい面白いわ。いやいやいやいや、普通「両刀使い」との決戦だけでも一冊分の山場としてこれ以上無い盛り上がりを見せるのに、その対決を踏まえた上でラストにもう一つ山場を持ってくるとか、物語としてもボリュームありすぎるんじゃないですかね、これ!?
確かに、両方の戦いがテーマとして連動している以上、ここで一連なりの物語として片を付けるのは絶対であったのは理解も認識も納得も出来るんだけれど、それでもすげえわ。一冊でこれだけの熱量が摂取できるとか、贅沢すぎる。

……はぁ〜〜〜。
久々に、読み終えた後の高揚と酩酊感にふらついてしまった。
昨今、藤井四段という将棋界の新星が蹂躙戦を開始したことでにわかに将棋への世間体な注目があがっているところで、実際解説込みで将棋の中継見てても面白いなあ、と思うこともしばしばなんですが、改めて思い知りましたよ。
将棋って面白い!!
いやもうなんですか、あの八一の山刀伐戦の盛り上がり。震撼、震撼、震撼ですよ。本作のすげえところは、対戦者同士のみならず、観戦している人たちの空気感の見せ方なんでしょう。あの、神懸った手の意味が開示された瞬間、この戦いを目撃していた人たちみんなに電撃のように走る戦慄が、震撼が、思わず「ああっ!」とあげられる呻きが、叫びが、読んでるこっちともシンクロして、目の前の盤上以外が真っ白に塗りつぶされるような、あの瞬間。そして、あり得ない光景が現出したことが事実なのかと確認するかのように、お互いの顔を見合う瞬間をも、読者側も彼らと同じ心境になってしまうことで共有してしまうんですよね。
歴史的瞬間を目撃した体験を、これほど鮮やかに味わえるなんて。
そりゃあね、興奮もしますよ。テンション上がりますよ。自分がいま何を見たのかわけがわからないまま、うろたえてしまいますよ。
凄いよなあ、何よりすごいのがこの八一の手って、実際にモデルあるんですよね。将棋界ではかなり有名な対戦だったらしく、調べたらあっさりポコポコと出てきました。「トリプルルッツ」って、名称がまたもうなんちゅうか、キてるよなあ。
将棋って、戦法名もそうなんだけれど結構ハッチャケていて好きですわー。
今回の鍵となる振り飛車の「ゴキゲン中飛車」なんか、その代表格ですしねえ。
まさに、異次元同士の戦いのあとで、最後に敢えて持ってくるのが桂香さんの戦いというこの構成。年齢制限ギリギリとなり、これ以上将棋を続けていくのか苦悩する常人でしかない女の足掻きを、同じ土俵の上で同じだけの盛り上がりを持って描くこの白鳥さんの手腕。
本作って、もう徹底して「才能」あるものこそが強い、という将棋界の様相を冷徹なまでに貫き通して描いてるんですよね。
才能あるものに、才能のないものは「絶対」に勝てない。努力は才能を上回らない。絶対にして無比な事実にして現実がここにあるわけです。それを、銀子は地球人と「将棋星人」の違いと表現して、無情なまでに突きつけてくるのです。地球人が決して覗き見ることの出来ない領域を、将棋星人たちは悠々と泳いでいく。八一も、あいも、まさにそんな人外の側の宇宙人なんですよね。
でも、それでも。
才能を持たない地球人たちは、破れ打ちのめされ朽ち果て心潰されながら、それでも生き残り戦う闘志を喪わなかったものが、将棋星人たちに戦いを挑んでいくのである。諦めないのだ。諦められないのだ。
将棋という魔性に魅入られてしまった人間は、たとえ才能を持たなくても、絶対に勝てない才能の差を前にしても、なお将棋を捨てられないのだ。
なぜなら、将棋が好きだから。
その好きという気持ちが、その魔性に魅入られた堕落が、届かない頂点への憧れが、ときとして「絶対」を覆す。
才能の有無は「絶対」だ。残酷なまでに「絶対」だ。にも関わらず、その「絶対に勝てない」の「絶対」を覆すのだ、棋士たちは。
本作の凄まじいところは、才能の絶対性をこれ以上なく描き尽くしながら、「努力」というものが限界を超えて突き詰められた時にどれほど恐ろしい殺戮兵器となるのか、憧れという源泉が信じがたい原動力として可能性を爆発させるのか、それをまざまざと見せつけてくれるところなのでしょう。
地球人だろうと、将棋星人だろうと、このプロの将棋という世界で生きていくことを決めたなら、さながら土星の大白斑のように、そこに居るだけで存在自体消し飛ばされそうな嵐の中を往くことになる。それをみんな覚悟の上で、喜々として挑んでいく。その棋士を取り巻く世界の厳しさ、凄まじさ、異次元さを、今回は今までにもまして味わえた。アイや天衣のように、新たにこの世界に飛び込む新星ではなく、才能なくその世界に飛び込むことすら叶わなかった飛鳥や、今まさに崖っぷちに立たされ人生を終えようとしている桂香さんにスポットが当たっていたからこそ、痛切なまでに斬りつけられた物語だった。そして、そんな彼女たちがそれでもなお「好き」とのめり込める将棋という存在。まさに魔性の魅力である。本当に、凄まじい世界だ。
そんな世界を、地球人として、女性として切り分け、切り開き、八一の場所までたどり着こうとしている銀子。その道の険しさを、彼女こそが誰よりも知っている、痛感していることが、桂香さんを支え、叱咤する姿からうかがい知ることができる。誰よりも、彼女こそがわかってる。
それでもなお、征くのか。
やっぱり、彼女こそがヒロインだよなあ。

なんかもう、ものすごいものを読んでしまった、という読後感でした。恐るべきことに、このシリーズまだまだ燃え上がること確定してるんですよね。やばいわ、ほんと。

白鳥士郎作品感想