世界の終わりの世界録<アンコール>10 再来の英勇 (MF文庫J)

【世界の終わりの世界録<アンコール> 10.再来の英勇】 細音啓/ふゆの春秋 MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W

伝説の英勇エルラインが遺した至宝「世界録」。その在り処の衝突から世界が終わり始めた時代―神性都市に突入したレンを待ち受けていたのは、最悪の力を持つ三起源との対決。そのうち一体を辛うじて退けたものの、残る二体がレンと別行動をとる仲間たちに襲いかかる。それでも、自らが成すべき世界の災厄『真精』の打倒のために都市の中枢部に進むレン。
「本当は、お前ともう少し旅をしたかった…こんな戦いの旅じゃなく。目的地なんか決めずに、世界のどこまでも思うまま歩いていくだけの旅を…」。
仲間たちの想いを胸に、偽英勇は破滅の終曲を迎える世界を救いだせるのか―いま、最も王道を行くファンタジー、第10弾!再来の伝説はここにある!

王立七十二階位特務騎士団の連中、あれだけ意気揚々と黒幕&悪役感出しまくって偉そうに振る舞ってたのに、なんかもうレン関係ないところで勝手に自滅して勝手に絶望して勝手に希望を見出して、気持も新たにイチから出直しだぜ、的なエンドを迎えてるんですけれど、一体なんだったんだあの連中。本当に一体何だったんだ? まあ、騎士王ゼルブライトに関しては、むしろ今までがこの人何がしたいんだろう、なんで居るんだろう的な意味不明な存在だったのが、それなりの存在意義を見せてくれたので納得は出来たのですが。
というかなあ、存在意義というか重要キープレイヤーのような存在感を見せていたという意味では、シオンとエリエス、わりと物語的にあんまり深く噛んでこなくて、最後までちょっと頼りになるNPCみたいな扱いだったのは拍子抜けと言うかなんというか。特にシオンはなあ、レンとの対比における現代最良の英勇としてライバルみたいな立ち位置だったと思うんだけれど、なんか最後までふわふわしたキャラクターで実態が掴めなかった感がある。
三起源との戦いから沈黙機関との決着、そして真の世界の敵との対決を仲間たちと離散集合を繰り返しながら、巨大都市遺跡から謎のディメンションフィールドみたいなところに突入して戦うのって、まんまRPGのクライマックスみたいなノリだったんですよね。概ね、ラスボスサイドの三起源とか真精とかが意思疎通出来ない世界を脅かす災厄、みたいな存在というのも一昔前のRPGだとよくあったパターンですし。
でも、レンって精霊の力を使えるようになったとはいえ、三姫と違って物理的耐久力は普通の人間のまんまだっただけに、敵さんのラスボスらしい世界破壊規模の必殺技っ、範囲攻撃! みたい大仰な攻撃しないでも、ちょっとでかい図体で小突けば死にそうなのになあ、と思う場面もしばしば。ってか、ナイフで脇腹刺したらすぐ死にそうなくらいひ弱っぽいのに、なんであの攻撃喰らって全然死なないんだろう的な不思議。
まあ、そのへんはRPGでもよくあるツッコんでは行けない部分なのかもしれない。
なので、むしろ物足りなさを感じたのは肝心のフィアたち三姫との繋がりの部分だったんですよね。仮にもヒロインはあの三人だったんだろうけれど、信頼できる仲間というわりと最初からのポディションから一歩も関係動いていなかった感じで、結局最後までそれぞれ個人的な距離で踏み込むことなかったんですよねえ。最終決戦、というところに至っても特に個別のイベントらしいイベントもなく、そのまま突入してしまいましたし、エピローグも既定路線でしかなかったし。
彼女らとエルラインとの関係もなんかふわっとした描写しかなくって、エルラインとの彼女らの関係とレンと彼女らの関係、具体的にどう違ったのか、彼女たちの心情とかレンに対する想いとかなんか全然そういう話がなくって、そこらへんはもうなんか肩透かしだったかなあ。
確かにこれは、容姿が伝説の英勇にそっくりなだけだった偽英勇が、本物の英勇になる。そしてかつてエルレインがたどり着けなかったその先へと偽物だった少年がレンが乗り越えていく、成長の物語であり世界中様々な場所を冒険していく旅の物語でありましたけれど、登場人物間の人間関係の掘り下げとか非常に薄味で個人的には食い足りなかったという印象でした。ふんむ。

シリーズ感想