りゅうおうのおしごと! 8 (GA文庫)

【りゅうおうのおしごと! 8】白鳥士郎/しらび GA文庫

Amazon
Kindle B☆W

山城桜花戦開幕! 秘手繚乱の第8巻! !

「そうだ。京都へ行こう」
順位戦が終わり、プロ棋界は春休みに突入した。八一はあいを伴って京都を訪れるが、しかしそれはデートでも慰安旅行でもなかった。
『山城桜花戦』――女流六大タイトルの一冠を巡る戦いを見守るため。
挑戦者の月夜見坂燎と、タイトル保持者の供御飯万智。
「殺してでも奪い取る」
「……こなたはずっと、お燎の下なんどす」
親友同士の二人が激突する時――八一とあいは女流棋士の葛藤と切なさを知る。
春の京都を舞台に、華よりもなお華やかな戦いが繰り広げられる秘手繚乱の第8巻!
万智さん、観戦記者やっているときとやはり全然違うなあ。京都弁の色が濃いのもあるのだけれど、プライベートと仕事モードと棋士モードの区別がはっきりしているというかなんというか。
というわけで、女流棋士……巻末の感想戦が主戦だった月夜見坂燎と供御飯万智、そして月光会長の秘書をやっている元女流棋士の男鹿さんにもスポットを当てつつ描かれる第八弾。
やっぱりもう本番の対局の描写すげえわ。見ている観客の息を呑むような雰囲気をも取り込んでのこの迫真の空気感たるや。殺気剥き出しで叩きつけ合う、まさに殺し合いのような真剣勝負がビリビリと伝わってくる。もう読んでいる時にじっとしていられなくなって、読みながら悶絶、具体的には「ぐぅぅぅぅ!」とうなりながら床をゴロゴロと転げ回る、という「放出」をしないと弾けてしまいそうになりくらい興奮させられてしまった、この圧倒的熱量!!
あの「名局賞だ」と、ポツリと誰かがつぶやくタイミングの絶妙なこと。ものすごい展開で誰もが放心し呆然とする中で、あのセリフが響いた瞬間から一気にあの膨大なまでに渦巻いていた混沌が二人の対局へと収束して、興奮の坩堝へと化していくんですよね。
実際の対局の内容は、前例のないあの展開故の掌握力の低さや女流棋士のレベルに沿う甘さが確かに散見されるのですけれど、この熱量、対局という勝負が当事者たちの殺し合い、ぶっ殺してやるという迫力を漲らせて真っ向から叩き合う凄まじさを前にしては、そういうのは別の棚にしまわれちゃうんですよね。名局ってのが成立するのは、産まれるのは、そういう問題じゃあないんだ!
女流棋士の宿命として、所詮客寄せパンダに過ぎないという厳しい文句は以前から語られていて、この衆目が見つめる公開対局である山城桜花戦というのはその見世物の極地でもあり、当事者である万智さんや月夜見坂さんはそれと一番最前線で向き合って、悩み苦しみ、しかしそれ以上に一棋士として彼女らは眼の前の勝負に命がけで挑むのである。平均寿命が一般人よりも遥かに短いとされる棋士たち。彼ら彼女らは文字通り生命を削って盤上の戦いへとのめり込んでいく。それこそ、相手を殺してやるという殺気を込めて。たとえ親友でも、幼馴染でも関係なく、いや大切な存在だからこそ念入りに、一心不乱に、全身全霊を注ぎ込んで!
まさにまさに、名勝負でありました。
構成の関係上、特典なんかでかかれた短編なんかが挟まれてて、うまいこと話の中に盛り込んではいたものの、やっぱりちょっと話の流れがぶつ切りになるところがあってしまってたのがちと勿体なかったですけれど、焼き肉焼くのにも対局になってしまうとか棋士の宿痾が垣間見えたりそれぞれは面白かったんですけどねえ。ってか、焼き肉話は八一と姉弟子が幼い頃からどんな風に日々の生活将棋漬けでこれまで来たのかがよくわかる話で、かなり好きです。
まあ今回は、実は年上の幼馴染属性(尽くす系)というのを焼き付けてきた万智さんが在る種の殴り込みかけてきたようなものでもあったのですが。八一め、昔はこの人のこと万智ちゃんて読んで懐いてたのか。何気に女性との距離感にためらいがないところがあるんだよなあ、この男。幼少時から将棋というツールで中身剥き出しでグチャグチャに絡み合っていたせいなのか。
ところで万智さん、貴女それ現地妻志望でいいんですよね?
あと、完全に意表をつかれたのが自戦記でした。あれはまったく予想してなかった。わりとこう、傍から見える態度と内面を率直に書き出したときの丁寧さ、品の良さがまったく食い違ってる人って、いるんだねえ。
そしてあとがきがまた。作者さん、人生の波乱万丈期をまさに今、波乗りしてるがごとくだなあ。

シリーズ感想