俺、ツインテールになります。 15 (ガガガ文庫)

【俺、ツインテールになります。15】  水沢夢/春日歩 ガガガ文庫

Amazon
Kindle B☆W

女神の口から語られるツインテールの真実!

強敵メデューサギルディを倒し、神の一剣の完全撃破に向けて気持ちを新たにする総二たちツインテイルズ。だがトゥアールは、自身の発明であるテイルブレスオルターを敵の科学者マーメイドギルディに強奪されたことを仲間たちに告げられずにいた。苦悩を悟られまいと、いつも以上に明るく振る舞うトゥアール。そうとは知らない愛香たちは、総二へのアタックの激しさを増していくのだった。
そんなある日、総二の前に再びソーラが現れ、もう戦ってはいけないと忠告する。一度は総二のことを認め、心を託してくれたはずのソーラが何故!? そして、ソーラはさらに驚くべき行動に出る……。
一方、テイルブレスオルターからテイルギアのデータを解析したマーメイドギルディは、エレメリアンに使える装備を開発してしまう。テイルギアと同等の力を持つ武器を、人智を超えた怪人が使い侵攻する……。人間である総二たちにとっては絶望的な戦局が幕を開けた!
来襲するアルティメギル最強の"切り札"! そして女神の口から語られる、ツインテールの真実とは!? 宇宙がツインテールとなったあの日、全てが始まった――。
「ツインテールは斯く語りき」、或いは「真ヒロイン登場(二人目)」。
愛香はヒロインとして最近すごく頑張っているのはわかるんですが、ソーラの乙女力がナリュラルに高すぎる!!(前巻に引き続き二人目)。
というか、ソーラが高すぎるのではなく、元から乙女力が低すぎる人がどれだけ頑張って底上げしてもパッドはパッドという真理に通じる話なのかもしれません。
それはそれとしても、あのソーラのいきなり出てきてあのいきなりメインヒロインの風格はさすがというかなんというか。ソーラ当人としてちゃんと人格キャラクターを前にして登場してきたのは今回が初めてのはずなんですけどね。ちらっと映し身というか総二が自分のツインテールと対話するという体でちらっと登場したことはあっても。
今回は悪の組織が牽引するニセヒーロー回でありつつ、擬人化というテーマも潜んでいて、まさにツインテールの擬人化でありあらゆるツインテールのオリジンともいうべき少女の顕現ともいうべきソーラの登場だったのですが、さすがはツインテールを盲愛する総二というべきか、ソーラへの接し方がイケメンすぎて、こ、こいつ普段はツインテールにしか興味がないくせに女の子にときめく男の子みたいな反応を、と普段と同じように見せかけて微妙に普通の男子みたいなところを垣間見せるという異様なようなそうでもないようななんともいえない状況に。
まあそれだけ普段と変わらないことにうつつを抜かすことができているのは、結翼唯乃がどうなったのかを致命的に錯誤しているから、とも言えるのですが。というか、総二たちが唯乃がやられたことを知らないってのは展開的にもヤバイんですよね。唯乃復活への筋道が思いの外遠いことになってることに気付かされてしまう。
未だにトゥアールがギャグキャラとして復調しきれず、テンションあがりきらないままなのでコメディとしてもなかなかあがってこないところもありますし。それは、敵側のエレメリアンのコメディリリーフとしての人材が枯渇してしまっている、というのも大きいのですけれど。メデューサギルディは完全に悪役そのものですし、新たな幹部級たちは敬愛スべき敵というにはちょっとズレてますし、今までのような相いれぬながらも尊敬できる敵というのが居なくなってしまっているのは、笑いと熱さに対して何気に重石がつけられたような感じではあるんですよね。
しばらく準備回が続いているのですが、さてどこでカタルシスを爆発させる展開まで持ってこれるのか。雌伏のときであります。

シリーズ感想