誰が為にケモノは生きたいといった2 (ファンタジア文庫)

【誰が為にケモノは生きたいといった 2】 榊 一郎/ニリツ 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle B☆W

「美味しいご飯が作れるのは、いい嫁の条件なんだよ?」
新たな街でイオリたちが出会った棄界人の姉妹・ハンネとマルテ。彼女たちへの対抗心からタビタは―
「ん。夜這いする」
イオリに積極的なアプローチを仕掛けてきて!?さらには王族の末裔を探し出すことを命じられた罪人のひとり、ケネスと再会したユーフェミアも、イオリの背負った罪の真相を知り、ある決意を胸に抱くことになり…。
「穢れようが汚れようが生きてくれよ。胸を張って生きてくれ」
交錯する感情。変わろうとする者たち。復讐と贖罪の想いがぶつかり合うとき、イオリたちが進むべき未来とは―!?

イオリがユーフェミアの父親である上司を殺害した件、本当に誰も幸せにならない話でこれはイオリとしてもユーフェミアには言えんよなあ。
でも、ユーフェミアとしても真相を知らないことには中途半端のままどこにも行けなくなってしまっていたので、何らかの形で真実を知ることは必要だったのだろうけれど、イオリに話せよ、とはこれとても言えんですし。
その意味では第三者から教えてもらうというのは最善がどこにもない以上、最低限の条件だったんじゃないかな。ユーフェミアのイオリへの思慕と憎しみが入り混じった自暴自棄は放って置くと治らないまま膿み続ける傷になってしまいそうでしたし。
まあ、知ってしまったら知ってしまったであまりに重たいものを背負ってしまう羽目になったのですが。生きて苦しみ、しかし死んで楽になることは決して許されなくなったわけで。生きることそのものが贖罪、いや彼女自身が原因であっても何の罪もない以上、逆にちゃんと背負いきれない面もあるんですよね。だからこそ、イオリの方もユーフェミアへの対応について悩みきってしまっていたわけですし。
でも、そう考えるとユーフェミアの中のチヅルの存在って、ユーフェミアにとっては呪いではあるのだけれど、同時に言い訳となる存在であり、自分を許してくれる存在でもあるんですよね。チヅルの存在はユーフェミアにとって忌まわしき救いなのか。

しかし、臓器の移植手術まで高度医療とはいえ実現しているということは、イオリたちの世界の技術レベルって相当に高いんだなあ。製鉄すらままなってないゲヘナと比べると、そりゃ天界扱いされるか。
今回は、他に棄界人とイオリと同じ天使と呼ばれる異世界人とのカップルを登場させることで、タビタとイオリに二人の関係について改めて考えさせると同時に、上層への帰還の問題と絡めてユーフェミアの父親、イオリの罪についての真相を明らかにすることで、ユーフェミアとの関係も一気に整理しようという展開ではあったのだけれど、どの場面にもなかなかうまく踏み込めずにサラッとあっさり進んでしまった感が若干ある。特にタビタは終始、自分自身よくわからないままイオリにアプローチするばかりで、この娘の好きは本気ではあるんだろうけれど、まだ無垢なままで火が灯りきっていないままでしたし、ユーフェミアは真実に翻弄されるばかりで彼女自身確固とした想いをまだ抱けてないし、イオリはなんかこう意思がはっきりしないままだし、なんとなく全般的になあなあで進んでしまった感じなんですよね。
肝心の王族の血を引くものを連れて帰る、という一番の目的についても、裏で暗躍しているものがいる、ということが判明しただけで、詳しいところは何もわかってないし、とにかく全体的にはっきりしない感じでした。
もうちょい腰を据えて盛り上げてほしいなあ、と思うものの続き出にくい状況なんだろうか。

1巻感想