【ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 19】  聴猫芝居/Hisasi  電撃文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

RPGのシナリオはソロでしか進められないと思った?いいえ、遊べるんです。そう、オンラインゲームならね。ついに実装されたレジェンダリー・エイジのメインシナリオ『グランドクエスト』。ギルド単位で受注する大規模ストーリークエストを前にした残念美少女・アコはじめアレイキャッツの面々が…深読み出来過ぎるシナリオに、まさかの意見決裂!?でも、ネトゲの決着はもちろんネトゲでね?とみんなで楽しくゲームをする間に、リアルでは別の問題が。それは―未登場だった英騎父、ここでついに出現!リアルの問題の決着は…やっぱりリアルで付けなきゃダメ?ゲームもリアルもひと山越える!?残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、選択の時の、第19弾!

すっごいナチュラルにお姉ちゃん言うたぞ、瑞姫!?
自分でも気づかなかったくらいなので、それだけ瑞姫の中でも自然にアコのことを身内扱いとして馴染んじゃってるってことなんですよね、これ。いいなあ、嫁からしたら義理の母と義理の妹がこれだけ家族同然の仲の良さになってくれたら何の憂いもなく幸せじゃないですか。アコの方の両親もルシアンのことは凄く可愛がってくれていて、特に父親の方が同志感覚で接してくれるのでこっちもホント気安い関係なんですよね。もう婿入りでも嫁入りでも二世帯住宅で何の問題もなさそうじゃあないですか。
あとは、面通ししていないのはルシアンの父親とアコだけ、というところでついにあんまり家に帰ってこない社畜パパの帰還である。
嫁です、とアコに自己紹介されて特に本気にしないパパ。いやね、その捉え方は高校生の息子を持つ父親からしたら別に何の不思議もない当たり前の対応なんですよねえ。ルシアンもわかっているところなんだけれど、親からしたら高校生の恋愛、お付き合いってのは今現在の楽しさがすべてであって、それがそのまま将来に繋がってるなんて考えもしないでしょう。高校生のカップルがそのまま結婚へと至るなんてめったにあるものではないし、もしあり得るとしてもその将来を高校生の今、本気で考えてるなんて思いもしないでしょう。
だから、パパさんの対応というのはとても真面目で真摯ですし、息子が可愛いカノジョと付き合えていることを真剣に祝福していて、同時に不安にも思っていて、嬉しいやら心配やら、と色々と浮かれているんだろうな、というのがよくわかる。
全然反対なんてしていないし、頑張れと応援だってしてくれている。
なので、そのままルシアンパパのルシアンとアコの関係についての捉え方は、そのまま据え置いても実のところ何の問題もなかったのでしょう。
でも、それがなんとなく不服で、納得行かなくて、自分たちの関係を高校生の今だけの楽しい恋愛ごとなんかじゃない真剣なものだとわかってほしい、なんて思ってしまうのがいつものアコだけじゃなく、ルシアンの方までがそう考え込んでしまったあたりが、面白いんですよねえ。
ルシアン、もう完全にアコとおんなじになっちゃってるじゃないですか。アコのこと、嫁だと認めてもらえないと我慢できなくなっちゃってるじゃないですか。ついこの間までちゃんとした「彼氏彼女」の関係になりたい、なんて悩んでいたのに。
でもまあ、今の現実のアコとルシアンの関係は、そんな「彼氏彼女」の関係に収まらないもの、として積み上げてきちゃったもんなあ。二人だけでそうなったわけじゃなく、ネトゲ部の面々やお互いの家族といっしょにあれこれやって、一緒に過ごしてきて、そうして培った関係なのですから。
そりゃあ、誤解されるよりもちゃんと認めてほしいですよね。

で、そんなルシアンパパの捉え方を何とかひっくり返すために、二人の問題だからと二人だけで考えてなんとかしよう、なんて考えず、今ネトゲで遊んでいるイベントにも絡めてみんなで考えてもらってみんなに助けてもらい、一緒に乗り越えようというのが今までもこれからも彼らのやり方なのでしょう。何気に、一人の問題だけじゃなくて、それぞれが抱えている、今直面している大きかったり小さかったりする問題も、一緒くたにして一緒くたになってクリアしちゃうのが彼らの面白い所であり愉快なところであり、ほんと仲良いなあと微笑ましくなってしまう良いところなのでありましょう。
何気に、兄貴がカノジョ連れてきて結婚報告してきたもんだから、色々シスコン拗らせちゃってた茜の方もうまいこと義理のお姉さんになる人との関係改善がうまいこと行っちゃってましたし。ってか、茜ってシスコンだったのか。というかツンデレだったのかw なんか瑞姫みたいなシチュエーションに自分が収まってるんですけど、茜さん。
まあいずれにしても、しばらくはこの面々、アコ以外は男に縁なさそうだ。いや、彼女らはまだ高校生だからいいんだけど、先生! 猫姫先生! あなたせっかくのクリスマスそれでいいのかw 最近、リアルでにゃーにゃー言い過ぎじゃないですか。学校で普通にポロッともらしてしまいそうだぞ、にゃーにゃー言いすぎて。
まあ猫姫先生の場合、ガチで本気になったらすぐに男の一人や二人捕まえられそうな、ガチで出来た女性なので余裕ぶっこいてるのかもしれないが。

なんか家族関係ももう動かしようもないほど収まって、実質婚約したようなものになっちゃったし、それ以上にルシアンがこれだけガッツリとアコと価値観が合致してしまってたら、ゴールしたようなものなんですよねえ。
いや、なんかさり気なく大団円的な雰囲気がラストから流れてたので。あとがきの言い回しもなんか妙な感じでしたし。まさか、これ最終巻とかじゃないですよね?

シリーズ感想