【幼なじみが絶対に負けないラブコメ】 二丸 修一/しぐれうい  電撃文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

幼馴染みが負けフラグの時代は終わった? 予測不能なヒロインレース開幕!

幼なじみの志田黒羽は俺のことが好きらしい。家は隣で見た目はロリ可愛。陽キャでクラスの人気者、かつ中身は世話焼きお姉系と文句なしの最強である。
……でも俺には、初恋の美少女で学園のアイドル、芥見賞受賞の現役女子高生作家、可知白草がいる! 普通に考えたら俺には無理めな白草だけど、下校途中、俺にだけ笑顔で会話してくれるんだぜ! これもう完全に脈アリでしょ!
ところが白草に彼氏ができたと聞き、俺の人生は急転直下。死にたい。というかなんで俺じゃないんだ!? 俺の初恋だったのに……。失意に沈む俺に黒羽が囁く――そんなに辛いなら、復讐しよう? 最高の復讐をしてあげようよ――と。
うん、タイトルがさ、ほら、【幼なじみが絶対に負けないラブコメ】じゃないですか? 普通、幼馴染が他のヒロイン蹴散らして圧倒的な勝利を掴む、言わば幼馴染TUEEE作品だと思うじゃないですか。古来より幼馴染ストとして肩で風を切って生きてきたわたくしとしましては、到底無視できる作品ではなく、ダラッシャー!とばかりに幼馴染蹂躙戦を堪能スべく手にとったわけですが。
あれ? 思ってたのと違うよ?
幼馴染の黒羽ちゃん、冒頭で既にフラれてるよ? 負けてるよ? 敗北してるよ? いいのこれタイトルと違うよ?
と思ったところから、思わされたところから、この最凶のラブコメは駆動を開始するのである。

もう笑った笑った。ヤバイなんてもんじゃなく、面白すぎて笑い倒してしまいました。バカウケ!
これね、主人公の丸末晴も、幼なじみの志田黒羽も、丸くんが焦がれる可知白草も、みんなぶっちゃけて言ってしまうと……人間としてちっちゃい!! 人としての器が小さい、狭い、せせこましい! そんでもって、心が醜い! 暗黒面拗らせすぎ!
そもそも、主人公からして好きになった人に彼氏が出来てしまった事実を前に……俺の初恋弄びやがって、許せん! 復讐してやる!! と、黒羽に煽られたからとはいえ、好きな人の幸福を祝福するどころか、自分を袖にしてくれたこと後悔させてやるのだ、と妬み嫉み僻みと負の感情を滾らせまくってしまうわけですからね。
そして実のところ、ヒロインである黒羽も白草もまた、丸くんと同レベルで人としての狭量さ、人間ちっちゃ! と言いたくなってしまう心の狭さを誇る同類項なのであります。
でもね、そんな人間としてダメダメだろう、という部分が彼らの場合なんでかねー、可愛いんですよ。凄く可愛くてしかたない。人の暗黒面なんて見てて不快になるものなのが普通なんでしょうけれど、彼らのはなんでか凄く微笑ましく、そのネガティブ全開な言動が愛おしくすら思えてくる。

だってこの子ら……アホですものw

そう、アホなんです。まあ自分の好きという感情よりも、復讐する方を優先してしまう時点で大概なのですが、彼らのアホの子としての資質はそんな程度でとどまらず、本末転倒、自爆特攻、一体何がしたかったのか!?とまず誰よりも彼ら自分自身がツッコむんだろうドツボのハマり方を自在にやり倒すありさまで。その自爆の仕方はもはや芸術的とすら言えるほど。
ほんともう、なにやってんのこの子らは、と思ってしまうそれは、まさにアホの子ほど可愛い、という格言のそれではないのでしょうか。
いやそれにしても、この丸くん、黒羽、白草の三者三様の目的と作戦と実行はほんと見事なくらい絡まり合ってて、物語の構成としてもエンタメの盛り上がりとしても抜群の一言なんですよね。
ラブコメ、と呼ばれるジャンルのコメディとしての部分をこれほど昇華さしめて成り立たせた作品もそうはないでしょう。ノリとテンポの良さでコーティングしつつ、根底の部分で構成の技巧の素晴らしさを感じさせてくれる作品でもありました。
それに、復讐だなんだ、と人としての醜さ、負の感情を全面に押し出しているにも関わらず、徹底して明るく痛快で気分爽快な仕上がりになっているのはなかなか特筆すべきところだと思うんですよね。やってることだけ見ると陰湿なはずなんだけれど、その陰湿さたるや非常にカラッとしてサッパリした陰湿さで、陰湿とは……と思わず言葉の意味を考え込んでしまうほどだし、彼らの内面と来たらひたすらネガティブな方向に凝り固まり拗らせまくっているにも関わらず、そのネガティブさと来たら何故か陽気でアップテンポのお祭り騒ぎ。いやだから、ネガティブとは……と思わず首をひねってしまう感じなのが、描写のやり方として何気に物凄く難しいことをヒョイヒョイっとやっちゃってるんじゃなかろうか、と思わず感心してみたり。
ともあれ、彼ら彼女らの復讐は、可愛さ余って憎さ百倍、という体を装いながらも憎しみの類などかけらもなく、ひたすら好き好き大好きを拗らせて、好きを暴走させているようなものだったので、それこそが作品全体を陽性たらしめていたのかもしれません。主人公の丸くんの、その人間性、キャラクターが掘り下げられ伝わってくる中盤以降、あっこいつすげえアホだ、とはっきりと分かってしまったからなのかもしれません。
いずれにしろ、物語が進むに連れて登場人物たちの思惑が明らかになっていき、抱える事情が自明のものとなっていくたびに加速していくこの面白さ、愉快痛快爆笑コメディ。それと同時に甘酸っぱさで絶妙な部分をくすぐってくれるラブコメのラブの部分も実に素敵で、黒羽と白草、その二人のヒロインの魅力で牽引してくれました。二人のヒロインとしての色んな意味での凶悪さがなければ、そもそも成立しない物語でありましたからねえ。さり気なく、あのカス極まる悪友の甲斐哲彦も折に触れていい動きしていて、あれはあれで助演男優賞でした。ああいうサブキャラが居ると物語として強い。
しかしこれ、やっぱりタイトル詐欺なような気もするし、あれは負けじゃないよノーカンだよ、とも言えるのでこれはこれでありなのか。
あれ、思いっきりフラれた方も実は挽回可能であることをもう片方が全編を以って証明してしまっただけに、完全にドローではあるんですよね。いやもう、改めて考えてみるとほんとアホだなあー!! やっちゃった方ww
いやもう、最高のラブコメでした。これ、きれいに終わっているとも言えるのですけれど、続くとしたらどう展開するのか、興味深いところです。